Top > Search of Japanese Patents > ION CONDUCTIVE PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD AND ELECTROCHEMICAL DEVICE USING IT

ION CONDUCTIVE PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD AND ELECTROCHEMICAL DEVICE USING IT

Patent code P08A013599
File No. 50053
Posted date Aug 22, 2008
Application number P2005-261191
Publication number P2007-073431A
Patent number P4238369
Date of filing Sep 8, 2005
Date of publication of application Mar 22, 2007
Date of registration Jan 9, 2009
Inventor
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)米村 貴幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title ION CONDUCTIVE PARTICULATE, ITS MANUFACTURING METHOD AND ELECTROCHEMICAL DEVICE USING IT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide particulates having high ion conductivity even at low temperature and its manufacturing method.
SOLUTION: The method of manufacturing the ion conductive particulates comprises a step (1) of forming a plurality of particulates of metal iodide by reaction of metal ion and iodide ion in aqueous solution containing organic molecules, and a step (2) of heating the particulates of metal iodide so that at least a part of the particulates of metal iodide turns into super ion conduction phase. The metal ion is silver ion or copper ion for manufacturing particulates of silver iodide or particulates of copper iodide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヨウ化銀は、高温で超イオン伝導と呼ばれる特異的に高い伝導性を示すことが知られている。たとえば、ヨウ化銀の場合、室温ではβ相とγ相の混合状態であるが、約150℃で、超イオン伝導性を示すα相に相転移する。イオン伝導性が高い材料は、全固体型電池やプログラマブル回路(FPGA)など、様々な分野への応用が期待され、注目を集めている。



ヨウ化銀の微粒子の製造方法として、保護ポリマー中で銀イオンとヨウ化物イオンとを反応させる方法が提案されている(非特許文献1)。しかし、この文献では、イオン伝導体としてのヨウ化銀微粒子の性能は全く調べられていない。
【非特許文献1】
ヘングレンら(A. Henglein et al.)の論文(「Photochemistry of Colloidal Semiconductors 30. Reactions and Fluorescence of AgI and AgI-Ag2S Colloids」、Ber. Bunsenges. Phys. Chem. 93 p593-599、1989年)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、イオン伝導性微粒子およびその製造方法、ならびにそれを用いた電気化学デバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
イオン伝導性微粒子の製造方法であって、
(i)ヨウ化銀の微粒子の凝集を防止する有機分子を含む水溶液中で、銀イオンとヨウ化物イオンとを反応させることによって、ヨウ化銀の微粒子を複数形成する工程と、
(ii)前記微粒子の少なくとも一部が超イオン伝導相になるように前記微粒子を加熱する工程とを含む、イオン伝導性微粒子の製造方法。

【請求項2】
 
複数の前記微粒子は、粒径が20nm以下である微粒子を含む請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記(ii)の工程において前記微粒子を150℃以上の温度に加熱する工程を含む請求項1または2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記有機分子が、疎水性基と親水性基とを備える両親媒性の有機分子である請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項5】
 
前記有機分子が、ポリビニルピロリドン、ポリビニルアルコール、ポリエチレンオキシド、ポリプロピレンオキシド、オクタンチオール、デカンチオール、およびオクタデカンチオールのいずれかである請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項6】
 
75℃で測定したときのイオン伝導度が1×10-3Scm-1以上であるヨウ化銀微粒子。

【請求項7】
 
粒径が20nm以下である請求項6に記載のヨウ化銀微粒子。

【請求項8】
 
請求項6または7に記載のヨウ化銀微粒子を固体電解質として含む全固体型電池
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005261191thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close