Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DENITRIFICATION IN PRESENCE OF SALT

METHOD FOR DENITRIFICATION IN PRESENCE OF SALT achieved

Patent code P08P005536
File No. 06T003
Posted date May 16, 2008
Application number P2006-287454
Publication number P2008-104361A
Patent number P4528981
Date of filing Oct 23, 2006
Date of publication of application May 8, 2008
Date of registration Jun 18, 2010
Inventor
  • (In Japanese)正田 誠
  • (In Japanese)平井 光代
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京工業大学
Title METHOD FOR DENITRIFICATION IN PRESENCE OF SALT achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for carrying out microbiological denitrification of ammonia nitrogen in the presence of sodium chloride.
SOLUTION: The method for converting the ammonia nitrogen into nitrogen gas comprises bringing an ammonia nitrogen compound into contact with a bacterium Alcaligenes faecalis. In the method, the ammonia nitrogen compound is present in an aqueous liquid containing the sodium chloride in an amount of up to 7 wt.%.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アンモニア態窒素化合物を窒素ガス(N2)に変換する(脱窒)ことは、アンモニア態窒素化合物を含む排水の処理方法として重要である。アンモニア態窒素の脱窒過程は、アンモニア態窒素を硝酸態窒素に変換する酸化過程と、硝酸態窒素を窒素ガスに変換する還元過程に分けられるが、これら両過程を単一の反応系で行なうことができる微生物として、特開2002-199875公報には、アルカリゲネス・フェカリス(Alcaligenes faecalis)No.4株(FERM P-18114)が記載されている。



しかしながら、特開平2002-199875号公報では、塩化ナトリウムを添加しない培地で実験が行われており、また一般的な記載としても、塩化ナトリウムの存在下で脱窒が行いうることは全く示唆されていない。また、従来から、海水(約0.35重量%の塩化ナトリウムを含む)程度の塩化ナトリウムを含む排水中のアンモニア態窒素を脱窒することは極めて困難であるとするのが当業界の技術常識であった。しかしながら、塩化ナトリウムとアンモニア態窒素とを共に含む産業排水は種々存在し、そのような排水中のアンモニア態窒素を脱窒して除去することは、排水処理などの観点から極めて有利である。



【特許文献1】
特開2002-199875公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、食塩の存在下で、アンモニア態窒素化合物を窒素ガスに変換する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アルカリゲネス・フェカリス(Alcaligenes faecalis)細菌にアンモニア態窒素化合物を接触せしめることによりアンモニア態窒素を窒素ガスに変換する方法において、当該アンモニア態窒素化合物が、1重量%~6重量%の塩化ナトリウムを含む水性液中に存在することを特徴とする方法。

【請求項2】
 
前記アルカリゲネス・フェカリス(Alcaligenes faecalis)細菌が、アルカリゲネス・フェカリス(Alcaligenes faecalis)No.4株(FERM P-18114)である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記塩化ナトリウム濃度が3重量%~6重量%である、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
アンモニア態窒素から窒素ガスへの変換を連続培養方式で行う、請求項1~3のいずれか1項に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21029_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close