Top > Search of Japanese Patents > DISCHARGE LAMP DEVICE, DISCHARGE LAMP AND DISCHARGE LAMP LIGHTING DEVICE

DISCHARGE LAMP DEVICE, DISCHARGE LAMP AND DISCHARGE LAMP LIGHTING DEVICE meetings

Patent code P08A013455
File No. ShIP-5021
Posted date Jun 13, 2008
Application number P2005-305832
Publication number P2007-115534A
Patent number P4714868
Date of filing Oct 20, 2005
Date of publication of application May 10, 2007
Date of registration Apr 8, 2011
Inventor
  • (In Japanese)神藤 正士
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title DISCHARGE LAMP DEVICE, DISCHARGE LAMP AND DISCHARGE LAMP LIGHTING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a discharge lamp device provided with a discharge lamp having improved luminous efficiency without causing melting destruction of a discharge vessel, and a discharge lamp lighting device for lighting the discharge lamp.
SOLUTION: The discharge lamp comprises: the discharge vessel 10B formed of a nonconductive member having optical transparency with a luminescent substance filled therein; and an antenna member 10D arranged to project one end into the discharge vessel and to expose the other end to the outside of the discharge vessel. The discharge lamp lighting device comprises: an internal cylindrical member 14A having, at one end, a mounting section for mounting the discharge lamp thereto by inserting a part of the discharge lamp with the antenna attached thereto; and a waveguide part 14 having an external cylindrical member 14B arranged to surround the internal cylindrical member, and composed by forming, between the outside surface of the internal cylindrical member 14A and the inside surface of the external cylindrical member 14B, a waveguide for guiding electromagnetic waves generated by an electromagnetic wave generation section to the discharge lamp mounted to the mounting section.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


第1の導体と第2の導体との間に、導波された電磁波を放出する放出部を設け、放出された電磁波により生成される表面波プラズマに基づいて放電発光する放電部を備えた無電極放電灯が提案されている(特許文献1)。



また、放電空間を形成する放電容器の外部に露出することなく放電容器に支持され、外部より与えられる高周波エネルギーにより生じる電界を集中させ、強めることにより放電空間内に配置された先端において放電を集中させる放電コンセントレータを備えた高周波励起型点光源ランプが提案されている(特許文献2)。
【特許文献1】
特開2003-197156号公報
【特許文献2】
特開2002-75290号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、放電灯装置にかかり、特に、放電容器の溶融破壊を防止した放電灯を備えた放電灯装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電磁波発生部と、
前記電磁波発生部から電磁波が導かれ、かつ、内部導体、及び該内部導体を囲むように設けられた外部導体を有する電磁波導波路と、
前記電磁波導波路の前記外部導体の端部から突出し、かつ、前記内部導体と接触させて設けられたアンテナと、該アンテナの少なくとも一部を囲む光透過性を有する非導電性部材で形成され、かつ内部に発光物質が封入された放電容器とからなる放電灯と、から構成され、
前記アンテナの前記放電容器内に位置する部分に、インピーダンスが高い高インピーダンス部を設け、前記電磁波導波路からの電磁波を前記高インピーダンス部に局所的に集中させる、
ことを特徴とする放電灯装置。

【請求項2】
 
電磁波発生部と、
前記電磁波発生部から電磁波が導かれ、かつ、内部導体、及び該内部導体を囲むように設けられた外部導体を有する電磁波導波路と、
光透過性を有する非導電性部材で形成され、かつ内部に発光物質が封入された放電容器と、前記電磁波導波路の前記外部導体の端部から突出し、かつ、端部が前記放電容器の外部に露出するように設けられ、前記放電容器の内部に突出した部分が対向するように配置された一対のアンテナ部材で構成したアンテナとからなる放電灯と、から構成され、
前記アンテナの前記放電容器内に位置する部分に、インピーダンスが高い高インピーダンス部を設け、前記電磁波導波路からの電磁波を前記高インピーダンス部に局所的に集中させる、
ことを特徴とする放電灯装置。

【請求項3】
 
前記アンテナ部材の前記放電容器の内部に突出した部分を絶縁体で被覆した請求項2記載の放電灯装置。

【請求項4】
 
前記アンテナ部材の前記放電容器の内部に突出した部分を先鋭にした請求項2または3記載の放電灯装置。

【請求項5】
 
前記アンテナと前記内部導体との間に間隙を設けるか、または前記アンテナと前記内部導体とを直接接触させた請求項2~請求項4のいずれか1項記載の放電灯装置。

【請求項6】
 
前記高インピーダンス部を、前記アンテナの途中に設けられたギャップとしたことを特徴とする請求項1~請求項5の何れか1項記載の放電灯装置。

【請求項7】
 
前記高インピーダンス部の長さを含む前記アンテナの長さを、前記電磁波の波長の1/4の長さとした請求項1~請求項6の何れか1項記載の放電灯装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005305832thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close