Top > Search of Japanese Patents > TUMOR MARKER

TUMOR MARKER meetings

Patent code P07P005090
File No. TOYAMA-PS06N03JP
Posted date Feb 22, 2008
Application number P2006-218276
Publication number P2008-035836A
Patent number P5145549
Date of filing Aug 10, 2006
Date of publication of application Feb 21, 2008
Date of registration Dec 7, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小泉 桂一
  • (In Japanese)北條 荘三
  • (In Japanese)常山 幸一
  • (In Japanese)塚田 一博
  • (In Japanese)済木 育夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title TUMOR MARKER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tumor marker, especially a cancer marker, and to provide a screening method of a new anticancer agent by using the tumor marker.
SOLUTION: CXCL16 is highly expressed not only in colon cancer but also in human lung cancer, breast cancer or the like, and measured in the body fluid to enable the CXCL16 to be used as a new marker for judging the presence or absence of the onset, the degree of the progress, and the condition of the prognosis of the cancer. The CXCL16 exhibits dye-affinity limited to a highly manifested cancer part in immunostaining, and the expression is recognized to have correlation with lymphocytic infiltration. The strong expression group is good in prognosis, and the CXCL16 is highly useful as the prognosis marker.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ケモカインは、細胞遊走を誘導する分子群であり、N末端保存されている2つのシステインの位置から、CXC、CCなど4グループに分類されている。
ケモカインとがんに係るものとして、CXCR4/CXCL12、CCR7/CCL21などががんの転移に関与していることが報告されている(非特許文献1)。
CXCL16は、スカベンジャー受容体活性とリンパ球遊走活性を有する特異的な膜結合型ケモカインである。このCXCL16の発現とがんとの関係について、CXCL16はヒト直腸がんに浸潤している免疫細胞に発現しているが、がん組織では発現が低下することが報告されている。(非特許文献2)
腫瘍マーカーには糖タンパク質、ホルモン、酵素など多くの種類があり、CEA(がん胎児性抗原)、CA19-9、CA50、Span-1、Dupan-2などが臨床応用されている。しかし、例えば、大腸がんのマーカーとして汎用されるCEAやCA19-9などは、肝炎や膵炎といった消化器系の炎症でも高値を示すなどするため、さらなるがんマーカーの探索が行われている。
また、一つの腫瘍マーカーだけでがんの有無や悪性度を判定することは実際上不可能であり、他種のマーカーとの併用およびレントゲン、CT、MRI等による診断との組み合わせが重要となる。
すなわち、がん特異性およびがんの悪性度、転移性、大きさ、予後に相関する新規の腫瘍マーカーが多数開発されればされるほど、がんの診断は正確性を増すといえる。



【非特許文献1】
医学のあゆみ、別冊(4月)、141-144(2006)
【非特許文献2】
Int. J. Mol. Med, 14(1), 65-69(2004)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ケモカインCXCL16の発現量を指標としてがんの予後の状況を判検査する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ケモカインCXCL16の発現量を指標とする大腸がんの予後の状況を検査する方法。

【請求項2】
 
抗ケモカインCXCL16抗体を用いてケモカインCXCL16を検出する請求項1の検査する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close