Top > Search of Japanese Patents > FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD

FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD meetings

Patent code P08P006056
File No. 05057AA16
Posted date Apr 25, 2008
Application number P2006-263892
Publication number P2008-080259A
Patent number P4982744
Date of filing Sep 28, 2006
Date of publication of application Apr 10, 2008
Date of registration May 11, 2012
Inventor
  • (In Japanese)川原 顕磨呂
  • (In Japanese)佐田富 道雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid mixer capable of sucking two or more kinds of fluids and a fluid mixing method using it.
SOLUTION: A fluid chamber 40 going around a tube 10 is arranged in the area including a fluid suction hole 30 in the surface of the outside wall of the tube 10. In the fluid chamber 40, chambers 41, 42, 43, 44 isolated mutually by a partition wall 45 are formed. A fluid F1 is introduced into the chambers 41 and 43, and a fluid F2 into the chambers 42 and 44. A pressurized fluid is supplied into the tube 10, and the pressure of the fluid is lowered with a negative-pressure generator 20 to generate a negative pressure, and the fluids F1 and F2 are sucked through the fluid suction hole 30 to mix together so as to generate bubbles containing two or more fluids F1 and F2. For example, high-pressure water as a pressurized fluid is supplied, and air and a cleaning solution as fluids F1 and F2 are sucked and mixed together to generate a bubble-like cleaning agent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の泡発生器としては、例えば、パイプ内部に球体を配置すると共に下流側に小孔を設けたものが開示されている(例えば、特許文献1参照。)この泡発生器では、円管に高圧水を導くと、球体の下流側で水圧が下がって負圧が発生し、小孔から空気が吸引されて気泡が発生するようになっている。
【特許文献1】
特開2003-305494号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、泡状の洗浄剤などを発生させるのに好適な流体混合器および流体混合方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長手方向一端から加圧された流体が供給される管体と、
前記管体内に配置され、供給された前記流体の圧力を低下させて下流側に負圧を発生させる負圧発生体と、
前記管体の外壁面から内壁面へ貫通すると共に前記負圧発生体の下流側に設けられた流体吸引孔と、
前記管体の外壁面の前記流体吸引孔を含む領域に設けられ、各々外部に連通すると共に互いに隔絶された複数の室を有する流体室と
を備え
前記複数の室は、前記管体の直径を含む同一の断面内に配置されている
ことを特徴とする流体混合器。

【請求項2】
 
前記負圧発生体の下流側において、前記加圧された流体と複数種類の流体とが混合されて泡が発生する
ことを特徴とする請求項1記載の流体混合器。

【請求項3】
 
前記流体室は、前記管体を一周していると共に内部に前記管体の長手方向に延在する隔壁を有しており、前記隔壁により前記複数の室が区切られている
ことを特徴とする請求項1または2に記載の流体混合器。

【請求項4】
 
流体の通路を有する管体の前記通路内に負圧発生体を配置すると共に、前記負圧発生体の下流側近傍の前記管体の壁面に流体吸引孔を設け、前記管体の外壁面の前記流体吸引孔を含む領域に、各々外部に連通すると共に互いに隔絶された複数の室を有する流体室を設け、前記複数の室を、前記管体の直径を含む同一の断面内に配置し、前記管体の通路内に加圧した流体を供給し、その流体の圧力を前記負圧発生体により低下させて負圧を発生すると共に、前記複数の室および前記流体吸引孔を通じて複数種類の流体を吸引させることにより前記加圧した流体と前記複数種類の流体とを混合する
ことを特徴とする流体混合方法。

【請求項5】
 
前記加圧した流体と前記複数種類の流体とを混合して泡を発生させる
ことを特徴とする請求項4記載の流体混合方法。

【請求項6】
 
前記加圧した流体として高圧水を供給し、前記複数種類の流体として気体および洗浄液を吸引させ、泡として洗浄剤を発生させる
ことを特徴とする請求項4または5に記載の流体混合方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006263892thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close