Top > Search of Japanese Patents > ANALOG ELECTRONIC CIRCUIT FOR ACTIVE NOISE CONTROL SYSTEM

ANALOG ELECTRONIC CIRCUIT FOR ACTIVE NOISE CONTROL SYSTEM

Patent code P08P005916
Posted date Apr 4, 2008
Application number P2006-251828
Publication number P2008-070821A
Patent number P5200239
Date of filing Sep 15, 2006
Date of publication of application Mar 27, 2008
Date of registration Feb 22, 2013
Inventor
  • (In Japanese)加藤 正史
  • (In Japanese)大畑 宏文
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title ANALOG ELECTRONIC CIRCUIT FOR ACTIVE NOISE CONTROL SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a circuit structure for attaining highly accurate operation by acquiring tolerance to noise and offset, when an adaptive filter used for an active noise control system is attained by an analog electronic circuit.
SOLUTION: A circuit of the invention is the adaptive filter composed of the analog electronic circuit with a perfect differential circuit structure of a hierarchical neural network structure. In the circuit, a perfect differential type wide range Gilbert multiplier is used for a multiplier circuit, and at the same time, a perfect differential type integrator is used for an integral circuit.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、特許文献1、2に開示されているように一次元ダクト騒音に対するアクティブノイズコントロール(またはアクティブノイズキャンセリングとも表記される)システムはデジタル電子回路を用いたデジタル処理により適応フィルタを構成し逆位相音を出力、制御していた。



一方、特許文献3に開示されている技術はアナログ電子回路により適応フィルタを構成し、アクティブノイズコントロールを実現するものであり、デジタル処理に必要なアナログ/デジタル(A/D)変換、デジタル/アナログ(D/A)変換を必要としない構成であった。



特許文献3に開示されているように、A/D変換、D/A変換を必要としない場合、信号の遅延が起こらないため、デジタル処理の適応フィルタによるアクティブコントロールシステムよりシステムのサイズを小さくできるという利点があった。



また、アナログ電子回路による適応フィルタには高価なデジタルシグナルプロセッサ(DSP)も必要ないため、システムのコストを低くできるという利点もあった。



しかし、特許文献3に開示されているアナログ電子回路による適応フィルタは回路内部にノイズやオフセットを発生しやすいワイドレンジギルバート乗算器を含んでおり、回路全体を高精度化するためには高精度なワイドレンジギルバート乗算器を作製する必要があった。



さらに特許文献3に開示されている回路は階層型ニューラルネットワークの構成を持つため出力に現れるノイズもフィードバックされ再びワイドレンジギルバート乗算器により乗算され増幅されるため、ノイズ耐性に乏しく高精度化が困難であった。
【特許文献1】
特開2002-60146号公報
【特許文献2】
特開2001-355429号公報
【特許文献3】
特許願2006-031840「アクティブノイズキャンセリング用アナログ電子回路」

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は騒音除去方法の一つであるアクティブノイズコントロールシステムに用いられる適応フィルタ回路に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1のマイク、スピーカー、第2のマイクがダクト内に順に配置され、アナログ電子回路からなる適応フィルタ回路により前記ダクト内の騒音を除去するアクティブノイズコントロールシステムに用いられる前記適応フィルタ回路であって、第1、第2のワイドレンジギルバート乗算器と、積分器とを有し、前記第1のワイドレンジギルバート乗算器は、前記第1のマイクにより取り込まれる騒音信号と前記積分器から出力される差動荷重信号とを乗算して、前記ダクト内の騒音を打ち消す音を前記スピーカーから出力させるための差動出力信号を前記スピーカーに出力し、前記第2のワイドレンジギルバート乗算器は、前記スピーカーから出力される音により除去しきれなかった誤差信号を前記第2のマイクから取り込み、その誤差信号と前記第1のマイクにより取り込まれる騒音信号とを乗算して前記積分器に前記乗算された信号を入力し、前記積分器は、前記第2のワイドレンジギルバート乗算器にて乗算された信号を積分し前記差動荷重信号を前記第1のワイドレンジギルバート乗算器に入力するものであり、前記第1、第2のワイドレンジギルバート乗算器として完全差動型ワイドレンジギルバート乗算器を用い、前記積分器として完全差動型積分器を用いて階層型ニューラルネットワークを構成していることを特徴とするアクティブノイズコントロールシステムに用いられる適応フィルタ回路。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006251828thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close