Top > Search of Japanese Patents > GRINDING WHEEL AND MANUFACTURING METHOD FOR GRINDING WHEEL

GRINDING WHEEL AND MANUFACTURING METHOD FOR GRINDING WHEEL meetings

Patent code P08P006347
Posted date Jul 18, 2008
Application number P2006-354606
Publication number P2008-161978A
Patent number P5076140
Date of filing Dec 28, 2006
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Sep 7, 2012
Inventor
  • (In Japanese)南口 誠
  • (In Japanese)植村 克己
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title GRINDING WHEEL AND MANUFACTURING METHOD FOR GRINDING WHEEL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a grinding wheel easily controlling the form of a grinding material, eliminating the necessity of a bonding material for fixing the grinding material to a base material and having a long tool service life.
SOLUTION: The grinding wheel is provided with the base material comprising alloy and the grinding material comprising metallic oxide. Since at least part of the grinding material is embedded in the base material, the grinding material can be strongly fixed to the base material without using the bonding material for fixing the grinding material to the base material. Since the structure has a chip pocket for taking in chips in a space between the grinding wheel and the grinding material, the tool service life of the grinding wheel can be elongated. If the grinding material is damaged during grinding, a polishing process may be performed again. By performing the polishing process again, the grinding material embedded to the base material can be protruded on the surface of the base material, this can also further elongate the tool service life. In addition, since the base material to which the grinding material is directly fixed comprises metal having higher thermal conductivity compared to conventional bonding materials, thermal damage to the grinding wheel and ground objects can be alleviated.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


研削砥石は、研削材となる砥粒を用いて被加工体表面の精密仕上げを行う機械加工用の工具の1つであり、主に砥粒や結合材などから構成される。砥粒は必要に応じた硬度を有する材料からなる粒であり、結合材は砥粒同士を結合するか、砥粒を基材に保持する材料である。



この砥粒と結合材の組合せによって研削砥石の構成を変えることができる。たとえば、砥粒同士を結合材により結合して構成した研削砥石や、砥粒を結合材により基材上に保持して構成した研削砥石などが知られている。



砥粒同士を結合材により結合して構成した研削砥石として、結合材を用いて切り粉保持機能,自生発刃機能および冷却機能を有する砥粒同士を結合した研削砥石などが提案されている(例えば、特許文献1)。この研削砥石によれば、切り粉保持機能を有することにより、研削時に発生した切り粉を一時的に砥粒内に留めることができる。また、自生発刃機能を有することにより、工具寿命を長くすることができる。さらに、冷却機能を有することにより、研削時に生じる研削熱を低くすることができる。



一方、砥粒を結合材により基材上に保持して構成した研削砥石として、結合材を用いて基材上に自生発刃機能を有する超硬粒子を保持した研削砥石などが提案されている(例えば、特許文献2)。この研削砥石によれば、自生発刃機能を有することにより、工具寿命を長くすることができる。



しかしながら、いずれの研削砥石においても、切り粉保持機能,自生発刃機能または冷却機能などの機能を有する砥粒を形成するには、粉砕や焼成などを行うだけでなく、必要に応じた添加剤を用いる必要がある。また、砥粒は結合材を用いて結合または保持する必要がある。さらに、より精密な研削を行うために必要となる粒径が極めて小さい砥粒を形成することや、粒径が極めて小さい砥粒を結合または保持し続けることは困難である。したがって、より精密な研削砥石において、目詰まりを防ぐように砥粒の形態を簡単に制御し、工具寿命が長い研削砥石を形成するのが困難であった。



精密な研削砥石において、砥粒の形態制御を比較的簡単に行い、工具寿命を長くするためには、砥粒としてナノサイズで棒状の構造体(ナノロッド)などを用いればよいはずである。ナノロッドを形成する方法として、基材表面上にナノロッドを形成する方法が提案されている(例えば、特許文献3)。
【特許文献1】
特開2002-346934号公報
【特許文献2】
特開平6-15571号公報
【特許文献3】
特表2006-508888号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、機械加工に用いる研削砥石に関するものであり、特に研削材を基材に埋設した研削砥石に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
合金からなる基材を酸化して基材内部に金属酸化物からなる研削材を形成する内部酸化工程と、前記研削材周辺に存在する前記基材の少なくとも一部を研磨することにより除去して前記研削材を前記基材表面に突出させる研磨工程とを含むことを特徴とする研削砥石の製造方法。

【請求項2】
 
前記合金は、AlおよびAlよりイオン化傾向が低い金属元素を少なくとも1つ含むことを特徴とする請求項1に記載の研削砥石の製造方法。

【請求項3】
 
前記金属酸化物は、Al2O3からなることを特徴とする請求項1又は2のいずれか1つに記載の研削砥石の製造方法。

【請求項4】
 
前記研削材の形状は、棒状ないし針状であることを特徴とする請求項13のいずれか1つに記載の研削砥石の製造方法。

【請求項5】
 
前記研削材の形状は、板状であることを特徴とする請求項13のいずれか1つに記載の研削砥石の製造方法。

【請求項6】
 
前記内部酸化温度は、900~1200℃であることを特徴とする請求項15のいずれか1つに記載の研削砥石の製造方法。

【請求項7】
 
前記研磨工程は、ウェットエッチングまたはドライエッチングによることを特徴とする請求項16のいずれか1つに記載の研削砥石の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006354606thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close