Top > Search of Japanese Patents > SOLIDIFYING METHOD FOR LIQUID, ICE MAKING METHOD AND ICEMAKER

SOLIDIFYING METHOD FOR LIQUID, ICE MAKING METHOD AND ICEMAKER meetings

Patent code P08P005778
Posted date Apr 25, 2008
Application number P2006-271669
Publication number P2008-089251A
Patent number P5135576
Date of filing Oct 3, 2006
Date of publication of application Apr 17, 2008
Date of registration Nov 22, 2012
Inventor
  • (In Japanese)上村 靖司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title SOLIDIFYING METHOD FOR LIQUID, ICE MAKING METHOD AND ICEMAKER meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ice making method and an icemaker 10 capable of continuously manufacturing monocrystalline ice of an optional shape with high hardness, high transparency, and a high commercial value.

SOLUTION: The icemaker 10 is characterized in that a periphery excluding an opening 13 of a vessel 12 filled with water 11 is covered by a heat insulating material 14, the opening 13 of the vessel 12 is covered with a vacuum tank 18, a low temperature heat source 12 of a freezing temperature or lower is provided on an outer surface of the vacuum tank 18 in an opposite side of the vessel 12, and the water 11 in the vessel 12 is frozen by radiation via the vacuum tank 18. A buffering vessel 17 communicating with an interior of the vessel 12 is provided, and a Peltier element is used as the low temperature heat source 21.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


常温で液体である物質が固化した物、例えば水が氷結した氷は、一般家庭において広く普及している冷凍冷蔵庫によって簡単に入手することができる。しかし、一般家庭で普及している冷凍冷蔵庫により氷結させた氷は多結晶であり、単結晶氷とはならない。



単結晶氷は透明度が高く、見た目にも美しいことから氷としての商品価値が高い。また、単結晶氷は硬度が高く氷解し難いという特性をも有している。このような特性があることから、従来技術においても種々の方法で単結晶氷を得る技術が開示されている(例えば、特許文献1参照)。



また、単結晶氷である氷筍の結晶方位に直交する面の摩擦係数が低いことに着目して、人工的に氷筍を製造する方法が開示されている(例えば、特許文献2参照)。

【特許文献1】特開平5-264137号公報

【特許文献2】特開平11-236295号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、液体の固化方法、製氷方法および製氷装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上部に開口部を有する容器と、前記開口部を覆う真空槽と、前記真空槽の上に設けられたペルチェ素子と、前記容器の内部と連通する緩衝容器とを備え、前記容器の上縁に載置された前記真空槽の下板に接するまで充填された前記容器内の水を単結晶氷に氷結させることを特徴とする製氷装置。

【請求項2】
 
前記ペルチェ素子の上に放熱体を取り付けたことを特徴とする請求項1記載の製氷装置。

【請求項3】
 
前記容器が内容器と外容器とを有し、前記内容器と外容器との間の空隙を真空にした断熱容器からなることを特徴とする請求項1または2記載の製氷装置。

【請求項4】
 
前記真空槽と前記容器の周囲が真空断熱材で覆われていることを特徴とする請求項1または2記載の製氷装置。

【請求項5】
 
前記真空槽内の真空度が略0.01気圧であることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の製氷装置。

【請求項6】
 
少なくとも1以上の温度検出器を備えたことを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の製氷装置。
Industrial division
  • Heating and cooling
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006271669thum.jpg
State of application right Right is in force
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close