Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)表示デバイスの色表示方式

(In Japanese)表示デバイスの色表示方式 meetings

Patent code P08S000080
File No. ShIP-4052
Posted date Jun 13, 2008
Application number P2005-516521
Patent number P4122381
Date of filing Dec 24, 2004
Date of registration May 16, 2008
International application number JP2004019312
International publication number WO2005062628
Date of international filing Dec 24, 2004
Date of international publication Jul 7, 2005
Priority data
  • P2003-427660 (Dec 24, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)下平 美文
  • (In Japanese)島津 喬守
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title (In Japanese)表示デバイスの色表示方式 meetings
Abstract (In Japanese)表示デバイスにおいて、RGB表色系とXYZ表色系の変換を正確に実行する処理方式および当該性能を備えた表示装置を提供する。
図4は本発明による表示デバイスの色表示方式を示すブロック構成図である。図4における補正装置1は表示デバイスに固有の非線形等による歪誤差が最小になるように表示パラメータを設定し、XYZ→RGBの変換の補正処理を行なう。表示デバイス2は補正装置1から出力されるRGB表色系の画像信号を最小の歪で表示する。このような補正処理を行うことにより、あらゆる種類の表示装置で再生画像を最小の歪で表色できる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


表色系にはRGB表色系とXYZ表色系がよく知られている。RGB表色系は実際に存在する単色光を原刺激として、それらの原刺激値の合成によって実在する色が定義されている。この表色系は物理的な発色物質と対応づけて表色できるが、次のような欠点がある。負の等色関数が存在する。負の等色関数は実際の光学機器の設計において不便である。色度座標上のg=G/(R+G+B)は広いが、r=R/(R+G+B)が狭い。



そこで、RGB表色系の欠点を除去し、表色上の計算に便利なXYZ表色系がCIE-1931として定義されている。線形関係が成り立つと仮定すれば、RGB表色系とXYZ表色系との間には下記(10)式の関係が存在する。
(10)式から明らかなように、RGB表色系とXYZ表色系との間には線形な関係があると想定しているので、RGBとXYZの変換は輝度最高値、すなわち階調で255の値を使って0~255として線形的に行っていた。


Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、表示デバイスの色域内における色の表示方式に関し、特にその高確度表示方式に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
XYZ表色系の画像信号を入力したとき、非線形等による歪誤差が最小になるよう、XYZ表色系の入力階調値をRGB表色系へ正確に変換してRGB表色系の画像信号値を出力する高忠実色再現機能を備えたシステムを含む補正装置と、
前記補正装置から出力されるRGB表色系の画像信号を入力して画像を表示する表示デバイスとを備えた表示デバイスの色表示方式であって、
前記補正装置は使用するデータのビット数をn とするとき、0~(2n -1)の間の任意の階調値


をとり得る色信号C(Xc ,Yc ,Zc )を前記表示デバイスのRGBそれぞれの最大階調値である(2n -1)に対応するXYZ値を用いてRGBリニア値に変換する手段と、
前記RGBリニア値に対応する前記表示デバイスの動作点dにおけるRd ,Gd ,Bd を測定値から求め、且つ対応する(Xrd,Yrd,Zrd),(Xgd,Ygd,Zgd),(Xbd,Ybd,Zbd)の値を事前に作成しておいた対応表から求め、Xc =aXrd+bXgd+cXbd
Yc =aYrd+bYgd+cYbd
Zc =aZrd+bZgd+cZbd
からa,b,cを求める演算手段と、
前記演算手段で求められたa,b,cがいずれも1に近い予め定めた許容範囲内であるかを判定し範囲内にあれば、Rd ,Gd ,Bd 値を入力色信号に対応するRGBの真値であるとして出力する判定手段と、
前記判定手段で範囲外と判定された場合は演算結果のa,b,cを帰還して再度前記演算手段による演算を実行させる帰還手段と、
を含む表示デバイスの色表示方式。

【請求項2】
 
前記表示デバイスはCRT,LCD,あるいはPDPである請求項1記載の表示デバイスの色表示方式。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close