Top > Search of Japanese Patents > WATER JET KNIFE

WATER JET KNIFE

Patent code P07A013054
Posted date Jan 25, 2008
Application number P2002-270343
Publication number P2004-105367A
Patent number P3793132
Date of filing Sep 17, 2002
Date of publication of application Apr 8, 2004
Date of registration Apr 14, 2006
Inventor
  • (In Japanese)藤岡 直子
  • (In Japanese)林 琢也
  • (In Japanese)遠藤 修
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title WATER JET KNIFE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a water jet knife usable for endoscopic treatment.
SOLUTION: This water jet knife has a water jet generator for sending a fluid from a syringe under high pressure and a catheter 12 which is connected to the syringe to eject the fluid from a leading end nozzle. The catheter 12 is equipped with a flexible inner pipe, a braided wire layer 35 for covering the inner pipe 34 and a flexible outer pipe 36 for covering the braided wire layer 35. Since compliance can be lowered by this constitution, the rising time of jet pressure of the nozzle can be shortened and the amount of the fluid ejected until the jet pressure of the nozzle reaches a predetermined level can be reduced. Therefore, the fluid is not almost accumulated on the surface of a mucous membrane and the water jet knife can be used in endoscopic treatment. Further, when the catheter 12 is inserted in a celom a blood vessel, it can easily follow the internal shape of the body cavity or the blood vessel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)や食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)等の内視鏡治療では、生理食塩水や硬化剤等の流体を注入する際には局注針が用いられている。
例えば、内視鏡的粘膜切除術(EMR)の手順を説明する。
図8に示すように、胃壁140は、内側から順に、固有筋層141、粘膜下層142、粘膜筋板143、粘膜144が積層されて構成され、粘膜144上には、病変145が形成されている。
局注針149を、粘膜144、粘膜筋板143および粘膜下層142を貫通させて、病変145の下の粘膜下層142にまで到達させ、生理食塩水を注入して、病変145を表面側に押し上げる。続いて、図9に示すように、病変145をガイドチューブ147で吸引して持ち上げた状態で、病変145にスネア鉗子148をかけて高周波電流をかけて切除する。



次に、食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)の手順を説明する。
図10に示すように、食道壁150は、胃壁140と同様の構成を有しており、上述した内視鏡的粘膜切除術(EMR)と同様の方法で、粘膜下層142に硬化剤を注入する。



しかしながら、上述した局注針149を用いる方法では、注入深度の制御が困難であるため、固有筋層141を貫通し穿孔してしまう可能性や、流体が壁外に漏出してしまうことによる縦隔炎の可能性があった。さらに、針穴からの出血に対する止血処理に時間がかかってしまい治療時間がかかるという問題があった。



一方、胆石の除去等の開腹手術および腹腔内手術では、1990年代より、ウォータージェットメスが用いられている。
例えば、ウォータージェットメス110は、図11に示すように、流体を高圧で圧送するウォータージェット発生装置111と、このウォータージェット発生装置111に接続され先端のノズル130から流体を噴射するカテーテル112とを含んで構成されている。カテーテル112は、ステンレスで形成されている。
胆石の除去手術では、ウォータージェットメス110でウォータージェットを噴射させることにより、胆嚢とその周囲の脂肪組織等とを剥離させる。



ところで、以上のウォータージェットメス110を、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)等の内視鏡治療に応用することが提案されている。
この場合、カテーテル112は、内視鏡のワーキングチャンネルに対する挿入深度や、その先端のノズル130からの噴射角度を自在に調整する必要があるため、可撓性を有しかつ表面の滑り特性の高い材料、例えばポリエステルで形成される。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS)等の内視鏡治療において、生体組織への穿孔、注入、剥離、粉砕、洗浄、散布に用いられるウォータージェットメスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  シリンジから流体を高圧で圧送するウォータージェット発生装置と、前記シリンジに接続されて先端のノズルから前記流体を噴射するカテーテルとを備えたウォータージェットメスであって、
前記カテーテルは、可撓性を有する内管と、この内管を覆う編組線層と、この編組線層を覆い可撓性を有する外管とを備えて構成されているとともに、基端外周面に鍔部を備え、
前記シリンジは、その先端側外周面の一部に設けられ前記カテーテルの鍔部が前記シリンジの圧送方向に交差する方向から挿入可能な切欠部と、前記シリンジ内周面の前記切欠部より先端側に設けられ前記鍔部が前記シリンジの圧送方向に係止可能な被係止部を備えていることを特徴とするウォータージェットメス。
【請求項2】
  請求項1に記載のウォータージェットメスにおいて、
前記シリンジは、透明性を有しかつ剛性が高い材料で形成されていることを特徴とするウォータージェットメス。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002270343thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close