Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM

METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM

Patent code P08A013487
File No. ShIP-6008
Posted date Jun 13, 2008
Application number P2006-152728
Publication number P2007-319077A
Patent number P4982738
Date of filing May 31, 2006
Date of publication of application Dec 13, 2007
Date of registration May 11, 2012
Inventor
  • (In Japanese)徳山 真治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title METHOD FOR DEGRADING PLASTIC AND MICROORGANISM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for degrading a plastic by which the plastic can efficiently be degraded and to provide a microorganism utilizable therefor.
SOLUTION: The plastic having an ester bond in the molecular structure, e.g. a polyhydroxycarboxylic acid-based plastic is degraded as follows. The microorganism having plastic degrading ability and belonging to the genus Thermoactinomycetes, e.g. Thermoactinomycetes vulgaris, in particular Thermoactinomycetes vulgaris T7-1 (FERM AP-20919) or a pulverized material thereof is used.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、プラスチックの使用量が増加するにつれて、環境への配慮から天然環境下で分解可能な生分解性プラスチックの開発が進められている。例えばポリ乳酸は、水系環境下で加水分解可能な高分子であり、その分解には酵素が用いられることもある。またポリ乳酸を直接分解する微生物についてもいくつか同定されている。
ポリ乳酸分解能を有する微生物としては、例えば、土中から30℃で分離されたアミコラトプシス属放線菌、サッカロスリクス属放線菌、ストレプトマイセス属放線菌が知られている(例えば、特許文献1~4)。また分子構造中にエステル結合を有するプラスチックの分解能を有するペニバチルス属細菌も、土中から30℃で分離されている(特許文献5)。これらの菌は、30℃2週間程度の処理でポリ乳酸を分解する。また、特許文献6~7には、土中から50℃で分離されたバチルス属細菌、アクチノマデュラ属放線菌、スタフィロコッカス属細菌が記載されている。これらの菌は、50℃における2週間程度の処理でポリ乳酸を分解する。
【特許文献1】
特開平9-37776号公報
【特許文献2】
特開2000-60540号公報
【特許文献3】
特開2001-128693号公報
【特許文献4】
特開平10-108669号公報
【特許文献5】
特開2004-166542号公報
【特許文献6】
特開平11-4680号公報
【特許文献7】
特開平11-46755号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、プラスチックの分解方法及び微生物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プラスチック分解能を有するサーモアクチノマイセス属に属する微生物又はその破砕物を用いて、生分解性プラスチックを分解することを特徴とするプラスチックの分解方法。

【請求項2】
 
前記生分解性プラスチックが、分子構造中にエステル結合を有する生分解性プラスチックであることを特徴とする請求項1記載のプラスチックの分解方法。

【請求項3】
 
前記サーモアクチノマイセス属に属する微生物が、サーモアクチノマイセス・ブルガリス、サーモアクチノマイセス・ディコトミカス、サーモアクチノマイセス・インターメディウス、サーモアクチノマイセス・プチダス、サーモアクチノマイセス・サッカリからなる群より選択された少なくとも一つであることを特徴とする請求項1又は2記載のプラスチックの分解方法。

【請求項4】
 
前記サーモアクチノマイセス属に属する微生物が、サーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM P-20919)であることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項記載のプラスチックの分解方法。

【請求項5】
 
サーモアクチノマイセス・ブルガリスT7-1(FERM P-20919)。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close