Top > Search of Japanese Patents > CHITOSAN/SERICIN COMPOSITE NANOFIBER AND UTILIZATION OF THE SAME TO ARTIFICIAL SKIN

CHITOSAN/SERICIN COMPOSITE NANOFIBER AND UTILIZATION OF THE SAME TO ARTIFICIAL SKIN meetings

Patent code P08P005960
File No. FU166
Posted date Jul 18, 2008
Application number P2006-355381
Publication number P2008-163520A
Patent number P4821004
Date of filing Dec 28, 2006
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Sep 16, 2011
Inventor
  • (In Japanese)櫻井 謙資
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title CHITOSAN/SERICIN COMPOSITE NANOFIBER AND UTILIZATION OF THE SAME TO ARTIFICIAL SKIN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a medical material safe as a material for artificial organs such as artificial skin or as a wound-covering material, and high in tissue regenerative ability as well, and to provide artificial organs, wound-covering materials, etc. each using the medical material.
SOLUTION: A fiber 50-500 nm in average diameter comprising a chitosan/sericin composite is prepared by electric field spinning process. A fiber mat made of the fiber is useful as an artificial skin, a wound-covering material or the like, and as a medical material such as a scaffold for regenerating various organs including the skin, capillary, cartilage and bone.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


重度の熱傷による皮膚の損傷や瘢痕、床ずれによる褥瘡、糖尿病性潰瘍、重症アトピー性皮膚炎、交通事故による皮膚の損傷などによる皮膚欠損には、従来から、本人の健康皮膚を移植、あるいは自家培養皮膚の移植などが行われてきたが、真皮まで達するような重度の損傷の場合、移植皮膚の生着率が必ずしも良好ではなく再移植が必要となる場合があるなど、患者に与える負担は少なからず、また、自家培養は、緊急時に対応できないなど、必ずしも満足のいくものではなかった。



近年、再生医療の一環として、天然及び合成高分子素材を中心とする生体適合性のよい素材を利用した人工皮膚の研究開発が進められ、例えば、コラーゲン等を培養皮膚用基材とする人工皮膚の製造例(特許文献1)、DNA/キトサン複合体からなる医療用材料(特許文献2)、キチン繊維からなる人工皮膚(非特許文献1)等が報告されている。
また、組織再生には、足場(scaffold)としての三次元構造が必要であることから、人工皮膚素材には、生体適合性や安全性のほか、適度な力学的強度、細胞接着に資する十分な比表面積、あるいは酸素や栄養分を供給し細胞や再生組織の侵入路となる多孔構造が形成され得るものであることが求められている。
足場として機能する三次元構造としては、スポンジ体、ハニカム体、あるいは繊維を重層した不織布などが知られているが、そのうちの不織布を構成する繊維としては、従来から知られているマイクロメーターオーダー(ミクロンオーダー)の極細繊維のほか、さらに細いナノメーターオーダーの繊維(ナノファイバー)の開発・実用化が進められている。ナノファイバーは、通常100nm以下の平均径を有し、従来の極細繊維に比較しても格段に大きな比表面積を有するため、細胞接着効率の点で有利である。また、当該繊維から調製された不織布は、in vivoにおける細胞外マトリックスの微視的構造に近似することから、再生医療への応用についての考察がされている。



例えば、特許文献3には、ゼラチン、コラーゲン等の天然高分子材料やポリウレタン等の合成高分子材料を用いた、数ナノメーターないし数十マイクロメーターの外径を有する繊維の不織布を含む医用材料が、また、特許文献4には、キトサン、コンドロイチン硫酸、ペクチン等の多糖類を主原料とし、直径が500nm以下である繊維が記載されている。
【特許文献1】
特開平9-173362号公報
【特許文献2】
特開2005-289852号公報
【特許文献3】
特開2004-321484号公報
【特許文献4】
特開2005-290610号公報
【非特許文献1】
キチン・キトサン研究会編「キチン・キトサンハンドブック」、336-343頁、技報堂出版、1995年

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、キトサンとセリシンの複合体によって形成された機能性ナノファイバー、とその製造方法、及び当該ファイバーから得られる医療用材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
キトサンとセリシンを含む溶液を電界紡糸して得られる、平均直径が50~500nmの繊維。

【請求項2】
 
キトサンとセリシンの重量比が60~90:40~10である、請求項1に記載の繊維。

【請求項3】
 
キトサンとセリシンの重量比が80:20である、請求項2に記載の繊維。

【請求項4】
 
さらに、合成高分子材料を含む溶液を電界紡糸して得られる、請求項1~3のいずれか1項に記載の繊維。

【請求項5】
 
合成高分子材料が、ポリエチレンオキサイド、ポリビニルアルコール、及びポリビニルピロリドンのいずれか1以上である、請求項4に記載の繊維。

【請求項6】
 
キトサンとセリシンを酸の存在下に水に溶解し、当該水溶液を電界紡糸することからなる、請求項1~5のいずれか1に記載の繊維の製造方法。

【請求項7】
 
酸が酢酸である、請求項6に記載の製造方法。

【請求項8】
 
当該水溶液に、ポリエチレンオキサイドを溶解させることを含む、請求項6又は7に記載の製造方法。

【請求項9】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の繊維からなるマット。

【請求項10】
 
請求項9に記載のマットからなる医療用材料。

【請求項11】
 
人工皮膚である、請求項10に記載の医療用材料。

【請求項12】
 
創傷被覆材である、請求項10に記載の医療用材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close