Top > Search of Japanese Patents > AUXILIARY SURGICAL INSTRUMENT

AUXILIARY SURGICAL INSTRUMENT meetings

Patent code P08A013300
File No. M-006
Posted date Apr 4, 2008
Application number P2006-303439
Publication number P2007-260385A
Patent number P4734651
Date of filing Nov 9, 2006
Date of publication of application Oct 11, 2007
Date of registration May 13, 2011
Priority data
  • P2006-058353 (Mar 3, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)野瀬 清孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学
Title AUXILIARY SURGICAL INSTRUMENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an auxiliary surgical instrument, with which a puncture needle can be safely and correctly be pierced in a urinary incontinence surgery TOT.
SOLUTION: For using the auxiliary surgical instrument 31, a connection part 34 of the auxiliary surgical instrument 31 is engaged and fixed to a handle part 32 of the puncture needle 33. Meanwhile, a retaining member 35 of the auxiliary surgical instrument 31 is disposed and fixed at a perpendicular position to a tangent of a tip part 37 of the puncture needle 33. In this installation, a target sheath 36 becomes rotatable around the retaining member 35, and the direction of the tip part 37 of the puncture needle 33 coincides with the advance direction to make piercing of the puncture needle 33 smooth. Since the tip part 37 of the puncture needle 33 is securely guided to the target sheath 36, an operating doctor can correctly pierce the puncture needle 33.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


女性の尿失禁は、そのほとんどが腹圧性尿失禁とされている。この腹圧性尿失禁の女性は笑ったり、咳、くしゃみ及び標準的な運動などの通常の日常的な活動及び移動中に尿失禁する。



腹圧性尿失禁は尿道及び恥骨に結合する組織または靭帯の機能的な欠陥によって引き起こされ、その共通する要因としては、骨盤内の筋肉の反復性の緊張、出産、骨盤内の筋肉の緊張の喪失、及びアストロゲンの喪失がある。この腹圧性尿失禁に対する外科的治療法としては、TVT(Tension-free Vaginal Tape)手術が主流とされ、恥骨尿道靭帯という恥骨の両側と尿道の下を通る靭帯を想定し、ポリプロピレン繊維からなるテープを用いU字型に補強するものであるが、このテープを送達するためには膣を通して下腹部にいたる2つの比較的太く長寸の先端が尖ったシャフトを使用する必要があり、このシャフトを挿入する際には手探りによる作業となり膀胱、血管、筋肉、及び神経などの骨盤内の構造を損傷する虞があった。また、これらの損傷を防止するために膀胱鏡による視覚化を繰り返し行なう必要があり、手術に長時間を必要とするという欠点を有していた。



この問題点の対策として各種の提案がなされているが、いまだ根本的な解決手段とはなっていない(例えば特許文献1参照。)。



【特許文献1】
特表2004-509685号公報



そこで、現在上記TVT手術に替わる新たな手術法としてTOT(Trans Obturator Tape)手術が提案されている。この手術法は、下記の工程により構成される。



(1)麻酔を行なった後左右一対の閉鎖孔皮膚と膣前壁を切開する。(膣前壁は指が入るくらいの皮下トンネルをほる。)
(2)専用の穿刺針を閉鎖孔から穿刺し、恥骨の裏を通して膣前壁に出す。(この際指を皮下トンネルに入れ、穿刺針を誘導する。)
(3)穿刺針を膣前壁から膣に誘導させた後、穿刺針の先端部の溝にテープをかけ、穿刺針を皮膚外に引抜いてテープを閉鎖孔より引き出す。
(4)以上の操作を、他方の閉鎖孔側にも行い同様にテープを引き出す。
(5)閉鎖孔から引き出したテープの張力を微調整した後、皮膚、膣を縫合し手術終了。
尚、上記の手術法は閉鎖孔から膣に針を出す(アウトサイドイン)方法を示しており、逆に膣から閉鎖孔に出す(インサイドアウト)方法も同様な工程から実施される。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、女性の尿失禁を治療する手術TOT(Trans Obturator Tape)における穿刺針に使用する手術補助器具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
尿失禁手術用補助器具であって、穿刺用針を挿通する針固定シースと、該挿通された穿刺用針をさらに所定位置にて挿通可能とする目標シースと、前記針固定シースと目標シースとを離間して保持する保持とからなり、前記針固定シースと目標シースは前記穿刺針と同じ曲率にて形成され、前記保持具によって前記穿刺針と同じ立体曲面上に各々離間して配置されていることを特徴とする手術補助器具。

【請求項2】
 
前記針固定シースと目標シースは中空の筒状に形成されていることを特徴とする請求項1記載の手術補助器具。

【請求項3】
 
前記針固定シースと目標シースは前記穿刺針を挿通可能な溝部を有していることを特徴とする請求項1記載の手術補助器具。

【請求項4】
 
尿失禁手術用補助器具であって、穿刺針を保持する柄部に着脱可能に装着する接続部と、該接続部に前記穿刺針と離間し平行して取り付けられ、回動可能とされた保持具と、該保持具の先端に設けられ前記穿刺針を緩挿可能な目的シースとからなる手術補助器具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006303439thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close