Top > Search of Japanese Patents > DEVICE FOR CUTTING SLIDING FACE OF TROLLEY LINE

DEVICE FOR CUTTING SLIDING FACE OF TROLLEY LINE

Patent code P07A012026
File No. /NO33010
Posted date Dec 7, 2007
Application number P1999-274987
Publication number P2001-096450A
Patent number P3544496
Date of filing Sep 28, 1999
Date of publication of application Apr 10, 2001
Date of registration Apr 16, 2004
Inventor
  • (In Japanese)清水 政利
  • (In Japanese)原田 智
  • (In Japanese)藤井 保和
  • (In Japanese)岩間 祐一
  • (In Japanese)飯国 元久
  • (In Japanese)山川 盛実
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • (In Japanese)三和テッキ株式会社
Title DEVICE FOR CUTTING SLIDING FACE OF TROLLEY LINE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cutting device which can efficiently and uniformly smoothen the sliding face of a trolley line by omitting difficult hand work by workers.
SOLUTION: A device for cutting the sliding face of a trolley line is constituted on a truck 2 which can move on rails in the longitudinal direction. That is, a slide base 3 is provided on the truck 2 so as to be operable in the right and left directions. A support frame 4 is provided on the slide base 3 so as to be vertically movable, and an air cylinder 7 is arranged to vertically move the support frame 4. A rocking arm 5 is pivotally supported on the support frame 4 so as to be balanced horizontally. A pair of front and rear push up rollers 10 are supported on the rocking frame 5, and a grinding wheel 11 is supported at a middle position between the rollers 10. The grinding wheel 11 is driven by a motor 21 to be horizontally rotated and can be vertically moved. The top face of the grinding wheel 11 is brought into contact with the lower face of the trolley line T. The air pressure for the air cylinder is controlled so that the rollers 10 always press the trolley line T at the same pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


剛体トロリ線は、例えば、断面T字形で、比較的断面積の大きい変形しにくい長尺の導体から構成され、トンネルの天井部に固着される。このトロリ線の下面を摺動するパンタグラフを介して電車に駆動電力が供給される。トロリ線の下面には、施工誤差による初期的な凹凸や、パンタグラフの摺動摩耗による後発的な凹凸が生じる。トロリ線の下面に凹凸があると、パンタグラフとの接触が不完全になり、電力の供給が不安定になるので、定期的に切削して平滑になるように維持、管理する必要がある。従来、トロリ線の切削は、電動グラインダを用いて行われている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、地下鉄のトンネル内等に設置される剛体トロリ線のパンタグラフとの摺動面である下面を平滑に切削するための装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
線路の上方に架設された剛体トロリ線下面のパンタグラフとの摺動面を平滑に切削するための装置であって、
線路上を走行可能な台車と、
この台車上に、線路に対して直交方向に移動操作自在に設けられたスライドベースと、
このスライドベース上に、昇降自在に設けられた支持フレームと、
この支持フレームを昇降させるため、前記スライドベースと前記支持フレームとの間に介設された昇降駆動手段と、
前記支持フレーム上に、線路に対して直交方向の支軸により揺動自在に軸支され、かつ水平にバランスするように設けられた揺動枠と、
この揺動枠上に、前記支軸を挟んで線路延長方向に相互間隔をおいて水平に支持された一対の押し上げローラと、
この一対の押し上げローラ間に位置して前記揺動枠上に、上下位置を変更可能に、かつモータ駆動で水平回転自在に支持され、上面を前記トロリ線下面に圧接可能に設けられた砥石とを具備し、
前記昇降駆動手段が、常時前記押し上げローラを前記トロリ線下面に同圧力で押圧するように制御されていることを特徴とするトロリ線の摺動面切削装置。

【請求項2】
 
前記昇降駆動手段が、エアシリンダであることを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の摺動面切削装置。

【請求項3】
 
前記押し上げローラに、この押し上げローラの前記トロリ線に対する押圧力を検知するロードセルが付設され、前記エアシリンダの空気圧が、このロードセルにより検知された押圧力の変化に対応してコントローラで制御されることを特徴とする請求項2に記載のトロリ線の摺動面切削装置。

【請求項4】
 
前記砥石の回転軸は、前記揺動枠に垂直方向に昇降自在に支持され、
前記揺動枠には、前記砥石の回転軸を駆動するためのモータと、回転軸を昇降させるためのモータとが設けられていることを特徴とする請求項1に記載のトロリ線の摺動面切削装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999274987thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close