Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DEMULSIFICATION OF WATER-IN-OIL TYPE EMULSION USING ELECTRIC FIELD

METHOD FOR DEMULSIFICATION OF WATER-IN-OIL TYPE EMULSION USING ELECTRIC FIELD

Patent code P07P005377
File No. 06051P
Posted date Mar 14, 2008
Application number P2006-228101
Publication number P2008-049267A
Patent number P4961553
Date of filing Aug 24, 2006
Date of publication of application Mar 6, 2008
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)中野 道彦
  • (In Japanese)水野 彰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title METHOD FOR DEMULSIFICATION OF WATER-IN-OIL TYPE EMULSION USING ELECTRIC FIELD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem of conventional demulsification methods using electric field that electrodes for generating electric field have to be disposed in a container and it is difficult to dispose the electrodes in the case of small containers to be used in biochemical fields, and that a solution is contaminated with electrode materials or a solution is electrolyzed because the electrodes are always brought into contact with the solution in the conventional methods.

SOLUTION: Demulsification of a water-in-oil type emulsion can be carried out in a non-contact manner by applying electric field, preferably alternating current electric field, from the outside of a container. That is, electric field generated by applying voltage to electrodes set in the outside of a container made of a dielectric is applied to the water-in-oil type emulsion kept in the container to carry out demulsification.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


油中水型エマルジョンの解乳化の代表的な方法は遠心分離である。これは,水成分と油成分との比重の差を利用し、遠心力によって,それらを分離する方法である。また特定の解乳化剤を加える方法(特公開平6-128558)やフィルター(特許公開2006-43487,特公開2005-199140)を用いる方法がある。



電界を用いた解乳化法も提案されている(特公開平10-43504,特公開平7-24212,非特許文献1、非特許文献2)。遠心法以外の方法は,比較的大きな容量(例えば,1~数リットル)で分離を行うための手法である。




【非特許文献1】J.S.Eow et al.,Chem.Eng.J.,85,357-368,2002

【非特許文献2】J.S.Eow, et al.,Chem.Eng.J.,84,173-192,2001

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は油中水型エマルジョンを解乳化する技術に関する。油中水型エマルジョンの解乳化技術は、例えば,廃油中からの水分の除去、原油中に含まれる水分の除去などに利用される。また,近年,生化学,生物学的な反応場に油中水型エマルジョンを利用する研究が行われている。そこでは油中水型エマルジョンを構成する微小水滴内で反応させた物質を回収する際,油中水型エマルジョンの解乳化技術を必要とする。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
誘電体からなる容器に保持された油中水型エマルジョンを該容器の外側に設置され、該容器内に貯留される油中水型エマルジョンの液面近傍に配置される一方の電極とその一方の電極の上方に配置される他方の電極とからなる一対の電極に電圧を印加して形成した電界を作用させることによって解乳化する方法。

【請求項2】
 
前記誘電体からなる容器が、合成高分子もしくはガラスで形成された容器で、かつその容量が0.1ミリリットルないし10ミリリットルである請求項1に記載の油中水型エマルジョンを解乳化する方法。

【請求項3】
 
電界を形成するために印加する電圧が交流電圧である請求項1又は請求項2に記載の油中水型エマルジョンを解乳化する方法。
Industrial division
  • Treatment operation
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006228101thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close