Top > Search of Japanese Patents > HIGHLY CORROSION-RESISTANT MAGNESIUM ALLOY AND ITS PRODUCTION METHOD

HIGHLY CORROSION-RESISTANT MAGNESIUM ALLOY AND ITS PRODUCTION METHOD meetings

Patent code P07P005374
File No. 06024P
Posted date Feb 22, 2008
Application number P2006-217864
Publication number P2008-038233A
Patent number P4961552
Date of filing Aug 10, 2006
Date of publication of application Feb 21, 2008
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)竹中 俊英
  • (In Japanese)川上 正博
  • (In Japanese)小野 敬美
  • (In Japanese)楢崎 裕治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title HIGHLY CORROSION-RESISTANT MAGNESIUM ALLOY AND ITS PRODUCTION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problems that a practical magnesium alloy having sufficient corrosion resistance is not obtained by a conventional technology although a method for covering the surface of the alloy with an oxide is applied in order to enhance the corrosion resistance of the practical magnesium alloy, the environment load is large because an harmful substance is used or the like, the performance of the alloy is deteriorated by recycling, and an acceptable method for treating waste materials is not found.
SOLUTION: A magnesium alloy having good corrosion resistance is obtained by forming an oxide layer containing both elements of magnesium and a rare earth metal on the surface of a magnesium alloy to be treated. The oxide layer is formed by dipping the magnesium alloy to be treated in an aqueous solution containing both components of magnesium nitrate and a nitrate of a rare earth metal. In such method, no harmful component is used, the environment load is small, the recyclability is also good, waste materials can be treated without any problem, and reutilization is also possible.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マグネシウム材料は、軽量かつ高比強度の材料として実用に供されている。また、比較的融点が低く、融解エネルギーが小さいため、リサイクル性も優れているとされる。構造用部材や構成用部材として用いられるマグネシウム材料は、全てアルミニウムや亜鉛などが添加されたマグネシウム合金である。



このような合金元素の添加は、機械的特性や耐食性の向上を目的としているが、合金化によってもマグネシウム材料の耐食性は十分とは言えない。このため、さらに塗装等の表面処理が通常行われており、マグネシウム合金上に酸化物層を形成する方法もよく用いられている。現行の酸化物層形成法として、クロメート処理(例えば、非特許文献1参照。)やフッ化物を含有する酸化物層形成処理法(例えば、非特許文献2参照。)が実用に供されている。
【非特許文献1】
増田善彦:「マグネシウムの化成処理と管理 現場からの技術論25」、アルトピア、30巻11号、27-31頁、2000年.
【非特許文献2】
梅原博行、高谷松文:「マグネシウム合金のクロムフリー化成処理 技術」、日本金属学会講演概要、134巻、486頁、2004年.



クロメート処理はクロム溶液を製造段階で用い、また表面酸化物層にもクロムが含有されるため、環境負荷が大きい方法である。また、クロメート処理されたマグネシウム合金をそのままリサイクルした場合、リサイクル材へのクロムの混入が避けられない。これは、再融解時にクロム酸化物が容易にマグネシウム金属により還元されるためである。



マグネシウム金属中にクロムが混入した場合、少量でもマグネシウム金属の耐食性を著しく劣化させることが知られており(例えば、非特許文献3参照。)、リサイクル材の特性を大幅に劣化させる可能性が大きい。このため、予め表面のクロメート層を除去する必要があるが、これには多くの手間を必要とし、リサイクル材のコストアップ要因となる。
【非特許文献3】
J.D.Hanawalt, C.E.Nelson and J. A.Peloubet: Trans.AIME.147(1942)273-299.



フッ化物含有酸化物層形成処理では、製造段階で有害なフッ化物水溶液を用いており、環境負荷が大きい。また、リサイクル時にはフッ化物を含む酸化物ドロスが形成されるため、これを安全に処理する必要性が生じる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、表面にマグネシウムと希土類金属の両元素を含む酸化物層を形成することにより耐食性を向上させた、マグネシウム合金およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
マグネシウム合金の表面にマグネシウムと希土類金属の両元素を含む酸化物層を有する高耐食性マグネシウム合金であって、前記酸化物層は、硝酸マグネシウムおよび硝酸ランタンを含む水溶液にマグネシウム合金を浸漬した後、乾燥させて該マグネシウム合金の表面に形成してなる酸化物層であることを特徴とする高耐食性マグネシウム合金。

【請求項2】
 
マグネシウム合金を、硝酸マグネシウムと硝酸ランタンの両成分を含む水溶液に浸漬した後、乾燥させて該マグネシウム合金の表面に酸化物層を形成することを特徴とする請求項1に記載の高耐食性マグネシウム合金の製造方法。

【請求項3】
 
前記水溶液は、硝酸マグネシウムと硝酸ランタンの濃度が、各々0.0001から0.01mol/dm3の範囲である水溶液であり、水溶液への浸漬時間が1から24時間の範囲であることを特徴とする請求項2に記載の高耐食性マグネシウム合金の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006217864thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close