Top > Search of Japanese Patents > PHOSPHORESCENCE-EMITTING SUBSTANCE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

PHOSPHORESCENCE-EMITTING SUBSTANCE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P07A012508
File No. IU050118JP01
Posted date Dec 28, 2007
Application number P2007-018355
Publication number P2007-321140A
Patent number P5272171
Date of filing Jan 29, 2007
Date of publication of application Dec 13, 2007
Date of registration May 24, 2013
Priority data
  • P2006-127665 (May 1, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)土岐 規仁
  • (In Japanese)金子 真子
  • (In Japanese)小川 薫
  • (In Japanese)横田 政晶
  • (In Japanese)清水 健司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岩手大学
Title PHOSPHORESCENCE-EMITTING SUBSTANCE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a phosphorescence-emitting substance expressing phosphorescence at room temperature, long in phosphorescence life and high in long-term stability.
SOLUTION: The phosphorescence-emitting substance consists of crystal essentially comprising orthorhombic crystal as host molecule and monoclinic crystal as guest molecule, wherein the host molecule consists preferably of potassium sulfate or potassium hydrogen phthalate, while the guest molecule consists preferably of o-aminobenzenesulfonic acid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


りん光発光物質は、エレクトロルミネッセンス素子(以下、「EL素子」とも呼ぶ)に代表される各種の光学デバイスや、各種センサへの応用が期待されている。例えば、有機材料からなるEL素子の分野では、蛍光を利用した場合より発光効率を大きく向上させることが可能と考えられている。



光を自在に操ることを目指し、光ナノ構造フォトニクス結晶の創製およびその設計理論が検討されている(例えば、非特許文献1)。概念としては、フォトニック結晶の特性、すなわち、屈折率が異なる二つの物質が、光の波長程度の周期で規則正しく繰り返し並んだ固体であり、この時、光は周期的な屈折率の繰り返しを感じ、特異な動きをするようになるという特性、を利用するものである。このような特性としては、例えば、(1)異なる方向に光が伝わる(回折)現象や、(2)特定の波長の光が伝わらない現象、(3)光の性質(波長、偏光など)を分離する現象、などが挙げられる。



そこで、本発明者らは、結晶中の光の振る舞いを時間軸上で詳しく解明し、究極的には光の伝搬速度を極限的に遅延させ、さらには、その光特性(波長、強度等)の制御法を鋭意検討しており、特に、優れた光特性を発現する構造体の創製を、シンプルな構造の物質を用い、有機と無機、あるいは有機と有機から構成される複合結晶に関する研究・開発を行っている。



しかしながら、従来、室温において、りん光を発現する媒体の条件(構造およびその製法)やその影響に着目した研究は少なく、結晶構造(ホスト-ゲスト複合物質)とりん光特性との関係は明確ではない。この関係を明らかにすることは光学デバイスの設計や製造に対し、極めて有用な情報になると考えられる。りん光特性を保持したり、保存することは難しい。
【非特許文献1】
Richard W.Gurney, Christine A.Mitchell, Sihyun Ham, Loyd D.Bastin, and Bart Kahr; J.Phys.Chem.B 2000,104,878-892.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、りん光発光物質及びその製造方法に係る、より詳細には、りん光の発光特性に優れたりん光発光物質と、溶液からの結晶化により、異なる発光特性を備えたりん光発光物質を制御性よく製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
硫酸カリウムからなる第一粉末とo-アミノベンゼンスルホン酸からなる第二粉末とを溶解可能な温度にある水に入れて出発溶液として用い、該出発溶液を、まず第一速度で攪拌した後、次いでレーザースポット観察法により、1μm以上の粒子が2秒間に複数個、前記出発溶液の中に観測された時に該第一速度より遅い第二速度で攪拌することにより、攪拌する際の攪拌速度を途中で切り替えることを特徴とするりん光発光物質の製造方法。

【請求項2】
 
前記第一速度から前記第二速度への切替時に、硫酸カリウムからなる種晶を前記出発溶液の中に投入することを特徴とする請求項1に記載のりん光発光物質の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の製造方法により得られる、斜方晶系結晶をホスト分子とし、単斜晶系結晶をゲスト分子として少なくとも含有する肉眼で透明に見える結晶からなるりん光発光物質であって、
前記結晶を構成する、前記ホスト分子が硫酸カリウム、前記ゲスト分子がo-アミノベンゼンスルホン酸であり
記結晶は、その中心から外側に向かう全域に亘って、前記ホスト分子と前記ゲスト分子の両方を含むことを特徴とするりん光発光物質。

【請求項4】
 
請求項2に記載の製造方法により得られる、斜方晶系結晶をホスト分子とし、単斜晶系結晶をゲスト分子として少なくとも含有する肉眼で透明に見える結晶からなるりん光発光物質であって、
前記結晶を構成する、前記ホスト分子が硫酸カリウム、前記ゲスト分子がo-アミノベンゼンスルホン酸であり、
前記結晶は、内域と外域の二層構造をなし、該内域は前記ホスト分子のみを、該外域は前記ホスト分子と前記ゲスト分子の両方を、それぞれ含ことを特徴とするりん光発光物質。

【請求項5】
 
斜方晶系結晶をホスト分子とし、単斜晶系結晶をゲスト分子として少なくとも含有する肉眼で透明に見える結晶からなるりん光発光物質であって、
前記結晶を構成する、前記ホスト分子がフタル酸水素カリウム、前記ゲスト分子がo-アミノベンゼンスルホン酸であり、
前記結晶は、異なる発光面において3つの色が観測されることを特徴とするりん光発光物質。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007018355thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close