Top > Search of Japanese Patents > UPPER GARMENT HAVING FUNCTION FOR SUPPORTING TRAINING OF FORWARD-ROLLING PASSIVE DOWNFALL

UPPER GARMENT HAVING FUNCTION FOR SUPPORTING TRAINING OF FORWARD-ROLLING PASSIVE DOWNFALL achieved

Patent code P08A013347
Posted date Apr 18, 2008
Application number P2006-259856
Publication number P2008-081851A
Patent number P4051450
Date of filing Sep 26, 2006
Date of publication of application Apr 10, 2008
Date of registration Dec 14, 2007
Inventor
  • (In Japanese)濱田 初幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿屋体育大学
Title UPPER GARMENT HAVING FUNCTION FOR SUPPORTING TRAINING OF FORWARD-ROLLING PASSIVE DOWNFALL achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an upper garment having a function for supporting training of front-rolling passive downfalls (one of Judo technique), which is designed so that a beginner in Judo can accurately gain an understanding of the entire movement of front-rolling passive downfalls through eyesight or sensory information to rapidly learn the technique of smooth and reasonable front-rolling passive downfalls.
SOLUTION: The upper garment has the following structure: grounding lines 9, 10 indicating grounding positions and the grounding sequence of the body of a wearer M on Tatami T when taking action of the front-rolling passive downfalls in Judo, are displayed on the outer surface of an upper garment 1; the grounding lines 9, 10 one of which is for clockwise front-rolling passive downfalls and another of which is for counterclockwise front-rolling passive downfalls, extend straight to the back sides of both shoulder parts from the vicinities of the sleeve openings of both of the sleeve parts 2, 3 of the upper garment 1 to the back sides of the both shoulder parts, curve obliquely downward therefrom, cross at almost the center of the back, and reach the side of the buttock part at the opposite side; arrowhead marks 12 or numbers indicating the grounding sequence are shown on the grounding lines 9, 10 in a superimposed manner; and the grounding lines 9, 10 are formed each in a bulging state so as to make the wearer sense the grounding line parts on the Tatami T with his/her body.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


柔道の基本動作として受け身がある。受け身は、技を掛けられたときに、受け手が体に受ける衝撃をやわらげる動作をするものであり、特に初心者にとって、この受け身を正しく習得することは、練習や試合の際の怪我を防ぐためにも、極めて大切である。受け身は、大きく分けて、後ろ受け身、横受け身、前受け身、前回り受け身の4種類に分けられるが、中でも前回り受け身は、技能レベルが高いとされ、顎を引き体を丸めて、半身の姿勢で、円を描くように前方に回転する。ところが、前回り受け身を正しく習得できないことや、誤った方向や誤った順序で前回り受け身をすることにより、腰を打撲したり肩の鎖骨を損傷したりする等の事故が発生するケースが少なくなかった。このような前回り受け身に伴う事故の原因は、主に畳やマット上に正しい方向や正しい順序での身体の接地が行われないことが考えられる。



一方、小学校や中学校の体育において、近年の運動能力の低下にともない、生徒が転んで骨折したりする等の事故が少なくなく、近年、小中学生への怪我予防に関する安全教育の必要性が、従来より増して叫ばれている。



ところで、柔道の前回り受け身の補助用具として、柔道受け身練習用マットが提案されている(例えば、特許文献1参照)。この柔道受け身練習用マットは、マット上に受け身動作前の腕、手及び足の位置並びに体位の移動方法を示すマークを表示したもので、受け身動作前に、マット上に表示された腕、手及び足の位置に腕、手及び足を置き、しかる後、体位の移動方向を示すマークに沿ってマット上を前方に回転するものである。
【特許文献1】
実用新案登録第3071495号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、柔道の受け身の中でも技能レベルが高いとされる前回り受け身を正しく習得するための、前回り受け身補助機能付き上衣に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
柔道の前回り受け身の動作の際に畳またはマットに対する着用者の身体の接地箇所および接地順序を示す接地ラインが上衣の外面に表示されていることを特徴とする前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項2】
 
前記接地ラインは、上衣の外面と異なる色彩が施されていることを特徴とする請求項1記載の前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項3】
 
前記接地ラインは、右前回り受け身および左前回り受身の各動作に対応して複数表示されていることを特徴とする請求項1または請求項2記載の前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項4】
 
前記接地ラインは、連続または断続して表示されていることを特徴とする請求項1ないし請求項3記載の前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項5】
 
前記接地ラインには、接地順序を意味する矢印マーク又は番号が重ねて表示されていることを特徴とする請求項1ないし請求項4記載の前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項6】
 
前記接地ラインは、凸状に形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項5記載の前回り受け身補助機能付き上衣。

【請求項7】
 
前記接地ラインは、ライン構成体が上衣の外面に対し着脱可能に取り付けられていることを特徴とする請求項1ないし請求項6記載の前回り受け身補助機能付き上衣。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006259856thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close