Top > Search of Japanese Patents > PARAFFIN PIECE PRESERVATION SHEET

PARAFFIN PIECE PRESERVATION SHEET

Patent code P07A013119
File No. 524
Posted date Feb 22, 2008
Application number P2006-059424
Publication number P2007-240185A
Patent number P4802325
Date of filing Mar 6, 2006
Date of publication of application Sep 20, 2007
Date of registration Aug 19, 2011
Inventor
  • (In Japanese)椙村 春彦
  • (In Japanese)五十嵐 久喜
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学
Title PARAFFIN PIECE PRESERVATION SHEET
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a paraffin piece preservation sheet formed by fixing a paraffin tissue piece of a mammal embedded in a paraffin on a fiber sheet.
SOLUTION: Handling at the preservation time is simplified by using the fiber sheet instead of a slide glass, and the paraffin tissue piece is returned into water in the fixed state on the fiber sheet and dipped up again by the slide glass as the need arises, to thereby acquire the slide glass on which the tissue is pasted completely similarly to hitherto. This paraffin piece preservation sheet is characterized by fixing the paraffin tissue piece of a mammal embedded in a paraffin having the thickness of 3-20 μm on one surface of the fiber sheet and filtering it for 5-20 seconds. The filtration time is a time required for sucking and filtering distilled water of 100 ml at 50 mmHg by a vacuum pump (BIO CRAFT BC-651) through a circular filtration surface having the diameter of 47 mm by using a filter holder (IWAKI:GFH-47).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


病理診断用の組織標本は、パラフィン包埋されたパラフィン組織切片をミクロトームにより3~20μmで薄切し、水槽に浮かべた切片をスライドグラスで拾い、温浴槽で"湯伸ばし"(切片の剥離防止のため切片のしわを伸ばす)した後、37℃で乾燥させて使用することが行なわれている。この切片は、後になってから詳細に検討するために、予め何十枚も薄切しておき、スライドグラスに貼り付けて使用時まで保管することがよく行われている。特に、脳や心臓などそのままの大きさで薄切(大割切片)する場合などは1枚の薄切作業に大変に手間がかかるため、予備の切片を準備しておくことは多くの検査室では必須である。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、繊維シート上にパラフィン包埋された哺乳類のパラフィン組織切片が固着されてなるパラフィン切片保存シートに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
繊維シートの片面に厚さが3~20μmのパラフィン包埋された哺乳類のパラフィン組織切片が固着されてなるパラフィン切片保存シートであって、該繊維シートのろ過時間が5~20秒であることを特徴とする、但し、該ろ過時間とは、フィルターホルダー(IWAKI:GFH-47)を使用し、該繊維シートの径47mmの円状シート面において、100mlの蒸留水を真空ポンプ(BIO CRAFT BC-651)により50mmHgで吸引しろ過するに要する時間をいう、パラフィン切片保存シート。

【請求項2】
 
水で湿潤した前記繊維シート上に載せた前記哺乳類のパラフィン組織切片を乾燥させることにより得られた請求項1に記載のパラフィン切片保存シート。

【請求項3】
 
前記水で湿潤した該繊維シート上に載せた前記哺乳類のパラフィン組織切片が、該繊維シートを水槽中に浸し、該哺乳類のパラフィン組織切片を該水槽に浮かべ、該水槽に浮かべた前記哺乳類のパラフィン組織切片を該繊維シートで掬い取ることにより得られた請求項2に記載のパラフィン切片保存シート。

【請求項4】
 
前記繊維シートがJIS P 3801の1種のろ紙である請求項1~3のいずれか一項に記載のパラフィン切片保存シート。

【請求項5】
 
前記繊維シートが白色以外の色に着色された請求項4に記載のパラフィン切片保存シート。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mai if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close