Top > Search of Japanese Patents > ARTERIAL BLOOD VESSEL DETECTING DEVICE, BLOOD PRESSURE MEASURING DEVICE AND PRESSURE PULSE WAVE DETECTING DEVICE

ARTERIAL BLOOD VESSEL DETECTING DEVICE, BLOOD PRESSURE MEASURING DEVICE AND PRESSURE PULSE WAVE DETECTING DEVICE

Patent code P07A012157
File No. P06-076
Posted date Dec 21, 2007
Application number P2003-419726
Publication number P2005-131356A
Patent number P4452824
Date of filing Dec 17, 2003
Date of publication of application May 26, 2005
Date of registration Feb 12, 2010
Priority data
  • P2003-348660 (Oct 7, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)高谷 節雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 東京医科歯科大学
Title ARTERIAL BLOOD VESSEL DETECTING DEVICE, BLOOD PRESSURE MEASURING DEVICE AND PRESSURE PULSE WAVE DETECTING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a blood pressure measuring device capable of measuring blood pressure from the artery by easily and highly accurately detecting a blood vessel position of the subcutaneous artery.
SOLUTION: This device has a body 34 installed on the skin 20 of an organism. The body 34 has two optical sensor devices 50 and 52 having respectively a light emitting element for irradiating the light having a predetermined wave length from above the skin 20 toward the artery in the organism, and two light receiving elements arranged at an equal distance from the light emitting element by sandwiching the light emitting element for receiving a pulse wave generated by reflecting or diffusing the light emitted from the light emitting element in an organismic tissue, and a pressure pulse wave sensor 46 arranged between the two optical sensor devices 50 and 52 and pressing the skin of organism so that pressure can be varied. A maximum blood pressure value can be determined on the basis of the fact that signal intensity detected by the light receiving elements equipped in the downstream side optical sensor device 52, exceeds a predetermined criterion value by continuously reducing pressing force of the pressure pulse wave sensor 46 from pressure higher than the maximum blood pressure value.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


心血管系機能の診断のために、生体内の動脈を検出して、その動脈の圧力すなわち血圧を測定したり、その動脈からの圧脈波を測定することが広く行われている。たとえば、特許文献1に記載された圧脈波検出装置では、多数の圧力検出素子(センサアレイ)が埋設された押圧面で動脈を押圧したとき、最も大きな信号を出力する圧力検出素子が最適位置の圧力検出素子として決定され、その最適位置の圧力検出素子により検出される圧脈波が出力されるようになっている。
【特許文献1】
実開05-020709号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光センサから照射される光を用いて皮膚下の動脈を検出する動脈血管検出装置、皮膚上から動脈を押圧する押圧部材の押圧力を変化させる過程で、上記光センサから照射された光が動脈などの生体組織内で反射または散乱させられた二次光(すなわち反射光または散乱光)が表す脈波の変化に基づいて血圧を測定する血圧測定装置、および上記動脈血管検出装置により動脈位置を決定して圧脈波を検出する圧脈波検出装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体の皮膚上に装着される本体を有し、該本体が、
前記生体内の動脈に向かって皮膚上から所定波長の光を照射する発光素子と、該発光素子から発光された光が生体組織内で反射または散乱させられて生じた光を受光するために、該発光素子を挟んで該発光素子から等距離に配置された2つの受光素子と、をそれぞれ備えた2つの光センサ装置と、
該2つの光センサ装置の間に配置され、前記生体の皮膚を圧力可変に押圧する押圧部材と
を含むことを特徴とする動脈血管検出装置。

【請求項2】
 
請求項1の動脈血管検出装置であって、
前記発光素子として、中心波長が530nm~570nmの範囲内である光を発光する第1波長発光素子と、赤色光または近赤外光を発光する第2波長発光素子とを備えていることを特徴とする動脈血管検出装置。

【請求項3】
 
前記本体を、前記2つの光センサ装置および前記押圧部材の配列方向に対して直交方向に平行移動させる直交方向移動装置と、
前記本体を該本体を含む平面内で回転させる回転装置と
を、さらに含み、
該直交方向移動装置と回転装置とにより、前記2つの光センサ装置にそれぞれ備えられた一対の受光素子により検出される脈波強度が同じになり、且つ、それぞれの強度が最大となるように、前記本体を位置決めすることを特徴とする請求項1または請求項2の動脈血管検出装置。

【請求項4】
 
生体の皮膚上に装着される本体を有し、
該本体は、2つの光センサ装置と、該2つの光センサ装置の間に配置され、前記生体の皮膚を圧力可変に押圧する押圧部材とを含み、
該光センサ装置は、前記生体内の動脈に向かって皮膚上から所定波長の光を照射する複数の発光素子が該2つの光センサ装置および前記押圧部材の配列方向に対して直交する方向に一列に配列されるとともに、該発光素子から発光された光が生体組織内で反射または散乱させられて生じた光を受光するための受光素子を備えていることを特徴とする動脈血管検出装置。

【請求項5】
 
請求項4の動脈血管検出装置であって、
前記2つの光センサ装置にそれぞれ一列に配列されている複数の発光素子を順次発光させる発光制御手段と、
該発光制御手段により複数の発光素子が順次発光させられたときに前記受光素子により検出される複数の脈波の向きを互いに比較すること、または、該複数の脈波の大きさを互いに比較することに基づいて、一方の光センサ装置下における前記動脈の位置、および他方の光センサ装置下における前記動脈の位置をそれぞれ決定する動脈位置決定手段と
を、さらに含むことを特徴とする動脈血管検出装置。

【請求項6】
 
前記本体を、前記2つの光センサ装置および前記押圧部材の配列方向に対して直交方向に平行移動させる直交方向移動装置と、
前記本体を該本体を含む平面内で回転させる回転装置と、
前記動脈位置決定手段において、前記2つの光センサ装置にそれぞれ一列に配列されている複数の発光素子のうち、配列の中央の発光素子下に前記動脈の位置が決定されるように、前記直交方向移動装置と回転装置を用いて前記本体の位置を粗調整した後、前記受光素子により検出される該配列の中央の発光素子からの信号強度が最大となるように前記本体の位置を微調整する最適本体位置制御手段とを、
さらに含むことを特徴とする請求項5の動脈血管検出装置。

【請求項7】
 
生体の血圧値を測定する血圧測定装置であって、
請求項1乃至請求項6のいずれかの動脈血管検出装置と、
該動脈血管検出装置の押圧部材の押圧力が連続的に変化させられる過程で、前記2つの光センサ装置のうち前記動脈の下流側に位置させられた光センサ装置に備えられた受光素子により逐次検出される脈波強度が、予め定められた状態になったときの前記押圧部材の押圧力に基づいて、前記生体の最高血圧値を決定する最高血圧値決定手段と
を含むことを特徴とする血圧測定装置。

【請求項8】
 
請求項7の血圧測定装置であって、
前記最高血圧値決定手段が、前記動脈血管検出装置の押圧部材の押圧力が連続的に変化させられる過程で、前記2つの光センサ装置のうち前記動脈の下流側に位置させられた光センサ装置に備えられた受光素子により逐次検出される脈波強度が、0に近い予め設定された判断基準値を境界とする所定範囲を超えたときの前記押圧部材の押圧力に基づいて、前記生体の最高血圧値を決定することを特徴とする血圧測定装置。

【請求項9】
 
請求項7または請求項8の血圧測定装置であって、
前記動脈血管検出装置の押圧部材の押圧力が連続的に変化させられる過程で、一方の光センサ装置に備えられた受光素子により検出される脈波形と、他方の光センサ装置に備えられた受光素子により検出される脈波形とを比較し、2つの脈波形の下部形状が略等しくなったときの前記押圧部材の押圧力に基づいて、前記生体の最低血圧値を決定する最低血圧値決定手段
を、さらに含むことを特徴とする血圧測定装置。

【請求項10】
 
生体からの圧脈波を検出する圧脈波検出装置であって、
請求項9の血圧測定装置を有し、
該血圧測定装置に含まれる前記押圧部材の押圧面に設けられ、前記生体からの圧脈波を検出する圧力検出素子と、
該血圧測定装置により決定された最高血圧値および最低血圧値に基づいて平均血圧値を決定し、連続的に圧脈波を検出するために、前記押圧部材の押圧力を該平均血圧値に維持する最適押圧力制御手段と
を、さらに含むことを特徴とする圧脈波検出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003419726thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close