Top > Search of Japanese Patents > BIOLOGICAL INFORMATION MEASURING PANEL AND SYSTEM USING THE SAME

BIOLOGICAL INFORMATION MEASURING PANEL AND SYSTEM USING THE SAME

Patent code P08P005605
File No. JICHI-2006-07
Posted date Jul 4, 2008
Application number P2006-335896
Publication number P2008-142461A
Patent number P5006018
Date of filing Dec 13, 2006
Date of publication of application Jun 26, 2008
Date of registration Jun 1, 2012
Inventor
  • (In Japanese)川上 勝
Applicant
  • (In Japanese)学校法人自治医科大学
Title BIOLOGICAL INFORMATION MEASURING PANEL AND SYSTEM USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biological information measuring panel and the biological information measuring system using the same that improves its measurement sensitivity, and can easily measure a person's rolling over and other moves in sleep.
SOLUTION: The biological information measuring system is provided with a biological information measuring panel 10 laid beneath a subject 16 to measure his/her biological information. The biological information measuring panel 10 comprises a flexible distortion generating panel (a board-like panel) 20, a distortion sensor 32 installed on the distortion generating panel 20, two silicone rubber sheets 22, 24 placed at both the sides of the distortion generating panel 20, and a plurality of buffer materials (linear materials) 26 to 30 formed in the shape of lines and arranged in parallel between the two silicone rubber sheets 22, 24 and the distortion generating panel 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


医療施設や介護施設では、ベッド上の被検者(患者や高齢者など)の状態を把握したいという要望があり、被検者の生体情報を計測する様々な方法が提案されている。たとえば、被検者の頭や胸などにセンサを取り付けて脳波や心電図などを測定したり、腕時計型体動計測器を腕に装着して活動と休息を判別したり、ピエゾフィルムなどから成る生体センサをマットレスの下や体の下に敷設する方法が提案されている。



しかし、いずれの方法も被検者を拘束するという問題や、コストが高いという問題があり、被検者の自由度が高く且つ低コストの生体情報計測方法が望まれている。



特許文献1には、ベッドのマット上、或いはマット内に配置される生体情報計測用パネルが開示されている。この生体情報計測用パネルは、歪みセンサを取り付けたアルミ板を二枚の弾性シート材で挟みこむことによって構成され、生体情報計測用パネルをベッドのマット上、或いはマット内に配置することによって、被検者の呼吸や脈拍等の生体情報を測定することができる。
【特許文献1】
特開2006-43445号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は生体情報計測用パネルに係り、特にベッド上の被検者の体動情報を検知するための生体情報計測用パネル、及び、それを用いた生体情報計測システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検体の下に配置されることによって、前記被検体の生体情報を計測する生体情報計測用パネルにおいて、
可撓性を有する板状体と、
前記板状体に取り付けられた歪みセンサと、
前記板状体を挟み込むように配置された二枚のシート部材と、
前記シート部材と前記板状体との間に介在されるとともに、前記板状体の幅寸法に対して少なくともその1/10以上かつ1/4以下の幅寸法を有し、互いに平行に配置された複数の線状部材と、
を備えることを特徴とする生体情報計測用パネル。

【請求項2】
 
前記線状部材は、前記板状体を挟んで対向する位置に配置されることを特徴とする請求項1に記載の生体情報計測用パネル。

【請求項3】
 
前記歪みセンサは、前記板状体の中央部に配置され、前記線状部材は、前記歪みセンサの両側に配置されることを特徴とする請求項1又は2に記載の生体情報計測用パネル。

【請求項4】
 
前記線状部材が前記板状体の中央部に配置されることを特徴とする請求項1~3のいずれか1に記載の生体情報計測用パネル。

【請求項5】
 
前記線状部材の方向を示す指標が前記生体情報計測用パネルの外観に設けられることを特徴とする請求項1~4のいずれか1に記載の生体情報計測用パネル。

【請求項6】
 
前記歪みセンサは、前記板状体に取り付けられた四つの歪みゲージでブリッジ回路を形成することによって構成されることを特徴とする請求項1~5のいずれか1に記載の生体情報計測用パネル。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか1に記載の生体情報計測用パネルと、
該生体情報計測用パネルで得られたデータを管理する管理装置と、
前記生体情報計測用パネルのデータのサンプリング頻度を前記管理装置に設定する設定手段と、
を備えたことを特徴とする生体情報計測システム。

【請求項8】
 
請求項1~6のいずれか1に記載の生体情報計測用パネルと、
該生体情報計測用パネルで得られたデータを管理する管理装置と、を備え、
前記管理装置は、前記生体情報計測用パネルで得られたデータに基づいて、該データのサンプリング頻度を決定することを特徴とする生体情報計測システム。

【請求項9】
 
請求項1~6のいずれか1に記載された生体情報計測用パネルであって、複数の被検体の下方にそれぞれ配置される複数の生体情報計測用パネルと、
該複数の生体情報計測用パネルと無線又は有線により通信され、前記複数の生体情報計測用パネルから送信されたデータを管理する中央管理装置と、
前記複数の被検体の情報を前記中央管理装置に入力する入力手段と、を備え、
前記入力手段で入力された前記被検体の情報に応じて、前記中央管理装置が各生体情報計測用パネルのサンプリングパターンを決定することを特徴とする生体情報計測システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006335896thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close