Top > Search of Japanese Patents > NEW MICROALGAE

NEW MICROALGAE

Patent code P07P005326
File No. IP291
Posted date Dec 28, 2007
Application number P2006-140512
Publication number P2007-306870A
Patent number P4876250
Date of filing May 19, 2006
Date of publication of application Nov 29, 2007
Date of registration Dec 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)藤井 克彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title NEW MICROALGAE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide new microalgae growable under simple culture conditions as compared with those for conventional algae, high in astaxanthin productive capacity, and growable with low-level light irradiation using an inexpensive culture medium and also high in astaxanthin productive capacity.
SOLUTION: The accession number of the new microalgae in National Institute of Advanced Industrial Science and Technology International Patent Organism Depositary is FERM P-20853. The new microalgae belong to the genus Monoraphidium, having high astaxanthin productive capacity. Besides, the new microalgae are growable with low-level light irradiation using an inexpensive culture medium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アスタキサンチンは天然物由来の赤色を呈するカロチノイド色素の一種であり、食材用色素、食品添加物として有用であると共に、マダイや甲殻類等の魚介類を養殖する場合には、通常飼料にアスタキサンチンを添加し、着色することが行われている(特許文献1、特許文献2)。また鶏卵の色調改善等を目的とした家禽用飼料等にも利用されている(特許文献3)。更に最近はアスタキサンチンの持つ強力な抗酸化作用が注目され、香粧品や医薬品、健康食品としての用途も検討されている(特許文献4)。



今日市場で流通しているアスタキサンチンのほとんどは石油成分より化学合成されたものである。しかしながら、石油が有限な資源であること、消費者の天然由来成分への志向、1kgあたり数十万円という高価であることなどから、化学合成によるアスタキサンチン製造は最良の手段ではない。さらに、欧州では今後食品のみならず農林水産における化学合成アスタキサンチンの使用も禁じられた。
天然物由来のアスタキサンチン製造法として、カニ、エビ、オキアミなどから色素を抽出・精製する方法が報告されている(特許文献5)。これら生物はアスタキサンチン含有量が低く、抽出や精製等にも技術的、経済的問題がある。



その点、Haematococcus pluvialis、Chlorella zofigiensis、Chlorococcum sp.、Phaffia rhodozymaなどのアスタキサンチンを生産する藻類を培養し、アスタキサンチンを抽出する技術が報告されている(非特許文献1、非特許文献2)。これら藻類の中にはアスタキサンチン含量が高い藻類があるが、その藻類を含めて、前記藻類の培養条件が簡単であるということができない。また、特にHaematococcusでは、例えば、光照射量を多くする、高価な有機物を加える、培養途中で培養組成を変更する等の培養条件を改善することで、アスタキサンチン生産量を高めることができるが、手間や費用もかかる作業であることから、他の微生物の混入や増殖阻止、培地管理なども複雑となり、コストも高くなる。
従って、安価な原料から、天然の生合成経路を利用した、製造にかかるコストが低いアスタキサンチン製造技術の開発ソースとして新規微生物によるアスタキサンチン生産に期待が寄せられている。
なお、藻類モノラフィディウム属(Monoraphidium属)は淡水産の数種が知られているが、アスタキサンンチンを微生物内に蓄積することは知られていなかった。



【特許文献1】
特開昭54-70995号公報
【特許文献2】
特開平7-67546号公報
【特許文献3】
特許第2561198号公報
【特許文献4】
特開平2-49091号公報
【特許文献5】
特開平6-200179号公報
【非特許文献1】
Process Biochemistry 39,1761-1766.
【非特許文献2】
Appl.Microbiol.Biotechnol.66:249-252.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は新規微細藻類に関する。また、本発明はその藻類にアスタキサンチン色素を蓄積させるアスタキサンチンの生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アスタキサンチン産生能を有するモノラフィディウム属(Monoraphidium属)に属し、寄託番号はFERM P-20853である微細藻類。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close