Top > Search of Japanese Patents > ORGANOMETALLIC COMPLEX AND METHOD FOR PRODUCING ALDOL ADDUCT

ORGANOMETALLIC COMPLEX AND METHOD FOR PRODUCING ALDOL ADDUCT commons achieved

Patent code P08P005703
File No. NU-0151
Posted date Aug 15, 2008
Application number P2007-018431
Publication number P2008-184408A
Patent number P4224590
Date of filing Jan 29, 2007
Date of publication of application Aug 14, 2008
Date of registration Dec 5, 2008
Inventor
  • (In Japanese)石原 一彰
  • (In Japanese)波多野 学
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title ORGANOMETALLIC COMPLEX AND METHOD FOR PRODUCING ALDOL ADDUCT commons achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an organometallic complex having excellent properties as a catalyst for a Mukaiyama aldol reaction.
SOLUTION: THF (5 mL) is added to a Schlenk reaction flask to which sodium phenoxide (0.025 mmol) and 1,2-bis(diphenyl-phosphoryl)benzene (0.050 mmol) are inserted in nitrogen atmosphere, and the resultant mixture is stirred for 10 min at room temperature. Thereafter, the solution is cooled to -78°C, and stirred for 5 min. Methyl trimethylsilyl dimethyl ketene acetal (3.0 mmol) as silyl enolate and benzophenone (2.5 mmol) are added to the same solution, and the resultant mixture is stirred at -78°C for 2 hr to afford an aldol adduct having two neighboring quaternary carbons in 97% yield.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


アルドール反応は、天然物や医薬によく見られるβ-ヒドロキシカルボニル構造を合成するための炭素-炭素結合を形成する反応として非常に重要である。こうしたアルドール反応を促進する触媒として、ルイス塩基触媒が知られている。例えば、リチウムフェノキシドなどは、アルデヒド類とトリメチルシリルエノラートとを縮合する向山アルドール反応を促進することが知られている。一方、ケトン類とトリメチルシリルエノラートとを縮合する反応例は、ほとんど知られておらず、例えば非特許文献1においてカルボン酸銀-BINAP錯体を触媒とするものが開示されている程度である。
【非特許文献1】
日本化学会誌, vol.2002(2002年), No.2, p223

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、有機金属複合体及びそれを利用したアルドール付加体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カルボニル化合物とシリルエノラート化合物とのアルドール縮合反応を促進する触媒として用いられる、式(1)で表される有機金属複合体。
【化1】
 


(式(1)において、Mはアルカリ金属;Rはアリール基;R1~R3はそれぞれ独立してアリール基、アルコキシ基及びジアルキルアミノ基からなる群より選ばれる1種;mは1~3のいずれかの整数)

【請求項2】
 
mは2である、請求項1に記載の有機金属複合体。

【請求項3】
 
式(2)で表される有機金属複合体。
【化2】
 


(式(2)において、Mはアルカリ金属;Rはアリール基;R4~R7はそれぞれ独立してアリール基、アルコキシ基及びジアルキルアミノ基からなる群より選ばれる1種;AHはフェニレン、ビニレン、ビフェニレン及びビナフタレンからなる群より選ばれる1種;nは1~3のいずれかの整数)

【請求項4】
 
nは2である、請求項3に記載の有機金属複合体。

【請求項5】
 
AHはフェニレン又はビナフタレンである、請求項3又は4に記載の有機金属複合体。

【請求項6】
 
Rはフェニル基である、請求項1~5のいずれかに記載の有機金属複合体。

【請求項7】
 
RO-M(Mはアルカリ金属;Rはアリール基)で表されるアルカリ金属アルコキシドと、式(3)又は式(4)で表されるホスフィンオキシドとを反応させることにより得られる、有機金属複合体。
【化3】
 


【化4】
 


(式(3)又は(4)において、R1~R7はそれぞれ独立してアリール基、アルコキシ基及びジアルキルアミノ基からなる群より選ばれる1種;AHはフェニレン、ビニレン、ビフェニレン及びビナフタレンからなる群より選ばれる1種)

【請求項8】
 
請求項1~7のいずれかに記載の有機金属複合体を触媒として、カルボニル化合物とシリルエノラート化合物とのアルドール縮合反応を行うことによりアルドール付加体を得る、アルドール付加体の製造方法。

【請求項9】
 
前記カルボニル化合物はケトン類である、請求項8に記載のアルドール付加体の製造方法。

【請求項10】
 
前記ケトン類はエノンである、請求項9に記載のアルドール付加体の製造方法。

【請求項11】
 
前記アルドール縮合反応を低極性溶媒中で行う、請求項8~10のいずれかに記載のアルドール付加体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

23368_17SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close