Top > Search of Japanese Patents > FERROMAGNETIC METAL-FILLED CARBON NANOTUBE ELEMENT AND DEVICE USING IT

FERROMAGNETIC METAL-FILLED CARBON NANOTUBE ELEMENT AND DEVICE USING IT

Patent code P07P005906
Posted date Dec 21, 2007
Application number P2006-107470
Publication number P2007-277061A
Patent number P4892723
Date of filing Apr 10, 2006
Date of publication of application Oct 25, 2007
Date of registration Jan 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)林 靖彦
  • (In Japanese)徳永 知春
  • (In Japanese)藤田 武志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title FERROMAGNETIC METAL-FILLED CARBON NANOTUBE ELEMENT AND DEVICE USING IT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a nanotube completely filled with a ferromagnetic metal or including the metal at its tip as an element to evaluate magnetic characteristics, and apply it to a magnetic sensor etc.
SOLUTION: In this invention, a metal thin film is laminated to include or fill in a substrate for including and filling a metal containing not less than one magnetic metal. By growing a nanotube using the substrate which is laminated with the metal including or filled with the metal, these metals are included or filled simultaneously in an element. By controlling the growth condition, the metal in the tube can be included or filled, separately.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、特許文献1のカーボンナノチューブの製造方法が開示されている。特許文献1は、金属を内包するカーボンナノチューブの製造方法に関する特許であり、磁気抵抗効果(以下「TMR」という。)を利用した磁気ランダムアクセスメモリ(以下「MRAM」という。)の応用が示されているが,内包された金属の磁性特性が明らかにされていなかった。また、特許文献2においては、内包もしくは充填する金属が一種類であった。非特許文献1は、2層金属内包に関する論文であり、非特許文献2、3は、Fe内包カーボンナノチューブの電子線ホログラフィーに関する論文である。
【特許文献1】
特開平6-227806号公報
【特許文献1】
特開2005-104814公報
【非特許文献1】
“Production and Characterization of Single-Crystal FeCo Nanowires Inside Carbon Nanotubes”, A. L. Elias, J. A. Rodriguez-Manzo, M. R. McCartney, D. Golberg, A. Zamudio, S. E. Baltazar, F. Lopez-Urias, E. Munoz-Sandoval, L. Gu, C. C. Tang, D. J. Smith, Y. Bando, H. Terrones, and M. Terrones, Nano Lett. 5, 467 - 472 (2005).
【非特許文献2】
“Magnetic properties of aligned Fe-filled carbon nanotubes”, T. Muhl, D. Elefant, A. Graff, R. Kozhuharova, A. Leonhardt, I. Monch, M. Ritschel, P. Simon, S. Groudeva-Zotova, and C. M. Schneider, J. Appl. Phys. 93, 7894-7896 (2003).
【非特許文献3】
“Synthesis and properties of filled carbon nanotubes”, A. Leonhardt, M. Ritschel, R. Kozhuharova, A. Graff, T. Muhl, R. Huhle, I. Monch, D. Elefant and C. M. Schneider, Diamond Relat. Mater. 12, 790-793 (2003).

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、強磁性金属充填カーボンナノチューブ素子及びそれを用いたデバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
層カーボンナノチューブにニ種類以上の金属が内包もしくは充填され、該金属が磁性金属および非磁性金属からなり、磁性金属と非磁性金属とが分離されて内包もしくは充填されていることを特徴とするカーボンナノチューブ素子。

【請求項2】
 
前記磁性金属と非磁性金属がバーコード状に配置されたバーコードタイプの請求項1に記載のカーボンナノチューブ素子。

【請求項3】
 
磁気抵抗効果を利用した磁気ランダムアクセスメモリデバイスに用いられる請求項1または2に記載のカーボンナノチューブ素子。

【請求項4】
 
磁気力顕微鏡(MFM)探針に用いられる請求項1または2に記載のカーボンナノチューブ素子。

【請求項5】
 
磁気センサーに用いられる請求項1または2に記載のカーボンナノチューブ素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006107470thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close