Top > Search of Japanese Patents > CONTROL OF CHICKEN HEAT STRESS AND HEAT DEATH

CONTROL OF CHICKEN HEAT STRESS AND HEAT DEATH

Patent code P08A013416
Posted date May 30, 2008
Application number P2006-188454
Publication number P2008-013521A
Patent number P4830109
Date of filing Jul 7, 2006
Date of publication of application Jan 24, 2008
Date of registration Sep 30, 2011
Inventor
  • (In Japanese)林 國興
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title CONTROL OF CHICKEN HEAT STRESS AND HEAT DEATH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To control chicken heat stress or heat death by using an active ingredient of type different from that of a conventionally used active ingredient.
SOLUTION: The method for rearing chickens comprises administering at least one kind selected from adrenomedullary hormone, its analog and agonist to chickens.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


日本だけでなく世界中において夏期にはブロイラー、採卵鶏の熱死が頻発している。現在は、実用的、効果的な対処法がなく、熱死により一農場で飼育される数万羽のほとんどが死亡するので経済的損失は極めて大きい。現在のところ、ブロイラーの熱死に対して特に効果的な技術はなく、暑熱の厳しいときには鶏舎の屋根に水を散布することなどが行われている。



鶏の暑熱ストレス又は熱死を抑制する技術として、特許文献1には、ユビキノン等のキノン類を投与する方法、特許文献2には、グリシンを含有する飼料組成物を投与する方法が知られている。



しかしながら、鶏の暑熱ストレス又は熱死を抑制する目的でホルモン類を投与した例は報告されていない。



【特許文献1】
特開2000-53565号公報
【特許文献2】
特開2002-27920号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鶏の暑熱ストレス又は熱死を抑制する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
暑熱ストレス又は熱死を抑制するためにノルエピネフリン及び/又はエピネフリンを鶏に投与することを含む鶏の飼育方法。

【請求項2】
 
夏期にノルエピネフリン及び/又はエピネフリンを投与する請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
鶏がブロイラーである請求項1又は2記載の方法。

【請求項4】
 
ノルエピネフリン及び/又はエピネフリンを有効成分として含有する鶏用暑熱ストレス又は熱死抑制剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close