Top > Search of Japanese Patents > PHARMACEUTICAL COMPOSITION USING PARAINFLUENZA VIRUS TYPE 2

PHARMACEUTICAL COMPOSITION USING PARAINFLUENZA VIRUS TYPE 2 meetings

Patent code P08A013429
Posted date May 30, 2008
Application number P2006-254538
Publication number P2008-074749A
Patent number P5145550
Date of filing Sep 20, 2006
Date of publication of application Apr 3, 2008
Date of registration Dec 7, 2012
Inventor
  • (In Japanese)保富 康宏
  • (In Japanese)河野 光雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
Title PHARMACEUTICAL COMPOSITION USING PARAINFLUENZA VIRUS TYPE 2 meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pharmaceutical composition, etc., comprising an α antigen, etc., integrated into a PIV2 (parainfluenza virus type 2) and usable for therapy/prophylaxis of allergic diseases.
SOLUTION: The pharmaceutical composition is obtained by integrating a gene encoding the α antigen derived from an acid-fast bacterium (e.g. Mycobacterium kansasii) (antigen 85 complex constituent protein 85B), an analog thereof (85A or 85C, etc.) or a mutant having similar actions thereto into the PIV2 in which an M protein is deficient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


PIV2は、パラミクソウイルス科に属するウイルスである。ゲノムは約15000塩基の一本のマイナス鎖RNAであり、これにヌクレオカプシド蛋白(N)が結合し、らせん対称ヌクレオプロテイン複合体(ヌクレオカプシド、RNP)を形成している。ウイルスゲノムがコードするタンパク質のうち、M蛋白は、ウイルス糖蛋白の細胞質内ドメイン、エンベロープ脂質二重膜およびRNPと相互作用し、ウイルス粒子の出芽に重要である。遺伝子組換えにより、M蛋白を欠失させたウイルスゲノムは、細胞に感染して、所定のウイルスタンパク質を発現するものの、出芽することができない。本発明者は、M蛋白を欠失させたPIV2が、外来タンパク質を標的細胞で発現させるためのベクターとして使用できることを見出した(非特許文献1)。
一方、本発明者は、抗酸菌由来のα抗原が、アレルギー性疾患の予防・治療に効果的であることを見出した(特許文献1)。
【特許文献1】
国際公開公報2002/066055
【非特許文献1】
第52回日本ウイルス学会学術集会、M蛋白欠損パラインフルエンザ2型ウイルス(PIV2)及びマウスIL-4を挿入したPIV2の性状解析、2004年11月21日

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、パラインフルエンザ2型ウイルス(PIV2)を用いた医薬組成物等に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
M蛋白質を欠損させたパラインフルエンザ2型ウイルス(PIV2)遺伝子ゲノムのリーダー配列の直後に抗酸菌由来のα抗原をコードする遺伝子を組み込んで、前記α抗原をコードする遺伝子が生体内で発現可能に備えられたアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物であることを特徴とするアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物。

【請求項2】
 
前記α抗原が、マイコバクテリウム・カンザシイ(Mycobacterium kansasii由来のものであることを特徴とする請求項1に記載のアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物。

【請求項3】
 
前記α抗原が、抗原85複合体構成蛋白85Aまたは抗原85複合体構成蛋白85Cであることを特徴とする請求項1または2に記載のアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物。

【請求項4】
 
前記α抗原が、配列番号1に示す390番目~1244番目の塩基配列によってコードされたものであることを特徴とする請求項2に記載のアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物。

【請求項5】
 
アレルギー性疾患が、アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎、またはアレルギー性結膜炎であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載のアレルギー性疾患の予防用または治療用医薬組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006254538thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close