Top > Search of Japanese Patents > VASCULARIZATION INHIBITOR

VASCULARIZATION INHIBITOR meetings

Patent code P07A013070
File No. 1055
Posted date Jan 25, 2008
Application number P2006-171741
Publication number P2008-001623A
Patent number P5223083
Date of filing Jun 21, 2006
Date of publication of application Jan 10, 2008
Date of registration Mar 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)平田 孝
  • (In Japanese)菅原 達也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title VASCULARIZATION INHIBITOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a safe and excellent vascularization inhibitor.
SOLUTION: The vascularization inhibitor and the medicinal composition contain fucoxanthin and/or fucoxanthinol. The cosmetic composition contains the fucoxanthinol.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


既存の血管(毛細血管等)から新たな血管が生じ、伸長することを血管新生と呼ぶ。血管新生は、糖尿病性網膜症、アテローム性動脈硬化症等の病態悪化と深く関わっており、近年、血管新生抑制物質によるこれらの疾患の治療や予防が勧められてきた。血管新生抑制を目的とした薬剤の開発は盛んに行われているものの、合成された薬剤では予期しない副作用等が懸念され、安全性の点で問題が生じている(例えば、非特許文献1)。



この様な背景から、天然物由来であって、優れた血管新生抑制作用を有する物質が求められている。
【非特許文献1】
細胞工学 Vol.14,No.4,1995,第426~431頁

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、フコキサンチン及び/又はフコキサンチノールを含有する血管新生抑制剤、ならびにフコキサンチノールを含有する化粧料組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フコキサンチノールを含有する化粧料組成物。

【請求項2】
 
フコキサンチノールを0.000001~10重量%含有する、請求項1に記載の化粧料組成物。

【請求項3】
 
しわ改善用である請求項1又は2に記載の化粧料組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close