Top > Search of Japanese Patents > BACTERIA CONCENTRATION AND STERILIZATION DEVICE AND METHOD

BACTERIA CONCENTRATION AND STERILIZATION DEVICE AND METHOD commons meetings

Patent code P07P005743
File No. 2006-0009
Posted date Feb 1, 2008
Application number P2006-194406
Publication number P2008-018392A
Patent number P5120997
Date of filing Jul 14, 2006
Date of publication of application Jan 31, 2008
Date of registration Nov 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)内田 諭
  • (In Japanese)栃久保文嘉
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title BACTERIA CONCENTRATION AND STERILIZATION DEVICE AND METHOD commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve such a problem involved in the conventional high voltage pulse sterilization that a gap between electrodes for applying a pulse is not made small, and a high voltage pulse therefore is necessary in order to generate an electric field of about ≥10 kV/cm required for physically destroying bacteria, and since bacteria are scattered in fluid, even a high voltage pulse is applied to the fluid, the pulse is not always applied to bacteria and can not kill the bacteria in a lot causing low sterilization efficiency.
SOLUTION: An AC power supply is applied to a space between electrodes 4, 5, and bacteria 9 in fluid at a flow passage 6 are collected by dielectrophoresis (bacteria concentration). When the bacteria concentration reaches a prescribed concentration, a detection signal is emitted from a bacteria concentration detection part 13, and a pulse power source 12 is applied to an electrode 10 and the electrodes 4, 5. The bacteria are killed in a lot, and pulse voltage can be made low when the gap G in the flow passage 6 is made small, thus satisfactory sterilization efficiency is obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


流体中の病原菌を殺菌する方法としては、大きく分けて薬剤殺菌と非薬剤殺菌とがある。
薬剤による殺菌は、当初は効果があるものの、やがてその薬剤に対する耐性を具えた耐性病原菌の出現を招くことが多かった。すると、次にはそれに効く新たな薬剤の開発を迫られるということになり、結局、病原菌の変身とのイタチごっこに陥ることになる。これでは、新薬開発の度に多額の費用がかかるばかりか、いくら新薬を作ってもきりがないという欠点がある。



薬剤によらない殺菌は、加熱殺菌と非加熱殺菌とに分けることが出来る。
加熱殺菌は、病原菌が死滅するまで加熱して殺菌するものである。しかし、加熱殺菌では比較的長時間加熱しなければならないので、加熱により変質し易い商品(例、成分が熱で変質する飲料等の商品)の殺菌に使うのは、望ましくない。なぜなら、確かに殺菌は出来るが、商品が加熱により変質してしまい、商品価値を落としてしまうからである。
非加熱殺菌は、加熱以外の方法で病原菌を物理的に破壊して死滅させるものであり、例えば、電気パルス,マイクロ波,紫外線,オゾン,超高圧力を利用したものがある。これらによる殺菌は常温で行うことが出来るので、含有成分を変質させることもないという利点を有している。このようなことから、最近、非加熱殺菌が注目されて来ている。



例えば電気パルスを利用した殺菌方法としては、高電圧パルスを病原菌に印加する方法が知られている。病原菌を電界強度が約10kV/cm以上という強電界の環境中に置くと、病原菌の細胞膜は破壊され再び元に戻ることはない(不可逆的に破壊される)という事実が、既に解明されている。高電圧パルスによる殺菌はこの事実を利用したもので、電界強度が上記のような値になる高電圧のパルスを、病原菌を含む流体に繰り返し印加して殺菌する。
【特許文献1】
特開平1-095751号公報
【特許文献2】
特開平3-098565号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、流体中の病原菌を集めてその濃度を高め(菌濃縮し)、それを物理的に破壊して殺菌する菌濃縮殺菌装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基盤と、
基盤上に設置され、流体の流路を形成する流路形成体と、
流体中の菌を誘電泳動により集めて濃縮する菌濃縮部と、
該菌濃縮部で濃縮した菌を物理的に破壊する措置を講ずる物理的破壊手段部と
を備え、
前記菌濃縮部は、流路に設置された平板状の電極を備え、
前記電極は、前記基盤の同一平面上に間隔を置いて配設された第1,第2の電極からなり、前記物理的破壊手段部の一部を構成する
ことを特徴とする菌濃縮殺菌装置。

【請求項2】
 
さらに該菌濃縮部による菌の濃縮が所定濃度に達したことを検知して検知信号を発する菌濃縮検知部を備え、
前記物理的破壊手段部は、該検知信号が発された時に濃縮した菌を物理的に破壊する措置を講ずるように構成されている
ことを特徴とする請求項1記載の菌濃縮殺菌装置。

【請求項3】
 
前記菌濃縮部の前記電極は、交流電源に接続されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の菌濃縮殺菌装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006194406thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close