Top > Search of Japanese Patents > POST FOR BUILDING ABUTMENT, APPARATUS AND METHOD FOR LIGHT IRRADIATION TO PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL, APPARATUS AND METHOD FOR CURING PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL

POST FOR BUILDING ABUTMENT, APPARATUS AND METHOD FOR LIGHT IRRADIATION TO PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL, APPARATUS AND METHOD FOR CURING PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL

Patent code P07A012161
File No. P04-007
Posted date Dec 21, 2007
Application number P2004-241657
Publication number P2006-055451A
Patent number P4344824
Date of filing Aug 20, 2004
Date of publication of application Mar 2, 2006
Date of registration Jul 24, 2009
Inventor
  • (In Japanese)渡邉 昭彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 東京医科歯科大学
Title POST FOR BUILDING ABUTMENT, APPARATUS AND METHOD FOR LIGHT IRRADIATION TO PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL, APPARATUS AND METHOD FOR CURING PHOTOCURABLE RESIN PACKED IN ROOT CANAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reliably adhere a photocurable resin and a dentin by solving a failure and the shortage of mechanical strength caused by polymerized contraction and irradiating the photocurable resin packed in a root canal with light from inside so as to polymerize-cure the photocurable resin.
SOLUTION: The apparatus comprises: a metallic tube 1 provided with a plurality of holes 2 at its side wall; an optical fiber 3; and a light source. The distal end site of the optical fiber 3 is inserted into the hollow part of the tube 1, and the proximal end of the optical fiber 3 is connected optically with the light source. Furthermore, the distal end site of the optical fiber 3 is constituted so as to leak light from an outer surface. The resin 7 is cured by bringing the outer surface of the tube 1 into contact with the resin packed in the root canal and irradiating the resin 7 with light from the holes 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


根管治療後の支台築造に用いられるポストの多くは歯根管の拡大後いろいろな手法を用いて埴立している。図1において、P1は鋳造ポストであり、P2は金属製既製ポストである。金属ポスト材料では歯質とが接着していないため、根管部の拡大や周囲組織を切削しネジで固定することが多い。



ここで、弾性係数の大きな鋳造支台築造体や金属製既製ポストでは咬合の応力を分散させても築造体の根面部とポスト先端に発生する大きな内部応力をコントロールできず、応力集中による歯根破折が起こる可能性がある。そのため、象牙質と弾性係数の近い光硬化型レジンによるレジンコアP3を用いた支台築造法が広く用いられている。また、歯根破折の防止のみならず、可及的歯質の保存、あるいは審美的な歯冠補綴の観点からもレジンによる支台築造法が広く推奨されている。



しかし、直接法(直接支台築造法)に用いられるDual cure typeのレジンでは歯質との接着が確実に行われない場合や、特に残存歯質が極端に少なく、ポスト部に維持を求める必要がある症例では、重合収縮により充填されたコンポジットレジンの辺縁の封鎖性に劣るためポストの脱落が生じやすい。また、歯根の開口部が狭くコンポジットレジンを根管の深部にまで填入する症例では根管の深部まで照射光が及ばないためコンポジットレジンの重合硬化が十分に行われず、コンポジットレジンと歯質との接着が不十分となる惧れがある。



特許文献1には、歯科治療における光硬化性レジンの窩洞への接着性を高める光照射補助チップが記載されている。光照射補助チップは、非粘着性の部材から形成されていると共に、歯牙の窩洞に沿った形状に作られ、接着剤塗布重合硬化後の窩洞内に充填された光硬化性レジン内に挿入され、光重合の後抜かれるように構成されている。光照射補助チップを抜いた光硬化性レジン穴には既製ポストが挿入されるか、あるいは、再度光硬化性レジンを充填させて光重合させるものである。このものでは、光照射補助チップはレジンの重合硬化後に取り除かれるものであるため、光照射補助チップがポストの機械的強度に寄与するものではない。また、光照射補助チップを非粘着性部材から形成する必要があると共に、光照射補助チップを取り除くという一工程が余分に発生する。



特許文献2には、根管に挿入された光透過性の樹脂製合釘によって光硬化性の複合材料を硬化させることが記載されている。しかしながら、樹脂製合釘は、可撓性を有すると共に、周囲の複合充填材料よりも硬度が小さいものであり、樹脂製合釘がポストの機械的強度に寄与するものではない。したがって、ポストに機械的強度が要求される場合には、樹脂製合釘は予め抜き取られることを前提として根管に挿入され、複合材料を硬化させた後に樹脂製合釘を抜き取って、構造強度の大きい合釘を挿入して固定するようにしている。この場合、樹脂製合釘を構造強度の大きい合釘に交換するという工程が余分に発生する。
【特許文献1】
特開2003-310641
【特許文献2】
特表平8-507224

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は支台築造に係り、詳しくは、支台築造用ポスト、根管に充填された光硬化型レジンへの光照射装置及び方法、根管に充填された光硬化型レジンの硬化装置及び方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
側壁に複数の孔を備えた金属製チューブと、
光ファイバと、
光源とを有し、
該光ファイバの基端側は該光源に接続されており、該光ファイバの先端部位は該金属製チューブ内に挿入されていると共に、該光ファイバの先端部位は、その側壁から光が照射可能に形成されており、
根管に充填された光硬化型レジンに該金属製チューブの側壁を接触させ、該孔から光を該レジンに照射するように構成されており、該金属製チューブは、支台築造用ポストとして機能することを特徴とする根管に充填された光硬化型レジンへの光供給装置。

【請求項2】
 
該光硬化型レジンへの光照射後に、該光ファイバの先端部位を切断して該金属製チューブ内に残留させることを特徴とする請求項1に記載の光硬化型レジンへの光供給装置。

【請求項3】
 
該金属製チューブは両端に開口を有し、一側の開口から光ファイバの先端部位を金属製チューブの中空部に挿入させてあり、光ファイバの先端から供給される光を、該金属製チューブの他側の開口から該レジンに照射するように構成されている請求項1、2いずれか1項に記載の光硬化型レジンへの光供給装置。

【請求項4】
 
側壁に複数の孔を備えた金属製チューブと、
光ファイバと、
光源とを有し、
該光ファイバの基端側は該光源に接続されており、該光ファイバの先端部位は該金属製チューブ内に挿入されていると共に、該光ファイバの先端部位は、その側壁から光が照射可能に形成されており、
根管に充填された光硬化型レジンに該チューブの側壁を接触させ、該孔から光を該光硬化型レジンに照射することで該光硬化型レジンを硬化させるように構成されており、該金属製チューブは、該光硬化型レジンの硬化後は、支台築造用ポストとして機能することを特徴とする根管に充填された光硬化型レジンの硬化装置。

【請求項5】
 
該光硬化型レジンの硬化後に、該光ファイバの先端部位を切断して該ポスト内に残留させることを特徴とする請求項4に記載の光硬化型レジンの硬化装置。

【請求項6】
 
該金属製チューブは両端に開口を有し、一側の開口から光ファイバの先端部位を金属製チューブの中空部に挿入させてあり、光ファイバの先端から供給される光を、該金属製チューブの他側の開口から該レジンに照射するように構成されている請求項4、5いずれか1項に記載の光硬化型レジンの硬化装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004241657thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close