Top > Search of Japanese Patents > PRIVATE COMMUNICATION CONTROLLER

PRIVATE COMMUNICATION CONTROLLER

Patent code P07A013060
Posted date Jan 25, 2008
Application number P2003-202199
Publication number P2005-045473A
Patent number P3799420
Date of filing Jul 28, 2003
Date of publication of application Feb 17, 2005
Date of registration May 12, 2006
Inventor
  • (In Japanese)加瀬 正勝
  • (In Japanese)武田 仁己
  • (In Japanese)佐藤 史生
  • (In Japanese)櫻井 宗晃
  • (In Japanese)數納 勝彦
Applicant
  • (In Japanese)防衛装備庁長官
Title PRIVATE COMMUNICATION CONTROLLER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a private communication means which constructs a VPN (Virtual Private Network) between a client and a server or between servers in order to prevent the leakage or alteration of information, etc. on a network.
SOLUTION: A private communication controller capable of processing all functions on a private communication board 10 for executing private communication based on the IPSec, for executing authentication/key exchange prior to the private communication, for setting/changing an algorithm of ciphers, etc., as desired, and for forming cipher key and public key certificates for using public key ciphers secures a means for preventing the leakage or alteration of information, etc. on a network.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、クライアントとして用いるパーソナルコンピュータやサーバに装着される拡張ボートとしての暗号ボードは、あらかじめ暗号ボード内に搭載された複数の暗号方式(認証及び鍵交換機能を含む)の中からのみ選択利用できる方式である。



また、従来IPSec(Internet Protocal Security)通信では、暗号化処理のみをホストコンピュータ(LANボードを組み込んでIPSec通信を行うコンピュータ)側で実行するものが主流であり、同一バス上を暗号化されていない平文データと暗号文データが混在して伝送されていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、インターネットのようなLAN(Local Area Network)通信に用いる秘匿通信制御装置に係り、とくにLAN通信において、ネットワーク上での情報漏洩・改竄等を防ぐことを目的として、クライアント(サーバに接続される端末)~サーバ間、サーバ~サーバ間、及びクライアント~クライアント間での第三者の盗聴を防ぐVPN(仮想専用通信網)を構築するための、秘匿通信技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 サーバにLANで接続される端末に、又はサーバに装着されるOS搭載LANボードを備え、該LANボードには暗号処理用のプロセッサが搭載されていて、IPSecによる秘匿・鍵交換で必要となる処理エンジンが、前記端末又は前記サーバから設定できて、任意の秘匿・鍵交換方式に交換可能であり、かつIPSecの全過程を前記OS搭載LANボード上で一括処理することを特徴とする秘匿通信制御装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003202199thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close