Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL AND ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL

METHOD FOR MANUFACTURING ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL AND ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL meetings

Patent code P08A013352
Posted date Apr 25, 2008
Application number P2005-256890
Publication number P2007-069282A
Patent number P4544530
Date of filing Sep 5, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Jul 9, 2010
Inventor
  • (In Japanese)米村 弘明
  • (In Japanese)山本 裕一
  • (In Japanese)山田 淳
  • (In Japanese)谷本 能文
  • (In Japanese)藤原 好恒
Applicant
  • (In Japanese)ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHOD FOR MANUFACTURING ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL AND ARRAY MATERIAL OF FIBROUS MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a method for manufacturing an array material of a fibrous material with a wide range of usage and to obtain an array material of a fibrous material.
SOLUTION: The method for manufacturing an array material includes: a length control step of controlling a fibrous material to a predetermined length; a mixing step of mixing the fibrous material prepared in the length control step with a solvent to obtain a solution having dispersion of the fibrous material; and a step of dropping an appropriate amount of the solution obtained in the mixing step onto a substrate and vaporizing the solvent in the solution dropped onto the substrate while applying a magnetic field to keep the fibrous material in a zero gravity state so as to converge and array the fibrous material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年では、繊維状材料を配列した材料が開発され、様々な用途に用いられている。例えば、繊維状材料を配列した材料の一つとして、カーボンナノチューブ(以下、CNTと記載することがある)がある。このCNTの特徴である高アスペクト比を活かすために、磁場を用いて、その配列を制御する方法や装置、これらの方法や装置を用いて配列されたCNTの成形体などが開示されている(例えば下記特許文献1~3参照)。



【特許文献1】
特開2004-234865号公報
【特許文献2】
特開2002-273741号公報
【特許文献3】
特開2004-255600号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、様々な複合材料などに用いることができるCNT配列材料の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カーボンナノチューブを所定の長さに調整する長さ調整工程と、
前記長さ調整工程で調整されたカーボンナノチューブを溶媒に混合して前記カーボンナノチューブの分散した溶液を得る混合工程と、
前記混合工程で得られた溶液の適量を基板に滴下し、前記カーボンナノチューブが無重力状態となるように磁場を印加しつつ、基板に滴下した前記溶液中の溶媒を蒸発させて、前記カーボンナノチューブを収束配列させる工程とを有していることを特徴とするCNT配列材料の製造方法。

【請求項2】
 
前記混合工程が、前記溶液中から凝集した前記カーボンナノチューブを取り除く工程をさらに含んでいることを特徴とする請求項1記載のCNT配列材料の製造方法。

【請求項3】
 
前記基板が、鉛直方向に印加された前記磁場に対して0~90°に傾けて設置されていることを特徴とする請求項1又は2に記載のCNT配列材料の製造方法。

【請求項4】
 
記長さ調整工程が1μm以上の長さのカーボンナノチューブに選別する工程を含むことを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載のCNT配列材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

20908_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close