Top > Search of Japanese Patents > EXPANDED DIFFERENTIAL FLUX GATE SENSOR

EXPANDED DIFFERENTIAL FLUX GATE SENSOR

Patent code P07A012864
File No. PA17-041
Posted date Jan 18, 2008
Application number P2005-201338
Publication number P2007-017369A
Patent number P4660709
Date of filing Jul 11, 2005
Date of publication of application Jan 25, 2007
Date of registration Jan 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)足立 善昭
Applicant
  • (In Japanese)学校法人金沢工業大学
Title EXPANDED DIFFERENTIAL FLUX GATE SENSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To lengthen the length of an area whose magnetic field is detectable by a sensor, maintaining the length of a base line short.
SOLUTION: This sensor is equipped with a core 1 in the shape of a racetrack, an exciting coil 2 wound on the core 1 toroidally, a differential magnetic field detecting coil 3 composed of differential windings 3a, 3b, 3c, 3d wound in reverse directions alternately with a pitch of L on the core 1, a common magnetic field detecting coil 4 wound in one direction with uniform distribution on the core 1, a first feedback circuit 5 which applies a negative feedback of a feedback signal D to a differential magnetic field detection signal B obtained from the detecting coil 3, and a second feedback circuit 6 which applies a negative feedback of a feedback signal F to a common magnetic field detection signal E obtained from the detecting coil 4. A base line length becomes equal to the pitch L, and the length of an area capable of detecting a magnetic field becomes [(2×N-1)×L]. Namely, the length of the area whose magnetic field is detectable can be lengthened to [2×N-1] times, three times even in the minimum case, as much as the base line length.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、レーストラック形状のコアと、コアにトロイダル状に巻回した励起コイルと、コアの直線部に間隔を空けて互いに逆方向に巻回された2個の差分巻線からなる差分磁場検出コイルと、2つの差分巻線の間に巻回された1個の共通巻線からなる共通磁場検出コイルと、差分磁場検出コイルの出力にフィードバック信号を帰還する第1のフィードバック回路と、共通磁場検出コイルの出力にフィードバック信号を帰還する第2のフィードバック回路とを具備した差分型フラックスゲートセンサが知られている(例えば、非特許文献1参照。)。



【非特許文献1】
P.Ripka, K.Draxler and P.Kaspar "RACE-TRACK FLUXGATE GRADIOMETER" ELECTRONICS LETTERS 24th June 1993 Vol.29 No.13 pp.1193-1194

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、拡張差分型フラックスゲートセンサに関し、さらに詳しくは、ベースライン長を小さく保ちながら、磁場を検出できる領域の長さを伸ばすことが出来る拡張差分型フラックスゲートセンサに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コアと、前記コアに巻回された励起コイルと、前記コアにピッチLで交互に逆方向に巻回された2×N(Nは2以上の整数)個の差分巻線からなる差分磁場検出コイルと、前記コアに一方向に巻回された1個以上の共通巻線からなる共通磁場検出コイルと、前記差分磁場検出コイルの出力にフィードバック信号を帰還する第1のフィードバック回路と、前記共通磁場検出コイルの出力にフィードバック信号を帰還する第2のフィードバック回路とを具備したことを特徴とする拡張差分型フラックスゲートセンサ。

【請求項2】
 
請求項1に記載の拡張差分型フラックスゲートセンサにおいて、前記コアが、「(2×N-1)×L」より長い2つの平行な直線部を有するレーストラック形状であることを特徴とする拡張差分型フラックスゲートセンサ。

【請求項3】
 
請求項2に記載の拡張差分型フラックスゲートセンサにおいて、前記共通磁場検出コイルが、前記コアの直線部に均一に分布して巻回された1個の共通巻線からなることを特徴とする拡張差分型フラックスゲートセンサ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005201338thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close