Top > Search of Japanese Patents > NASAL CPAP DEVICE

NASAL CPAP DEVICE commons

Patent code P07A012500
File No. ID5069
Posted date Dec 28, 2007
Application number P2003-121639
Publication number P2004-321549A
Patent number P3918057
Date of filing Apr 25, 2003
Date of publication of application Nov 18, 2004
Date of registration Feb 23, 2007
Inventor
  • (In Japanese)川橋 正昭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人埼玉大学
Title NASAL CPAP DEVICE commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compact and horizontal type nasal CPAP device designed to alleviate strain on premature babies during treatment with it applied to them.

SOLUTION: The nasal CPAP device comprises an air supply nozzle 2 to discharge an air jet flow, a passage enlarging part 4 connected with an outlet of the air supply nozzle 2, a nasal cavity attachment 6 connected with the passage enlarging part 4 perpendicular to the air jet flow, a jet flow diverging plate 8 provided on an opposite side of the nasal cavity attachment 6 to an center of the air jet flow with offset in the passage enlarging part 4, and an expiratory exhaust pipe 10 connected with the passage enlarging part 4 on the opposite side of the nasal cavity attachment 6 to the jet flow diverging plate 8.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
近年、非侵襲的な呼吸管理という観点から、ナーザルCPAP(Continuous Positive Airway Pressure)が未熟児の呼吸障害の治療に用いられつつある。CPAPは、呼気相終末においても気道内圧を陽圧に保ち、呼気相での肺胞虚脱を防止することにより機能的残気量を増加させ、肺内シャントを減少し、低酸素血症を改善する。鼻孔に陽圧を加えるものをナーザルCPAPと呼ぶ。
【0003】
ナーザルCPAPの利点は、(1)気管内挿管する必要がなく簡易にCPAPがかけられる、(2)挿管チューブの気道抵抗がなく呼吸仕事量が軽減できる、(3)気管内挿管管理に伴う気道感染症を回避することができることなどが挙げられる。
【0004】
しかしながら他方においては、(1)鼻孔取り付け部の鼻孔への強い圧迫による鼻孔狭窄、鼻中隔壊死を発症する可能性がある、(2)固定方法が難しく、リークにより十分なCPAPを維持することが困難である、(3)食道へも陽圧がかかるため、腸管が拡張して栄養が入れにくくなることがあるといった欠点も存在した。
【0005】
このような欠点を解消するために、微細な自発呼吸にも敏感に反応し、安定した気道内圧を提供し、呼気時の回路内抵抗を解消するため、流体力学的原理を応用したものが登場してきている。例えば、インファントフローシステムと呼ばれるものがある。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、ナーザルCPAPに関し、特に、未熟児への使用に適したナーザルCPAP素子に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  空気噴流を放出する空気供給ノズルと、前記ノズルの出口に接続された流路拡大部と、前記流路拡大部に前記空気噴流に対して垂直に接続された鼻孔取り付け部と、前記流路拡大部において前記空気噴流の中心に対して前記鼻孔取り付け部と反対方向にオフセットして設けられた噴流分岐板と、前記流路拡大部に前記噴流分岐板を挟んで前記鼻孔取り付け部と反対側に前記空気噴流の方向に接続された呼気排気管とを具えることを特徴とするナーザルCPAP素子。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003121639thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close