Top > Search of Japanese Patents > CONTROLLER FOR GROWTH OR MOVEMENT OF NERVE CELL

CONTROLLER FOR GROWTH OR MOVEMENT OF NERVE CELL

Patent code P07A012936
File No. 05004AA09
Posted date Jan 18, 2008
Application number P2006-004872
Publication number P2007-186443A
Patent number P4904486
Date of filing Jan 12, 2006
Date of publication of application Jul 26, 2007
Date of registration Jan 20, 2012
Inventor
  • (In Japanese)田中 英明
  • (In Japanese)岡藤 辰也
  • (In Japanese)シャヒダル イスラム
  • (In Japanese)ナセル イフテクハル ビン
  • (In Japanese)蘇 玉紅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title CONTROLLER FOR GROWTH OR MOVEMENT OF NERVE CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To identify a function-unknown novel secretor protein molecule in order to clarify the molecular mechanism bearing a series of intermolecular interactions.
SOLUTION: The controller for the growth or movement of nerve cells contains a protein composed of an amino acid sequence equal to or substantially equal to the amino acid sequence represented by sequence No.2 or its partial peptide as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


脳は、多数の(ヒト脳では100-150億個)多様な神経細胞集団が極めて複雑なネットワークを形成して機能しているが、発生過程を見れば、個々の神経細胞やグリア細胞が細胞間相互作用を積み重ねることにより形成され、維持される。個々の神経細胞が結合してシナプスを形成する相手の神経細胞集団は、神経細胞が誕生した時点では既に運命付けられているので、個々の神経細胞は正しい結合相手に向かって能動的に軸索を伸展する。また、神経細胞の細胞体も所定の解剖学的部位に移動する。この選択的な軸索の成長を可能にするのが軸索ガイダンス分子であり、軸索ガイダンス分子は神経細胞の移動にも関与する。



神経軸索を制御する分子には、その成長を誘引する分子と成長を阻害し反発させる分子の二つのグループが有り、それぞれに分泌型のタンパクと膜に結合して機能するタンパクが有るので、軸索ガイダンス分子は4種に分類される(非特許文献1)。神経細胞によって反応性が異なるので、多数のガイダンス分子が存在し、代表的なnetrin, semaphorin, slit, ephrinの他に、L1やカドヘリンのような細胞接着分子、sonic hedgehog, BMPなどのこれまで形態形成に関与することが明らかにされてきた分子もガイダンス分子として機能する。これらのガイダンス分子の一部は、神経細胞ばかりではなく、血管を形成する細胞の移動なども制御する (非特許文献2から4)。



【非特許文献1】
Tessier-Lavigne M, Goodman CS. The molecular biology of axon guidance. Science. 1996, 274:1123-33.
【非特許文献2】
Lu X, Le Noble F, Yuan L, Jiang Q, De Lafarge B, Sugiyama D, Breant C, Claes F, De Smet F, Thomas JL, Autiero M, Carmeliet P, Tessier-Lavigne M, Eichmann A. The netrin receptor UNC5B mediates guidance events controlling morphogenesis of the vascular system. Nature. 2004, 432:179-86.
【非特許文献3】
Gitler AD, Lu MM, Epstein JA. PlexinD1 and semaphorin signaling are required in endothelial cells for cardiovascular development. Dev Cell. 2004, 7:107-16.
【非特許文献4】
Hinck L. The versatile roles of "axon guidance" cues in tissue morphogenesis. Dev Cell. 2004, 7:783-93.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、神経細胞の軸索成長又は移動の制御剤に関する。さらに詳細には、本発明は、神経細胞の軸索成長又は移動に関与するタンパク質及びその遺伝子を用いた神経細胞の成長又は移動の制御剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列番号2で表されるアミノ酸配列からなるタンパク質を有効成分として含有する、神経突起の成長又は神経細胞の移動の抑制剤。

【請求項2】
 
配列番号2で表されるアミノ酸配列からなるタンパク質をコードするポリヌクレオチドを有効成分として含有する、神経突起の成長又は神経細胞の移動の抑制剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close