Top > Search of Japanese Patents > TOOL FOR APPLYING DRUG FOR EXTERNAL USE

TOOL FOR APPLYING DRUG FOR EXTERNAL USE

Patent code P07P005977
File No. 204-549
Posted date Mar 28, 2008
Application number P2006-238661
Publication number P2008-055088A
Patent number P4171809
Date of filing Sep 4, 2006
Date of publication of application Mar 13, 2008
Date of registration Aug 22, 2008
Inventor
  • (In Japanese)森上 徹也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 香川大学
Title TOOL FOR APPLYING DRUG FOR EXTERNAL USE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that a treatment is extremely hard for a patient living alone without a family, etc., concerning correct external application for a skin disease in a back part though the external application of a drug is actually left to the patient himself/herself since the application of the drug for external use is the core element of the treatment in a dermatological clinical case.
SOLUTION: The tool for applying drug for external use includes; a handle part at one end of an arm; and a drug holding part positioned at the opposite end part via the arm. When outer pressure is acted to the side surface or tail part of a container for drug for external use, the drug for external use is squeezed from the container, so as to be applied onto the skin of an affected area.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


皮膚科の臨床において、外用剤の塗布は治療の根幹をなすものである。実際の薬剤の塗布は患者本人に委ねられているが、背部の皮膚病への正確な外用は、患者にとって難しく、家族などに外用介助をしてもらうことになる。しかし一人暮らしなどで家族がいない患者では、治療が困難を極める。従来、患者はあり合わせの補助具(孫の手、定規など)を使って背中に外用しているが、これらの器具では外用剤を容器から補助具に塗り、さらに背中に塗布するという煩雑さが伴っていた。



このような課題を解決するために、特開平9-225038では、ハンドルの反対側端部に薬を配置し、手の届かないところに薬を塗布する器具が開示されている。また、特開平11-76421では、同様な目的で薬を塗布する器具に関して衣服が汚れないように薬の周囲を覆うカバーを設け患部において解放するための器具が開示されている。
【特許文献1】
特開平9-225038号公報
【特許文献2】
特開平11-76421号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、手の届かない背中部位などの患部に他人の手を借りないで確実に軟膏または、ローションなど外用剤(以下、薬ともいう)を塗布する器具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アームの一端にあるハンドル部と、前記アームを介して前記ハンドル部の反対側の端部に位置する外用剤容器保持部を有する外用剤塗布器具において、
前記アーム部の内部にはワイヤーが配置され、
当該ワイヤーの一端側は、前記ハンドル部の近傍に設けられ、前記ハンドル部に配置されたボタンまたはハンドルを操作することにより、当該ワイヤーを前記アーム部の長手方向に沿って前記ハンドル部の方向に引くワイヤー引っ張り手段に接続され、当該ワイヤーの他端側は、前記外用剤容器保持部の内部に設けられ、前記外用剤容器の側面に外圧を作用させる機械的機構に接続され、
前記ワイヤー引っ張り手段により引っ張られた前記ワイヤーの動きが前記機械的手段によって前記外用剤容器の側面に外圧を加える力に変換され、当該外圧を作用させることにより前記外用剤容器から外用剤を絞り出し、当該外用剤を塗布することを特徴とする外用剤塗布器具。

【請求項2】
 
前記外用剤が液体である場合において、前記機械的機構が、前記外用剤容器の側面を両側から把持する一対の対向する外用剤絞り出し具であり、前記ワイヤー引っ張り手段により引っ張られた前記ワイヤーの動きに応じて、前記ワイヤーに接続された当該対向する外用剤絞り出し具の一端が引かれ、その間隔が狭められることにより、前記外用剤容器の側面が押圧されることを特徴とする請求項1記載の外用剤塗布器具。

【請求項3】
 
前記外用剤が軟膏である場合において、前記機械的機構が、前記外用剤容器の尾部側から外用剤排出口側に圧力が加わった状態で前記外用剤容器の側面を両側から押圧し、前記引っ張られたワイヤーの動きを回転力に変換して回転することにより前記外用剤を絞り出す一対の対向する外用剤絞り出しロールであることを特徴とする請求項1記載の外用剤塗布器具。

【請求項4】
 
前記外用剤絞り出しロールが、前記外用剤容器保持部の内壁に前記外用剤容器の尾部側から前記外用剤排出口側にかけて設けられた一対の台座レールガイドに沿ってそれぞれ移動可能に設けられた台座に固定され、前記外用剤絞り出しロールは前記台座とともに前記外用剤を絞り出す方向に移動可能であることを特徴とする請求項3記載の外用剤塗布器具。

【請求項5】
 
前記外用剤容器の外用剤排出口の近傍に設けられ、絞り出された前記外用剤を浸透させるスポンジからなる外用剤塗布ローラーをさらに有し、前記外用剤を当該外用剤塗布ローラーへ浸透させた後に当該外用剤塗布ローラーを患部に密接させて当該外用剤を患部に塗布することを特徴とする請求項2記載の外用剤塗布器具。

【請求項6】
 
絞り出された前記外用剤をその表面に付着させるローラーまたはボールをさらに有し、当該ローラーまたはボールの回転によって患部に当該外用剤が塗布されることを特徴とすることを特微とする請求項1または請求項2のいずれか1項記載の外用剤塗布器具。

【請求項7】
 
前記外用剤保持部と前記アームとの間の角度が調整可能であることを特徴とする請求項1~6のいずれか1項記載の外用剤塗布器具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006238661thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close