Top > Search of Japanese Patents > SYNTHETIC PEPTIDE AND ITS UTILIZATION

SYNTHETIC PEPTIDE AND ITS UTILIZATION meetings

Patent code P08A013539
File No. 1408
Posted date Jul 4, 2008
Application number P2006-262120
Publication number P2008-081429A
Patent number P4972740
Date of filing Sep 27, 2006
Date of publication of application Apr 10, 2008
Date of registration Apr 20, 2012
Inventor
  • (In Japanese)豊原 治彦
  • (In Japanese)高木 雅哉
  • (In Japanese)外岡 武士
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title SYNTHETIC PEPTIDE AND ITS UTILIZATION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new synthetic peptide from which shell-like calcium carbonate crystals (artificial shells) can be produced, and to provide a method for utilizing the same.
SOLUTION: The synthetic peptide is characterized by containing an amino acid sequence represented by Gly-Pro and comprising glycine (Gly), proline (Pro), aspartic acid (Asp) and tyrosine (Tyr). The synthetic peptide is synthesized from four to twenty amino acid molecules. The synthetic peptide can be mixed with a carbonate ion-containing solution and a calcium ion-containing solution to provide shell-like calcium carbonate crystals. The obtained shell-like calcium carbonate crystals can be used for abrasives or the like.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、無機成分に有機成分を混在させることによって、新たな機能が発揮できるようにした、いわゆる無機有機ハイブリッド素材の開発が注目されている。無機有機ハイブリッド素材は、ガラスとプラスチックの中間的な特性を有すると予想されており、とくにその特性を活かして、電子材料や医療材料として新規な応用が期待されている。



ところで、貝殻は、炭酸カルシウムの結晶とタンパク質とで構成されていて、軽量でありながら強度が高く、しかも難燃性という優れた特性を備えており、いわば天然の無機有機ハイブリッド素材と言える。



貝殻に関するこの種の先行技術としては、例えば、特許文献1~3がある。特許文献1および特許文献2は、いずれも真珠層の製造方法に関するものであり、炭酸カルシウムのアラゴナイト結晶で構成された、真珠層様の構造体を得ることができるとしている。特許文献3は、カルシウム塩の結晶化抑制タンパクに関するものであり、そのタンパクをホタテ貝の貝殻から抽出して取得する方法が開示されている。



【特許文献1】
特開2003-12696号公報
【特許文献2】
特開2006-1851号公報
【特許文献3】
特開2006-42628号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、貝殻様炭酸カルシウム結晶(人工貝殻)を形成する合成ペプチド及びその利用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配列表の配列番号1に表される合成ペプチド。

【請求項2】
 
配列表の配列番号6に表される合成ペプチド。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の合成ペプチドと、炭酸イオン含有溶液と、カルシウムイオン含有溶液と、を混合することを特徴とする貝殻様炭酸カルシウム結晶の製造方法。

【請求項4】
 
請求項3記載の貝殻様炭酸カルシウム結晶の製造方法であって、
合成ペプチドの濃度が、100μM以上に設定されている貝殻様炭酸カルシウム結晶の製造方法。

【請求項5】
 
請求項1または2に記載の合成ペプチドと、炭酸イオン含有溶液と、カルシウムイオン含有溶液と、を混合して、貝殻様炭酸カルシウム結晶を生成させる工程と、
貝殻様炭酸カルシウム結晶を取り出して、粒度を整える整粒工程と、
を含む研磨剤の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006262120thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close