Top > Search of Japanese Patents > OPTICALLY ACTIVE 2,6-BISAMINOMETHYLPYRIDINE DERIVATIVE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF

OPTICALLY ACTIVE 2,6-BISAMINOMETHYLPYRIDINE DERIVATIVE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF commons meetings

Patent code P07P005060
File No. TOYO-06006P
Posted date Feb 15, 2008
Application number P2006-195022
Publication number P2008-024596A
Patent number P5232989
Date of filing Jul 18, 2006
Date of publication of application Feb 7, 2008
Date of registration Apr 5, 2013
Inventor
  • (In Japanese)柴富 一孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title OPTICALLY ACTIVE 2,6-BISAMINOMETHYLPYRIDINE DERIVATIVE, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND USE THEREOF commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an optically active amine compound useful as a ligand for achieving a high asymmetry yield in various asymmetric synthesis reactions using an organometallic complex catalyst, for example, an asymmetric fluorination reaction of β-ketoester compound.
SOLUTION: The optically active amine compound is represented by chemical formula (1) (R1, R2, R3 and R4 are each a hydrogen atom or a hydroxy group or an aryl group which may be substituted).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


有機金属錯体触媒を用いた各種の不斉合成反応の開発は,様々な光学活性化合物の選択的な合成法の研究として活発に行われている。かかる不斉合成反応において高い不斉収率を達成するためには、反応に使用する触媒を構成する配位子の分子設計が重要である。なかでも光学活性含窒素化合物はその窒素原子の金属への高い配位力から種々の不斉反応へ用いられてきた(非特許文献1参照)。近年,カルボニル化合物の不斉フッ素化反応への光学活性錯体触媒の適用が盛んに研究されてきており,柴田らが高い不斉収率の達成を報告している(非特許文献2参照)。



【非特許文献1】
Chem.Rev.,100,2159-2231(2000)
【非特許文献2】
Angew.Chem Int. Ed.,44,4204-4207(2005)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は,医薬,農薬等の合成中間体として有用な光学活性化合物を与える不斉触媒反応およびその触媒である光学活性2,6-ビスアミノメチルピリジン誘導体,更にはその触媒の製造法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
化学式(1)で示される光学活性アミン化合物。
化学式(1)


(化学式(1)中,R1、R2、R3、R4は水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアラルキル基、アシル基、アルコキシカルボニル基、三置換シリル基から選ばれる保護基で保護されていてもよい水酸基、またはアリール基を表す)

【請求項2】
 
化学式(2)で示されるビスブロモメチルビナフチル化合物と2,6-ビス(アミノメチル)ピリジンを塩基存在下で作用させ,請求項1に記載の化学式(1)で示される光学活性アミン化合物を製造する方法。
化学式(2)


(化学式(2)中,R5、R6は水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基、置換基を有していてもよいアラルキル基、アシル基、アルコキシカルボニル基、三置換シリル基から選ばれる保護基で保護されていてもよい水酸基、またはアリール基を表す)

【請求項3】
 
不斉触媒反応において、請求項1に記載の化学式(1)で表される光学活性アミン化合物に金属を配位してなる錯体の触媒としての使用。

【請求項4】
 
請求項3の使用における不斉触媒反応がβケトエステル化合物の不斉フッ素化反応である、請求項1に記載の化学式(1)で表される光学活性2,6-ビスアミノメチルピリジン誘導体に金属を配位してなる錯体の触媒としての使用。

【請求項5】
 
請求項1に記載の化学式(1)で表される光学活性アミン化合物に金属を配位してなる錯体であることを特徴とする不斉触媒反応において使用される触媒。

【請求項6】
 
請求項1に記載の化学式(1)で表される光学活性2,6-ビスアミノメチルピリジン誘導体に金属を配位してなる錯体を触媒として使用した不斉フッ素化反応により、βケトエステル化合物から光学活性α-フルオロ-β-ケトエステルを製造することを特徴とする光学活性α-フルオロ-β-ケトエステルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

20237_22SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close