Top > Search of Japanese Patents > SOLAR ENERGY UTILIZATION EQUIPMENT AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

SOLAR ENERGY UTILIZATION EQUIPMENT AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

Patent code P08A013297
File No. 267-622
Posted date Apr 4, 2008
Application number P2006-178359
Publication number P2008-007365A
Patent number P4654443
Date of filing Jun 28, 2006
Date of publication of application Jan 17, 2008
Date of registration Jan 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)小川 一文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 香川大学
Title SOLAR ENERGY UTILIZATION EQUIPMENT AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide solar energy utilization equipment enabling to improve utilization efficiency of solar energy and prevent deterioration with time due to dirt, and a method for manufacturing the same.
SOLUTION: This solar energy utilization equipment for a solar cell 13 or the like the surface of which is covered by water-repelling uneven monomolecular film is manufactured by preparing a transparent particulate with water-repellent or oil-repellent coating film, dispersing it in a solution containing a metal alkoxide, applying the obtained dispersion on the surface of a glass substrate 5, drying and heat treating it to form a water-repellent, oil-repellent and antifouling film 12 on the surface of the glass substrate 5 on which the transparent particulates are bound and fixed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



一般に、屋外に設置された太陽電池の発電効率や太陽熱温水器、温室等の集熱効率が、大気中の粉塵や雨による汚れにより経年劣化することはよく知られている。
一方、フッ化炭素基含有クロロシラン系の吸着剤と非水系の有機溶媒よりなる化学吸着液を用い、液相で化学吸着して単分子膜状の撥水撥油防汚性の化学吸着膜単分子膜を形成できることは、すでによく知られている(例えば、特許文献1参照)。
このような溶液中での化学吸着単分子膜の製造原理は、基材表面のヒドロキシル基などの活性水素とクロロシラン系の吸着剤のクロロシリル基との脱塩酸反応を用いて単分子膜を形成することにある。



【特許文献1】
特開平4-132637号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、耐久性があり、高性能な離水性(滑水性ともいう)があり、かつ入射光の表面反射低減効果がある、撥水撥油防汚性の被膜が光入射側透明基材表面に形成された太陽電池や太陽熱温水器、温室等の太陽エネルギー利用装置の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
表面が撥水性又は撥油性被膜で覆われた透明微粒子を調製する第1工程と、金属アルコキシドを含む溶液中に前記透明微粒子を分散した分散液を調製する第2工程と、前記分散液を透明基材の表面に塗布し乾燥する第3工程と、酸素を含む雰囲気中で前記分散液が塗布された透明基材を熱処理する第4工程と、前記第4工程で熱処理された透明基材の表面に撥水撥油防汚性被膜を形成する第5工程を有することを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記金属アルコキシドは、熱処理によりシリカ系ガラスを生成することを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1及び2のいずれか1項に記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記第4工程の熱処理温度が、250℃以上かつ、前記透明基材及び前記透明微粒子の融点以下であることを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項4】
 
請求項13のいずれか1項に記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記金属アルコキシドを溶かした溶媒が水系であり、前記第1工程の前記透明微粒子の表面を覆う被膜は撥水性であることを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項5】
 
請求項14のいずれか1項に記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記第5工程における前記撥水撥油防汚性被膜の形成は、(1)フッ化炭素基を有するトリアルコキシシラン誘導体及びシラノール縮合触媒、(2)フッ化炭素基を有するトリクロロシラン誘導体、及び(3)フッ化炭素基を有するイソシアネート誘導体のいずれかと有機溶媒とを含む膜形成溶液と、表面に前記透明微粒子を焼結固定させた前記透明基材とを接触させて行うことを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項6】
 
請求項5記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記膜形成溶液と前記透明基材の接触後、余分な膜形成溶液を洗浄除去することを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。

【請求項7】
 
請求項5及び6のいずれか1項に記載の太陽エネルギー利用装置の製造方法において、前記膜形成溶液は前記シラノール縮合触媒を含み、しかもケチミン化合物、有機酸、金属酸化物、アルジミン化合物、エナミン化合物、オキサゾリジン化合物、及びアミノアルキルアルコキシシラン化合物からなる群より選択される1又は複数の化合物を、助触媒として前記シラノール縮合触媒と共に用いることを特徴とする太陽エネルギー利用装置の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006178359thum.jpg
State of application right Registered
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close