Top > Search of Japanese Patents > ELECTROCHEMICAL RESPONSIVE POROUS BODY

ELECTROCHEMICAL RESPONSIVE POROUS BODY meetings

Patent code P07P005958
File No. FU105
Posted date Dec 28, 2007
Application number P2006-136988
Publication number P2007-308540A
Patent number P5186680
Date of filing May 16, 2006
Date of publication of application Nov 29, 2007
Date of registration Feb 1, 2013
Inventor
  • (In Japanese)青木 幸一
  • (In Japanese)陳 競鳶
  • (In Japanese)西海 豊彦
  • (In Japanese)石川 匠哉
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title ELECTROCHEMICAL RESPONSIVE POROUS BODY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technical means having good supporting efficiency for volume, stability and durability in order to actually utilize functions of a molecule having electrochemical responsiveness such as a ferrocene compound.
SOLUTION: An electrochemical responsive porous body is obtained by reacting and modifying surface hydroxy groups of an inorganic porous body and bonding and fixing an electrochemical responsive molecule.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電気応答性物質は、フォトクロミックの特性、光異性化、光学式の非直線性、および酸化触媒作用、感知生体分子、電池電極において不可欠な役割を果たしている。このような電気応答性物質については、これを固体基盤上に固定することによって、その特性を、安定して効率的に実現できると考えられている。



これまでにも、たとえば、電気応答性物質を固定化させる技術として、厚さがマイクロオーダーのフィルム状にフェロセン化合物を電気化学応答化合物とするポリビニルフェロセンを電極表面で共重合させて固定化させるものが知られている。



しかしながら、このようにフェロセンが固定されたポリマーフィルムでは、フェロセンの溶解や、膨張によるフィルムの厚さの変化、環境依存に対する電位の変化、および幾何学的な変質が避けられないという問題がある。このようなポリマーを用いた修飾法の問題点は、自己集合法やラングミュアーブロジェット法によるフェロセンの単層によるフィルムを作製することで回避できると考えられる。しかし単層にこうした分子を修飾しても、体積に対する坦持効率は低く、安定性や耐久力に乏しく、実用的ではない。



一方、本発明者らによってポリスチレン微小球表面にフェロセンを固定した場合の電気化学測定が試みられてもいる(非特許文献1)。



だが、この場合にはフェロセンの安定性に問題があった。
このため、これまでのところ、フェロセン化合物のような電気化学応答性を有する分子の機能を実際に利用するための、安定性、耐久性の良好な技術手段についてはほとんど実現されていないと言ってよい。
【非特許文献1】
J. Electroanal. Chem, 583(2005) 116-123

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、表示素子、センサー素子、電池電極、カラム分離材、触媒等の機能性材料として有用な、新しい電気化学応答性の多孔質体に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
無機多孔質体の表面水酸基が反応修飾されて電気化学応答性分子が結合固定されている電気化学応答性多孔質体であって、
前記無機多孔質体が、SiO2、B2O3およびNa2Oを含む組成構成のホウケイ酸ガラスをスピノーダル分相させて分かれたB2O3-Na2O相を酸で溶解することによって生成させた多孔質ガラスであることを特徴とする電気化学応答性多孔質体。

【請求項2】
 
前記無機多孔質体が、細孔径50nm以下、BET表面積50m2/g以上である多孔質ガラスであることを特徴とする請求項1の電気化学応答性多孔質体。

【請求項3】
 
無機多孔質体の表面水酸基の反応修飾による電気化学応答性分子の結合固定は、表面水酸基のシラン結合形成を介していることを特徴とする請求項1又は2の電気化学応答性多孔質体。

【請求項4】
 
電気化学応答性分子はフェロセン化合物であることを特徴とする請求項1から3のいずれかの電気化学応答性多孔質体。

【請求項5】
 
前記無機多孔質体の表面水酸基の反応修飾による前記電気化学応答性分子の結合固定は、次式
M-O-Si(OR12-R2-NH-CO-R3
(Mは無機多孔質体を示し、R1およびR2は各々炭化水素基を示し、R3は電気化学応答性分子である電気化学応答性基を示す)
で表わされることを特徴とする請求項3の電気化学応答性多孔質体
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006136988thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close