Top > Search of Japanese Patents > EXAMINING SYSTEM FOR CULTIVATION ENVIRONMENT BY MEASUREMENT OF PLANT ROOT PRESSURE

EXAMINING SYSTEM FOR CULTIVATION ENVIRONMENT BY MEASUREMENT OF PLANT ROOT PRESSURE

Patent code P08P005846
File No. 380
Posted date Jul 25, 2008
Application number P2007-000980
Publication number P2008-167662A
Patent number P4876257
Date of filing Jan 9, 2007
Date of publication of application Jul 24, 2008
Date of registration Dec 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)荒木 英樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title EXAMINING SYSTEM FOR CULTIVATION ENVIRONMENT BY MEASUREMENT OF PLANT ROOT PRESSURE
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an examining system for cultivation environment, capable of accurately performing a proper examination of a cultivation environment for plants through directly measuring the plant activity of plants set on a cultivation medium (such as earth), especially pressure produced in the tissue of a root system and stem.

SOLUTION: This examining system for cultivation environment comprises measuring the activity of plants 2 cultivated on a cultivation medium 1 so as to perform a proper examination of a cultivation management or a cultivation environment. The system has: a test plant 3 which is planted on the cultivation medium 1 and whose stems or branches are cut; a root pressure measuring means 4 which is attached to the cut part of the root, stem or branch of the test plant 3 and monitors the root pressure of the test plant 3 for a fixed period; and a cultivation environment examining means 9 which performs a proper examination of a cultivation management or a cultivation environment, based on root pressure data for a fixed period, monitored in a root pressure measuring process 4.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植物の良好な生育には栽培環境、特に土壌の温度や水分、肥料の状態、害虫又は病原菌の有無が密接に関係しており、従来から栽培環境の検査・評価方法はいくつか知られている。一般的な方法は、土壌の一部を採取し化学分析等を行う方法、あるいは温度センサや水分センサ等で植物を取り巻く物理的環境をモニターする、又は病原菌や害虫を単離する方法である。この方法により土壌の含有成分、温度や水分環境、害虫又は病原菌の有無はわかるが、含有成分割合や外環境要因と植物の生育との因果関係、あるいは植物病理学的病徴がわかっていないと、その土壌が植物の生育に対して良好な状態であるのか把握するのは難しい。異なる栽培条件で実際に植物を植えて、その生育状態から栽培環境の適正度を把握する方法もあるが、査定には通常数ヶ月~数年かかるという問題があること、また植物の生育状態を客観的に評価するのは難しい。植物の活性度を短時間で直接測定する方法が望まれている。



従来技術としては以下のものが挙げられる。
特許文献1には、異なる条件の土壌に種子又は苗を植設し、発芽状態を観察することで土壌の評価を行う方法が記載されている。発芽状態を観察しているものの、植物の活性度を直接測定するものではない。
特許文献2も、特許文献1と同様に、植物の生育状態から土壌の評価を行うものであるが、植物の活性度を直接測定はしていない。
特許文献3には、植物の生存率から植物の耐干性を評価する方法が記載されている。特許文献3は土壌の評価をするものではなく、また植物の活性度を直接測定するものでもない。



特許文献4には、植物根の吸水速度の見積方法が記載されている。土壌の状態から植物根の吸水速度を数値計算により見積もる方法であるが、どのように植物の活性度を測定するか、どのように土壌の評価を行うかについては具体的に記載されていない。

【特許文献1】特開2006-262792号公報

【特許文献2】特開平10-123124号公報

【特許文献3】特開2003-230318号公報

【特許文献4】特開2003-166860号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、土壌をはじめとする栽培培地に植えられている植物の活性度を測定することにより栽培環境(土壌、肥料、周辺環境、害虫又は病原菌の有無等)の適正診断を行う栽培環境診断システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
栽培培地で栽培されている植物の活性度を測定することにより栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う栽培環境診断システムであって、
栽培培地に植えられ、根、茎又は枝が切断された検定植物と、
前記検定植物の根、茎又は枝の切断部に取り付けられ、前記検定植物の根圧を一定期間モニタリングする根圧測定手段と、
前記根圧測定工程によりモニタリングされた一定期間の根圧データに基づいて栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う栽培環境診断手段と、
を有する栽培環境診断システム。

【請求項2】
 
前記検定植物として、前記栽培培地で栽培されている栽培植物の一部を用いる、請求項1記載の栽培環境診断システム。

【請求項3】
 
前記検定植物として、前記栽培培地で栽培されている栽培植物とは異なる植物であって、栽培環境に対する根圧の挙動が明らかになっている植物を用いる、請求項1記載の栽培環境診断システム。

【請求項4】
 
前記根圧測定手段は、前記検定植物の根、茎又は枝の切断部に取り付けられるコネクタ部と、前記コネクタ部に接続されるホースと、前記ホースに接続される圧力センサとを有し、
前記コネクタ部と前記圧力センサとは略同一の高さに設置される、請求項1乃至3いずれか記載の栽培環境診断システム。

【請求項5】
 
前記ホースの途中に気泡除去手段を有する、請求項4記載の栽培環境診断システム。

【請求項6】
 
前記根圧測定手段は、前記検定植物の根、茎又は枝の切断部に取り付けられるコネクタ部と、前記コネクタ部に接続される抵抗値が既知のキャピラリー管とを有し、
前記キャピラリー管内の流速を測定することにより前記根圧を測定する、請求項1乃至3いずれか記載の栽培環境診断システム。

【請求項7】
 
前記栽培環境診断手段は、一定期間モニタリングされた根圧データから、根圧の絶対値や日変化及び経時変化を加味して栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う、請求項1乃至6いずれか記載の栽培環境診断システム。

【請求項8】
 
栽培培地で栽培されている植物の活性度を測定することにより栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う栽培環境診断方法であって、
前記植物の根、茎又は枝を切断して、切断された部分に根圧測定手段を取り付け、前記植物の根圧を一定期間モニタリングする根圧測定工程と、
前記根圧測定工程によりモニタリングされた一定期間の根圧データに基づいて栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う栽培環境診断工程と、
を有する栽培環境診断方法。

【請求項9】
 
前記植物として、前記栽培培地で栽培されている栽培植物の一部を用いる、請求項8記載の栽培環境診断方法。

【請求項10】
 
前記植物として、前記栽培培地で栽培されている栽培植物とは異なる植物であって、栽培環境に対する根圧の挙動が明らかになっている植物を用いる、請求項8記載の栽培環境診断方法。

【請求項11】
 
前記栽培環境診断工程は、一定期間モニタリングされた根圧データから、根圧の絶対値や日変化及び経時変化を加味して栽培管理又は栽培環境の適正診断を行う、請求項8乃至10いずれか記載の栽培環境診断方法。
Industrial division
  • Agriculture, forestry
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007000980thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close