Top > Search of Japanese Patents > DEEP DRAWING APPARATUS

DEEP DRAWING APPARATUS meetings foreign

Patent code P08P006460
Posted date Aug 1, 2008
Application number P2007-007695
Publication number P2008-173655A
Patent number P5011531
Date of filing Jan 17, 2007
Date of publication of application Jul 31, 2008
Date of registration Jun 15, 2012
Inventor
  • (In Japanese)田辺 郁男
  • (In Japanese)須貝 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title DEEP DRAWING APPARATUS meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a deep drawing apparatus capable of working a deeper product and also controlling the uniformity in the thickness of the product by increasing the limit drawing ratio by applying the optimum heating and cooling to a metal sheet.
SOLUTION: This apparatus has: a punch 2 for applying a deep drawing to the metal sheet 9; a die 3 for forming the metal sheet together with the punch and applying the deep drawing; a blank holding part 4 for preventing the generation of wrinkles on the periphery of the forming part of the metal sheet; an induction heating coil 5 for directly heating the metal sheet of the part which is held with the blank holding part; a heating controlling part 6 for controlling the amount of heating of the metal sheet with the induction heating coil and cooling means 21-23 for cooling the metal sheet of the part to be formed with the punch.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

深絞り加工においては、より深い製品の加工を可能とすることが製品価値の向上に繋がる。深絞り加工における加工可能な深さを示す指標としては限界絞り比がある。限界絞り比とは素材の板材直径Dと加工可能な限界の製品直径dとの比D/dである。限界絞り比を増大させ、より深い製品の加工を可能とすることが求められていた。そのために、温間深絞り加工として、板材を加熱してその延性を大きくし、より深い製品の加工を可能としたものがあった。このような加工技術としては、下記の特許文献1が公知である。特許文献1には、電気ヒータによって板材を加熱して深絞り加工を行うものが記載されている。また、加工中の板材を冷却する点も記載されている。
【特許文献1】
特開平5-237558号公報

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、板材に深絞り加工を施すための深絞り加工装置に関し、詳しくは、板材に最適な加熱および冷却を施すことにより、限界絞り比を増大させてより深い製品の加工を可能とするとともに、製品の板厚の均一性を制御することのできる深絞り加工装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
板材(9)に深絞り加工を施すためのパンチ(2)と、
前記パンチ(2)とともに前記板材(9)を成形して深絞り加工を施すためのダイス(3)と、
前記板材(9)の成形部周縁のしわ発生を防止するためのしわ押さえ部(4)と、
前記しわ押さえ部(4)によって保持される部分の前記板材(9)を直接加熱する誘導加熱コイル(5)と、
前記誘導加熱コイル(5)による前記板材(9)の加熱量を制御する加熱制御部(6)と、
前記パンチ(2)によって成形される部分の前記板材(9)に冷却媒体を直接接触させて冷却するための冷却手段(21~23)とを有し、
前記加熱制御部(6)は、深絞り加工の開始時の前記誘導加熱コイル(5)の出力を所定の開始時出力とし、加工の進行とともに前記誘導加熱コイル(5)の出力を低減させるものである深絞り加工装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載した深絞り加工装置であって、
前記加熱制御部(6)は、前記誘導加熱コイル(5)の出力を加工の進行とともに前記開始時出力から階段状に低減させるものである深絞り加工装置。

【請求項3】
 
請求項1,2のいずれか1項に記載した深絞り加工装置であって、
前記冷却手段(21~23)は、
前記パンチ(2)の内部に形成された冷却媒体の通路(21)と、
前記パンチ(2)の側面部と前記板材(9)との間に形成された冷却媒体溜(22)と、
前記冷却媒体溜(22)に貯留された冷却媒体の上面位置を調整する冷却面調整手段(23)を有するものである深絞り加工装置。

【請求項4】
 
請求項3に記載した深絞り加工装置であって、
前記冷却面調整手段は、冷却媒体を吸引する位置調整可能な冷却面調整ノズル(23)を備えたものである深絞り加工装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4E137AA01
  • 4E137AA15
  • 4E137BA06
  • 4E137BB01
  • 4E137CA09
  • 4E137DA01
  • 4E137DA06
  • 4E137EA01
  • 4E137EA02
  • 4E137EA23
  • 4E137EA29
  • 4E137EA36
  • 4E137FA02
  • 4E137FA22
  • 4E137FA25
  • 4E137GA02
  • 4E137GA16
  • 4E137HA06
  • 4E137HA07
  • 4E137HA08
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007007695thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close