Top > Search of Japanese Patents > MICROORGANISM CAPABLE OF CLEANING ACTUALLY CONTAMINATED SOIL IN GOOD EFFICIENCY AND METHOD OF CLEANING

MICROORGANISM CAPABLE OF CLEANING ACTUALLY CONTAMINATED SOIL IN GOOD EFFICIENCY AND METHOD OF CLEANING

Patent code P07A013223
File No. 2005-026
Posted date Mar 14, 2008
Application number P2005-330580
Publication number P2007-135425A
Patent number P4836552
Date of filing Nov 15, 2005
Date of publication of application Jun 7, 2007
Date of registration Oct 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)久保 幹
  • (In Japanese)今田 雄司
  • (In Japanese)下田 勝
Applicant
  • (In Japanese)学校法人立命館
  • (In Japanese)日工株式会社
Title MICROORGANISM CAPABLE OF CLEANING ACTUALLY CONTAMINATED SOIL IN GOOD EFFICIENCY AND METHOD OF CLEANING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bio-remediation technology suitable for cleaning actually contaminated soil.
SOLUTION: The microorganisms belonging to the genus Rhodococcus or Gordonia has a capacity of making the number of soil bacteria at or more than a prescribed value, obtained based on the DNA amounts per unit weight of specimen collected from the soil, and the method for screening the soil-cleaning microorganisms is provided by performing an evaluation of the microorganisms by taking the amounts of the DNA obtained based on the unit weight of the specimen as indices. Also, the method for soil-cleaning is provided by performing the soil-cleaning treatment by taking the number of the soil bacteria obtained based on the DNA amounts per unit weight of the specimen collected from the soil, as the indices.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


汚染土壌の浄化技術として、微生物の汚染物質分解能を利用したバイオレメディエーションが注目されている。バイオレメディエーションは、原位置での処理が可能であり、従来の物理的・化学的浄化技術と比較すると、10分の1のコストで処理を行うことが可能である。このような理由から、バイオレメディエーションは、今後の主要な土壌浄化技術の一つとして特に重視されている。



バイオレメディエーションで利用される土壌バクテリアは、汚染源を分解する働きをするが、それと同時に汚染源の毒性の影響も受ける。そのため、バイオレメディエーションを効率よく行うためには、土壌の汚染状況の把握と並び、土壌バクテリアの働きを把握することが重要である。



土壌バクテリアの検出方法としては、プレート法やDAPI(4',6diamino-2-phenylindole dihydrochloride)染色法等が知られている。しかしながら、プレート法によるバクテリアの検出は、操作が煩雑で時間がかかる上、実際に存在する微生物の0.1~1%程度しか検出できず、特定の微生物の状況が把握できるに過ぎない。また、DAPI染色法によるバクテリアの検出は、操作が煩雑で時間がかかる。これに対し、最近、土壌等の環境から採取した試料からDNAを抽出し、該DNA量を定量して得られる環境DNA量を指標として、簡潔かつ迅速に、環境特性を診断する方法が報告されている(特許文献1参照)。



一方、模擬汚染土壌において、炭化水素や油分に対する分解能が確認された微生物がこれまで報告されている(特許文献2~4参照)。



しかし、模擬汚染土壌と比較し、実際の汚染土壌のバイオレメディエーションでは、汚染物質の組成の変化や土壌中の微生物叢、ラージスケールでのバイオレメディエーションの浄化作用など、ラボスケールの模擬汚染土壌とは大きく異なる点を含む。



そのため、ラージスケールの実汚染土壌の浄化等の実用化により適したバイオレメディエーション技術の開発が望まれている。
【特許文献1】
特開2004-337027号公報
【特許文献2】
特開2003-102469号公報
【特許文献3】
特開2004-113197号公報
【特許文献4】
特開2004-121068号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、微生物を用いた土壌浄化技術に主に関する。より詳細には、実汚染土壌を効率よく浄化する微生物および浄化方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
土壌浄化能力を有するロドコッカスsp. RN1 (Rhodococcus sp. RN1)株(独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センター受託番号FERM P-20708)。

【請求項2】
 
土壌浄化能力を有するゴルドニアsp. RN2(Gordonia sp. RN2)株(独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センター受託番号FERM P-20709)。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の微生物を対象土壌に投入することを特徴とする土壌浄化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

20663_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close