Top > Search of Japanese Patents > LOACH RUNNING-UP ASSISTING DEVICE IN DRAINAGE DITCH IN PADDY FIELD

LOACH RUNNING-UP ASSISTING DEVICE IN DRAINAGE DITCH IN PADDY FIELD

Patent code P07P005315
File No. IP265
Posted date Dec 21, 2007
Application number P2006-101809
Publication number P2007-277818A
Patent number P4792579
Date of filing Apr 3, 2006
Date of publication of application Oct 25, 2007
Date of registration Aug 5, 2011
Inventor
  • (In Japanese)西山 壮一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title LOACH RUNNING-UP ASSISTING DEVICE IN DRAINAGE DITCH IN PADDY FIELD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a running-up assisting device which decelerates the flow rate of drain water in a drainage ditch located between a paddy field and a channel, contributes to the formation of an environment in which loaches easily run up the drainage ditch into the paddy field to improve the environment of the same, is free from the risk of corrosion and the change of properties, and favorable in durability.

SOLUTION: The running-up assisting device is arranged in a pipe as the drainage ditch located between the paddy field and the channel, and composed by forming an almost rectangular synthetic resin frame composed of longitudinal members and transverse members, attaching both ends of a synthetic resin net to the respective longitudinal members, and arranging at least one rope on the net. The net has a width that sags an area between both sides thereof from the surface of the frame, and therefore when the running-up assisting device is set in the pipe, the net sags to a location that almost contacts with the internal peripheral surface of the bottom of the pipe as the drainage ditch. Further a support member for maintaining the shape of the net may be added to the frame if needed.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


水田からの余剰の水は水路に排出されるが、地形によっては、水田と水路との高低差が大きくなることがある。このような場合、どじょうが水路側から水田側に移ることができなくなり、水田にどじょうが棲息できない状況になる。しかしながら、本来水田にどじょうが棲息する環境の方が生態系として自然な形であり、稲作の上からも好ましいものであることには変わりがない。このように自然な生態系を保つためには、どじょうが水路側から水田側に移れるようにする必要がある。このことによって、水田にそれを餌とする鳥などの生き物が豊富となる。



水田と水路との間の土手中に塩化ビニール製のパイプを埋めて水田側から水路側に余剰水を排出するものでは、塩化ビニール製のパイプの内面は滑らかであるため、水田と水路との高低差が大きい場合に、どじょうはこのパイプ内を水路側から水田側に遡上することができない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、水田と水路間の遡上設備に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水田からそれより水位の低い水路に排水するために埋設されたパイプによる排水路内を水路側から水田側にどじょうが遡上できるようにするための遡上設備であって、
前記パイプ内においてその長さにわたって前記パイプの軸線方向に配置するための前記パイプの軸線方向の2本の平行な縦材とこれに直交するように取り付けられた横材とにより略矩形状に形成された剛性樹脂製の型枠と、
該型枠の2本の縦材に両側部を取り付けられ、両側部の間の部分が該型枠の面から張り出すように幅を有する剛性樹脂製の網と、
該網の上側に前記縦材と平行な方向に取り付けられた少なくとも1本の縄とからなり、前記網とその上側の少なくとも1本の縄が取り付けられた型枠を前記排水路のパイプ内に前記型枠の縦材が前記パイプの軸線方向になり前記横材が水平方向になるように配置して設置し、その際に前記網が前記パイプの底側の内周面に略接する位置に張り出すようにしたことを特徴とする遡上設備。

【請求項2】
 
前記型枠の2本の縦材の間に前記網の配置及び遡上設備の設置後の網の形状の維持のための複数の支持部材を取り付けたことを特徴とする請求項1に記載の遡上設備。

【請求項3】
 
前記支持部材がビニール被覆付き針金により形成されていることを特徴とする請求項2に記載の遡上設備。

【請求項4】
 
前記支持部材が合成樹脂製の部材により形成されていることを特徴とする請求項2に記載の遡上設備。

【請求項5】
 
前記剛性樹脂製の網がゴルフ用ネットであることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の遡上設備。

【請求項6】
 
前記縄がわら縄であることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の遡上設備。
Industrial division
  • Earthwork
  • High polymer
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006101809thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close