Top > Search of Japanese Patents > IMIDAZOQUINOXALINONE CHEMICAL LUMINESCENT SUBSTANCE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND EMISSION SPECTROMETRY METHOD

IMIDAZOQUINOXALINONE CHEMICAL LUMINESCENT SUBSTANCE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND EMISSION SPECTROMETRY METHOD

Patent code P07P005442
Posted date Dec 21, 2007
Application number P2006-080702
Publication number P2007-254352A
Patent number P4982737
Date of filing Mar 23, 2006
Date of publication of application Oct 4, 2007
Date of registration May 11, 2012
Inventor
  • (In Japanese)寺西 克倫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title IMIDAZOQUINOXALINONE CHEMICAL LUMINESCENT SUBSTANCE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND EMISSION SPECTROMETRY METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a chemical luminescent compound that is a luminescent substance inducing luminescence by a reaction with a superoxide anion being one of active oxygens and detecting a superoxide anion as an optical signal, is expected to have practical application and has an excellent light-emitting function.
SOLUTION: An imidazo[1,2-a]quinoxalin-(5H)-1-one compound represented by chemical formula 1 is used as an active ingredient of a reagent for a superoxide anion emission spectrometry.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、光による可視化技術が必須技術として要求されている。活性酸素の可視化分析もその一つである。活性酸素を光シグナルに変換する方法に化学発光法があり、イミダゾ[1,2-a]ピラジン-3-オン化合物がその発行物質として用いられている。さらに有用な発光物質の研究が盛んに行なわれている(例えば特許文献1)。



【特許文献1】
PCT/JP03/01617号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、イミダゾ[1,2-a]キノキザリン化合物に関する。本発明のイミダゾ[1,2-a]キノキザリン化合物およびその塩は、化学発光することができる化合物であり、スーパーオキシドアニオンの発光分析用試薬として利用することができ、生体内外のスーパーオキシドアニオンを検出することによる疾病の診断あるいは疾患の研究に寄与するものとして使用できる。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次の化学式1で示されるイミダゾ[1,2-a]キノキザリン化合物またはその塩。
【化1】
 


但し、式中、R1はアルキル基である。R2は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。R3は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。R4は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。R5は酸素原子または硫黄原子である。

【請求項2】
 
前記化学式1におけるR5が酸素原子であることを特徴とする、次の化学式2で示されるイミダゾ[1,2-a]キノキザリン-(5H)-1-オン化合物またはその塩の化合物。
【化2】
 



【請求項3】
 
化学式1で示される請求項1に記載のイミダゾ[1,2-a]キノキザリン化合物またはその塩、又は、化学式2で示される請求項2に記載のイミダゾ[1,2-a]キノキザリン-(5H)-1-オン化合物またはその塩の化合物の少なくとも一つを有効成分とした発光剤を用いるスーパーオキシドアニオンの化学発光検出法。

【請求項4】
 
以下の化学式3で示される2-アミノキノキザリン化合物と、化学式4乃至5で示されるa-ケトアルデヒド化合物あるいはa-ケトアルデヒド同等化合物と縮合反応させることにより請求項2に記載のイミダゾ[1,2-a]キノキザリン-(5H)-1-オン発光化合物を化学合成する製造法。
【化3】
 


但し、式中、R2は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。R3は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。R4は水素原子、アルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシル基、カルボキシル基、ホルミル基、アルキルオキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アルキルカルボニル基、アリールカルボニル基または複素環から選択される。
【化4】
 


但し、式中、R1はアルキル基である。
【化5】
 


但し、式中、RおよびR1はアルキル基である。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

19474_50SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close