Top > Search of Japanese Patents > REFRACTIVE INDEX MEASURING DEVICE USING GOLD DEPOSITION OPTICAL FIBER

REFRACTIVE INDEX MEASURING DEVICE USING GOLD DEPOSITION OPTICAL FIBER meetings

Patent code P07A013139
Posted date Mar 10, 2008
Application number P2002-357530
Publication number P2004-191110A
Patent number P3991072
Date of filing Dec 10, 2002
Date of publication of application Jul 8, 2004
Date of registration Aug 3, 2007
Inventor
  • (In Japanese)満塩 勝
  • (In Japanese)肥後 盛秀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title REFRACTIVE INDEX MEASURING DEVICE USING GOLD DEPOSITION OPTICAL FIBER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a refractive index measuring method and a device having a simple optical system having no angle dependency, and having high accuracy, high sensitivity and excellent reproducibility, and to manufacture a sensor having higher sensitivity to amine by developing an inexpensive refractometer manufacturable in large quantity and by forming a sensitive film layer.
SOLUTION: The sensor respondent to a refractive index can be organized by forming a gold thin layer on the optical fiber surface. In this case, the sensor having a uniform quality can be manufactured by devising a manufacturing method of the gold thin film. The sensor having greatly improved sensitivity to a specific material can be manufactured by forming the sensitive film layer on this gold deposition optical fiber. This simple and easily-handleable refractive index measuring device can be organized by forming an optical system by using laser light as a light source and using a mono-spherical lens.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


特開2001-083084号(以下特許文献1という)に光ファイバーによる溶液の屈折率測定法があり、「入射光に角度幅を持たせると、光伝達の原理よりファイバー周囲の液体の屈折率に応じた一定の入射角内の光線しか伝達されず、それ以上の入射角の光線はファイバーから漏れる原理に基づくものである。」という記載がある。



学術論文Analytical Sciences、17巻Supplement、i1721~i1723ページ、2001年(以下非特許文献1という)に、露出させたコアを90度ずつ回転させ、金蒸着を4回繰り返した光ファイバーを用いたセンサーによるアルコールの屈折率測定が行われている。



学術論文Analytical Sciences、18巻261~265ページ、2002年(以下非特許文献2という)に、センサーチップ上に被覆膜層を形成した表面プラズモン共鳴センサーによるアミンの高感度検出が行われている。



【特許文献1】
特開2001-083084号公報(第2頁)
【非特許文献1】
満塩勝、他2名、「Construction of a Gold-Coated Optical Fiber System and Analysis of Alcohols」、Analytical Sciences、日本分析化学会、平成14年4月、第17巻、増刊号、PP.i1721-i1723
【非特許文献2】
西村聡、満塩勝、他3名、「Application of a Surface Plasmon Resonance Sensor to Analyses of Amine Compounds with the Use of a Polymer Film and an Acid-base Reaction」、Analytical Sciences、日本分析化学会、平成14年3月、第18巻、第3号、PP.261-265

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金を蒸着した光ファイバーを備えた屈折率センサー、屈折率測定装置及び屈折率センサーの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  長さ方向の一部において、被覆層が除去されてコアが露出した光ファイバーを有する屈折率センサーであって、
前記コアの前記被覆層から露出した部分の半周面のみが金膜により覆われていることを特徴とする屈折率センサー。
【請求項2】
  前記金膜上に形成された感応膜を有することを特徴とする請求項1に記載の屈折率センサー。
【請求項3】
  請求項1又は2に記載の屈折率センサーと、
前記金膜に向けて試料を供給する試料供給手段と、
前記光ファイバー中を伝達する光の量の変化を検出することにより、前記試料の屈折率を特定する検出手段と、
を有することを特徴とする屈折率測定装置。
【請求項4】
  光ファイバーの長さ方向の一部において、被覆層を除去することにより、コアを露出させる工程と、
前記コアの前記被覆層から露出した部分の半周面のみを覆う金膜を形成する工程と、
を有することを特徴とする屈折率センサーの製造方法。
【請求項5】
  前記金膜上に感応膜を形成する工程を有することを特徴とする請求項4に記載の屈折率センサーの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002357530thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close