Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF MANUFACTURING POSITIVE ELECTRODE MATERIAL FOR SECONDARY BATTERY, AND SECONDARY BATTERY

METHOD OF MANUFACTURING POSITIVE ELECTRODE MATERIAL FOR SECONDARY BATTERY, AND SECONDARY BATTERY meetings

Patent code P08A013595
File No. QP050028
Posted date Aug 22, 2008
Application number P2005-193301
Publication number P2007-012491A
Patent number P5011518
Date of filing Jul 1, 2005
Date of publication of application Jan 18, 2007
Date of registration Jun 15, 2012
Inventor
  • (In Japanese)岡田 重人
  • (In Japanese)白土 友透
  • (In Japanese)山木 準一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title METHOD OF MANUFACTURING POSITIVE ELECTRODE MATERIAL FOR SECONDARY BATTERY, AND SECONDARY BATTERY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of manufacturing a positive electrode material FePO4 for a secondary battery by synthesis safely and at low cost from a primary row material easily obtained.
SOLUTION: In the method, an aqueous solution of a compound which frees phosphoric acid ion in a solution (phosphoric acid H3PO4, phosphorus pentoxide P2O5, ammonium dihydrogenphosphate NH4H2PO4 or the like) and metal iron are made to react only by leaving standing without dipping or stirring, and then are baked.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


金属リチウム等のアルカリ金属やその合金および化合物等を負極活物質に有する金属リチウム電池、リチウムイオン電池、リチウムポリマー電池等の二次電池は、容量が大きく近年脚光を浴びている。このような二次電池の高機能化、高容量化、低コスト化等の観点から、レアメタルフリーの正極活物質として種々の材料が検討されている。例えば特許文献1には、一般式LiFePO4で表されるオリビン型鉄リン酸錯体を主体とする正極活物質が記載されているが、この材料は大気中で合成できないという欠点があり、不活性雰囲気もしくは還元性雰囲気下で焼成する必要がある。一方、大気中で合成可能なレアメタルフリー正極として、特許文献2に、リン酸鉄(FePO4)が提案されている。リン酸鉄を簡便に合成する方法としては、特許文献3に鉄と五酸化リンの水溶液を遊星ボールミルを用いて1日混合後、アニールする極めて原料コストの安価な製造方法が開示されているが、遊星ボールミルの混合過程がその量産性を著しく阻害するという問題があった。



【特許文献1】
特許第3523397号公報
【特許文献2】
特許第3126007号公報
【特許文献3】
特願2002-303932号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、二次電池用正極材料の製造方法、およびその正極材料を構成要素とする二次電池に関し、より詳しくは、金属リチウム等のアルカリ金属やその合金および化合物等を負極活物質に有する金属リチウム電池、リチウムイオン電池、リチウムポリマー電池等の二次電池に用いられる正極材料(FePO4)の製造方法、およびその方法によって製造される正極材料を有する二次電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶液中でリン酸イオンを遊離する化合物と金属鉄水溶液を擂潰、攪拌することなく、静置することだけで、反応させた後、焼成を行うことを特徴とする、二次電池用正極材料FePO4の製造方法。

【請求項2】
 
請求項1において、前記溶液中でリン酸イオンを遊離する化合物が、リン酸、五酸化リン、リン酸水素二アンモニウム、またはリン酸二水素アンモニウムであることを特徴とする二次電池用正極材料FePO4の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2に記載の方法により製造された正極活物質FePO4を有する正極を構成要素とすることを特徴とする二次電池。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005193301thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close