Top > Search of Japanese Patents > IMAGE PROCESSING SYSTEM, IMAGE PROCESSING METHOD, AND PROGRAM

IMAGE PROCESSING SYSTEM, IMAGE PROCESSING METHOD, AND PROGRAM meetings

Patent code P08P005772
Posted date Apr 4, 2008
Application number P2006-251483
Publication number P2008-072636A
Patent number P4839442
Date of filing Sep 15, 2006
Date of publication of application Mar 27, 2008
Date of registration Oct 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)岩橋 政宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title IMAGE PROCESSING SYSTEM, IMAGE PROCESSING METHOD, AND PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To detect a water level only from a video signal with river or the like as an object without installing any object under water and to perform compression transmission of the video signal with quality based on a transmission line.
SOLUTION: A video processing/compressing unit 3 is provided in which space-time base decomposition is applied to a video image photographed by a fixed camera, obtained data are ranked and divided into a preferential hierarchy and a non-preferential hierarchy, the water level is detected based on the data of the preferential hierarchy, the data of the preferential hierarchy are encoded to output preferential compression data, and data of the non-preferential hierarchy are encoded to output non-preferential compression data. At a receiving side, the preferential compression data are decoded to reproduce a video image having low resolution, and the preferential compression data and the non-preferential compression data are decoded to reproduce a video image of high resolution. Thus, the water level can be detected only from the video signal without installing any object under water and compression transmission of the video image can be performed with quality corresponding to the transmission line.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


河川の氾濫による水害を事前に察知して水防活動に役立てるために、河川敷の各所に水位計や監視カメラを設置し、それらにより得られるデータを一箇所に集約するシステムが、国土交通省が設置するテレメータをはじめとして多数実現されている。また、傾斜模様が描かれた量水板を河川中に設置し、その量水板を含む画像を取り込んで画像処理を行うことで、水位計を設置せずに河川映像から河川の水位を検出する方法が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。



【特許文献1】
特開平9-161076号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、画像処理システム、画像処理方法、及びプログラムに関し、特に、撮影して得られる映像信号を圧縮符号化するとともに、映像信号に基づいて河川等の流水領域/非流水領域の認識を行う画像処理システムに用いて好適なものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
固定カメラを用いて撮影された流水領域及び非流水領域が含まれる映像が供給され、供給された映像を時間方向及び空間方向に基底分解する時空間基底分解手段と、
上記時空間基底分解手段により得られたデータを、上記流水領域と上記非流水領域の判別に係る有効性に応じて順位付けし優先階層と非優先階層に分類する階層化処理手段と、
上記階層化処理手段により分類された上記優先階層のデータ及び上記非優先階層のデータを符号化処理する符号化手段と、
上記階層化処理手段により分類された上記優先階層のデータに基づいて、映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割して水位を検出する水位計算手段とを備えることを特徴とする画像処理システム。

【請求項2】
 
上記時空間基底分解手段は、上記供給される映像に時間方向の基底分解を施す第1の基底分解手段と、
上記第1の基底分解手段により得られたデータに空間方向の基底分解を施す第2の基底分解手段とを備えることを特徴とする請求項1記載の画像処理システム。

【請求項3】
 
上記符号化手段は、通信回線の伝送帯域に応じて、上記優先階層のデータ及び上記非優先階層のデータをそれぞれ符号化処理して得られた優先圧縮データ及び非優先圧縮データ、又は上記優先圧縮データのみを出力することを特徴とする請求項1又は2記載の画像処理システム。

【請求項4】
 
上記固定カメラを用いて撮影された映像から上記流水領域及び非流水領域が含まれる領域映像を抽出して上記時空間基底分解手段に供給する領域抽出手段をさらに備えることを特徴とする請求項1~3の何れか1項に記載の画像処理システム。

【請求項5】
 
固定カメラを用いて撮影された流水領域及び非流水領域が含まれる映像を時間方向及び空間方向に基底分解して得られたデータを、上記流水領域と上記非流水領域の判別に係る有効性に応じて順位付けし優先階層と非優先階層に分類して、上記優先階層のデータ及び上記非優先階層のデータをそれぞれ符号化処理する装置から、上記優先階層のデータを符号化処理して得られた優先圧縮データを、通信回線を介して受信して復号処理する復号手段と、
上記復号手段で復号処理して得られた上記優先階層のデータに基づいて、映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割して水位を検出する水位計算手段とを備えることを特徴とする画像処理システム。

【請求項6】
 
上記水位計算手段は、上記優先階層のデータに係る映像の各画素の特徴量に基づいて、画素毎に上記流水領域の画素であるか又は上記非流水領域の画素であるかを判定し、当該判定結果に基づいて上記映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割することを特徴とする請求項1~5の何れか1項に記載の画像処理システム。

【請求項7】
 
上記水位計算手段は、上記優先階層のデータに係る映像の各ライン毎に特徴量を求め、求めた特徴量に基づいて上記映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割することを特徴とする請求項1~5の何れか1項に記載の画像処理システム。

【請求項8】
 
上記特徴量として、上記優先階層のデータに係る映像の画素毎に上記流水領域の画素であるか又は上記非流水領域の画素であるかを判定して、上記流水領域又は上記非流水領域と判定された画素の総数を各ライン毎に算出することを特徴とする請求項7記載の画像処理システム。

【請求項9】
 
上記特徴量として、上記優先階層のデータに係る映像の各ライン毎に分散値又は絶対値和を算出することを特徴とする請求項7記載の画像処理システム。

【請求項10】
 
固定カメラを用いて撮影された流水領域及び非流水領域が含まれる映像が供給され、供給された映像を時間方向及び空間方向に基底分解する時空間基底分解工程と、
上記時空間基底分解工程で得られたデータを、上記流水領域と上記非流水領域の判別に係る有効性に応じて順位付けし優先階層と非優先階層に分類する階層化処理工程と、
上記階層化処理工程で分類された上記優先階層のデータ及び上記非優先階層のデータを符号化処理する符号化工程と、
上記階層化処理工程で分類された上記優先階層のデータに基づいて、映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割して水位を検出する水位計算工程とを有することを特徴とする画像処理方法。

【請求項11】
 
固定カメラを用いて撮影された流水領域及び非流水領域が含まれる映像が供給され、供給された映像を時間方向及び空間方向に基底分解する時空間基底分解ステップと、
上記時空間基底分解ステップで得られたデータを、上記流水領域と上記非流水領域の判別に係る有効性に応じて順位付けし優先階層と非優先階層に分類する階層化処理ステップと、
上記階層化処理ステップで分類された上記優先階層のデータ及び上記非優先階層のデータを符号化処理する符号化ステップと、
上記階層化処理ステップで分類された上記優先階層のデータに基づいて、映像内領域を上記流水領域と上記非流水領域に分割して水位を検出する水位計算ステップとをコンピュータに実行させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006251483thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close