Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF SEPARATING ASPHALT MIXTURE, AND DEVICE CAPABLE OF EXECUTING METHOD

METHOD OF SEPARATING ASPHALT MIXTURE, AND DEVICE CAPABLE OF EXECUTING METHOD

Patent code P07A013235
File No. NUBIC-2005000081
Posted date Mar 14, 2008
Application number P2005-361747
Publication number P2007-163351A
Patent number P5046199
Date of filing Dec 15, 2005
Date of publication of application Jun 28, 2007
Date of registration Jul 27, 2012
Inventor
  • (In Japanese)秋葉 正一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title METHOD OF SEPARATING ASPHALT MIXTURE, AND DEVICE CAPABLE OF EXECUTING METHOD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method that has a removal ratio of asphalt from aggregate and can reuse the separated aggregate and asphalt as a separating method of an asphalt mixture.

SOLUTION: The asphalt mixture 2 and water 3 are put into a closed vessel 1, the temperature in the vessel is increased to 300 °C or higher, the pressure is increased to 20 MPa or higher, the asphalt mixture is made to react with water in a subcritical state or super-critical state, then the closed vessel 1 is cooled gradually from its upper part, thereby separating the asphalt mixture into the aggregate and asphalt.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


道路舗装で使用されるアスファルト混合物は、品質管理上、骨材(砂利や砂)の粒度分布を測定することが義務づけられている。この測定のために、アスファルト混合物を骨材とアスファルトに分離する必要がある。この分離方法として、従来は、アスファルト混合物を溶媒に接触させて、アスファルトを溶媒中に移行させる方法(抽出法)が採用されている。溶媒として以前は1,1,1-トリクロロエタンが用いられていたが、人体や環境に対する安全性への配慮から、最近では柑橘系溶剤が使用されている。しかし、柑橘系溶剤では、アスファルトの種類によっては、良好な抽出結果が得られない場合がある。
そのため、本件の発明者等は、温度が300~450℃、圧力が30~45MPaである高温高圧状態の水に、アスファルト混合物を接触させて反応させることで、アスファルトが付着している骨材からアスファルトを除去する研究を行ってきた(下記の非特許文献1および2を参照)。




【非特許文献1】秋葉正一、栗谷川裕造、アスファルト混合物のバインダー除去に関する基礎研究、第2回 日本大学生産工学部 学術フロンティア・リサーチ・センター研究発表講演会 講演概要集、日本大学生産工学部生産工学研究所、平成16年8月20日、p.13-14

【非特許文献2】秋葉正一、栗谷川裕造、アスファルト混合物のバインダー除去に関する基礎研究(その2)、第3回 日本大学生産工学部 学術フロンティア・リサーチ・センター研究発表講演会 講演概要集、日本大学生産工学部生産工学研究所、平成17年3月18日、p.11-12

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、アスファルト混合物を骨材とアスファルトとに分離する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アスファルトと骨材との混合物であるアスファルト混合物と水を密閉容器に入れて、容器内の温度を300℃以上、圧力を20MPa以上にすることで、亜臨界状態または超臨界状態の水とアスファルト混合物を反応させた後に、前記容器の上部から段階的に冷却することにより、アスファルト混合物を骨材とアスファルトとに分離することを特徴とするアスファルト混合物の分離方法。

【請求項2】
 
内部の温度を300℃以上に、圧力を20MPa以上に保持でき、内部の温度を検出できるように構成された密閉容器と、この容器を段階的に昇降する昇降装置と、この容器を上側から入れて加熱する加熱装置と、前記容器の冷却装置と、を備え、
前記容器の蓋の内側にU字状部材が固定されていることを特徴とするアスファルト混合物の分離装置

【請求項3】
 
内部の温度を300℃以上に、圧力を20MPa以上に保持でき、内部の温度を検出できるように構成された密閉容器と、この容器を段階的に昇降する昇降装置と、この容器を上側から入れて加熱する加熱装置と、前記容器の冷却装置と、を備え
前記容器内に配置される金網をさらに備え、
前記金網は、この金網の面が前記容器内の水面に合うように設置されることを特徴とするアスファルト混合物の分離装置
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
  • Treatment operation
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005361747thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close