Top > Search of Japanese Patents > GEL STRUCTURE AND ITS MANUFACTURING METHOD

GEL STRUCTURE AND ITS MANUFACTURING METHOD meetings

Patent code P07A012459
File No. ID5063
Posted date Dec 28, 2007
Application number P2004-253184
Publication number P2006-071368A
Patent number P4399596
Date of filing Aug 31, 2004
Date of publication of application Mar 16, 2006
Date of registration Nov 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)西垣 功一
  • (In Japanese)三木 英司
  • (In Japanese)森 正輝
  • (In Japanese)内田 秀和
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人埼玉大学
Title GEL STRUCTURE AND ITS MANUFACTURING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new container such as a reaction container or the like capable of easily transferring the sample such as cultured matter, a reaction product or the like in a reaction container even if the volume of the container becomes minute and capable of being utilized in operation such as analysis or the like as it is according to circumstances.
SOLUTION: In a method for manufacturing a gel structure having at least one of a groove, a chamber and a flow channel provided to its interior and/or surface, a layer of a monomer composition containing a photopolymerizable monomer and a polymerization initiator is partially irradiated with polymerization light to be polymerized and gelled and the unreacted monomer composition of the light non-irradiated part is removed to form a gel-like sheet (gel-like sheet A) having a groove and/or a hole. At least one gel-like sheet A having the groove and/or the hole and at least one gel-like sheet (gel-like sheet B) not having the groove and the hole are bonded to form a gel structure having at least one of the groove, the chamber and the flow channel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


バイオテクノロジー、診断、生化学、医薬品研究等の分野では、多数の生体物質の分析や解析が同時並行して行われている。特に、近年、操作のハイスループット化が進められている。そのために、例えば、マイクロタイタープレート、DNAチップ、プロテインチップ、マルチキャピラリー電気泳動装置等が汎用されている。そして、これらのキットや装置を用いた操作は、できるだけ人手を介さず、ロボット化されることも行われている。



生体物質の分析や解析は、まず、何らかの生体反応、例えば、微生物の培養や酵素反応を小スケールで行い、得られた培養物や反応物をさらに分析することで行われる。ここで、培養物や反応物は、培養(反応)容器中でそのまま、例えば、蛍光を測定することで分析することもできるが、例えば、電気泳動による分析の場合、電気泳動装置に培養物や反応物を移送する必要がある。例えば、多数のマイクロピペットを用いて、培養物や反応物を電気泳動装置に移送する。



しかし、培養物や反応物の容量が微小化してくると、移送操作自体に困難性が伴う。即ち、微小容量の試料を他の物質の混入を防ぎながら、確実に移送するには、マイクロピペットを微小化し、かつ、洗浄も徹底する必要がある。しかし、近年試料量の微小化はさらに進んでおり、一定以上に容量が小さくなると、移送操作の困難性が急激に増大する。



微小容量の試料を用いて核酸配列を決定するために、ミクロゲルホルダーを用いるミクロゲルが提案されている(特表平10-512043号公報(特許文献1))。しかし、このミクロゲルは、あくまでも、ミクロゲルホルダーの微小区画に形成するものであり、このミクロゲルへの試料の移送は必要である。
【特許文献1】
特表平10-512043号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ゲル構造物の製造方法及びこの方法で製造されたゲル構造物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内部及び/又は表面に、溝、部屋及び流路の少なくとも1つを有するゲル構造物を製造する方法であって、
光重合性モノマー及び光重合開始剤を含有するモノマー組成物の層に部分的に重合用光を照射して層の一部を重合させてゲル化し、次いで光未照射部分の未反応のモノマー組成物を除去して、溝及び/又は穴を有するゲル状シート(以下、ゲル状シートAという)を作成し、
少なくとも1つの上記溝及び/又は穴を有するゲル状シートAと、溝及び穴を有さない少なくとも1つのゲル状シート(以下、ゲル状シートBという)とを貼り合わせることで、上記溝、部屋及び流路の少なくとも1つを有するゲル構造物を形成し、
ゲル状シートA及びBの少なくとも1つが、未重合の光重合性モノマーが残存する程度に光重合されたものであり、ゲル状シートA及びBを貼り合わせた後に、前記未重合の光重合性モノマーを重合させて、貼り合わせを完了させる、
上記製造方法。

【請求項2】
 
前記光重合性モノマーがアクリルアミドである請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
少なくとも1つのゲル状シートAを、このゲル状シートAの両面から2つのゲル状シートBで挟み込んで貼り合わせることで、ゲル構造物を形成する請求項1または2に記載の方法。

【請求項4】
 
少なくとも1つのゲル状シートAを、このゲル状シートAの一方の面から少なくとも1つのゲル状シートBを貼り合わせることで、ゲル構造物を形成する請求項1または2に記載の方法。

【請求項5】
 
溝及び/又は穴の形状及び/又は寸法が異なる2つ以上のゲル状シートAを作成し、これらのゲル状シートAを貼り合わせて用いる、請求項1~4のいずれか1項に記載の方法。

【請求項6】
 
前記モノマー組成物が粘度調整剤をさらに含有する請求項1~5のいずれか1項に記載の方法。

【請求項7】
 
前記粘度調整剤が、糖類、グリセリン類、ポリエチレングリコール、フィコール、パーコールである請求項6に記載の方法。

【請求項8】
 
糖類がショ糖である請求項7に記載の方法。

【請求項9】
 
ゲル構造物が、マイクロ流路反応器、マイクロベッセルまたはマイクロカプセルであり、前記マイクロ流路反応器は、マイクロ反応器及びマイクロ反応器と通じるマイクロ流路を有するものである請求項1~8のいずれか1項に記載の方法。

【請求項10】
 
重合用光の照射を、微細アレー型プロジェクターDMDを用いて行う請求項1~9のいずれか1項に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004253184thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close