Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING METAL NANOWIRE

METHOD FOR PRODUCING METAL NANOWIRE

Patent code P08A013611
File No. QP050140
Posted date Aug 22, 2008
Application number P2006-065015
Publication number P2007-239055A
Patent number P4852751
Date of filing Mar 10, 2006
Date of publication of application Sep 20, 2007
Date of registration Nov 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)君塚 信夫
  • (In Japanese)副島 哲朗
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title METHOD FOR PRODUCING METAL NANOWIRE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new technique capable of easily producing a sufficiently thin and long metal nanowire at a low cost.
SOLUTION: The method for producing a metal nanowire comprises a process where a two phase structure of a water phase in which a metal complex or a metal hydroxide ion exhibiting electron affinity higher than that of a halide ion in a photoexcitation state and an organic phase obtained by dissolving a fat-soluble organic salt (such as a tetraalkylammonium salt) into an organic solvent (such as chloroform) is irradiated with ultraviolet radiation or visible radiation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


直径がナノメートルのオーダーの金属ナノワイヤーは、ナノテクノロジーにおける基幹材料として、微細配線や各種の電子部品等への応用が期待されている。また、金属のナノワイヤーは体積当りの表面積が大きくなるので触媒としてもその性能の顕著な向上が予想される〔例えば、「ナノテクノロジーの全て」川合知二監修、株式会社工業調査会発行(非特許文献1)参照〕。



従来より提案されている金属ナノワイヤーの製造方法は、主として、鋳型(テンプレート)法と呼ばれる方法である。すなわち、ポーラスな(多孔質)シリカやアルミナ、界面活性剤、あるいはブロック共重合体をテンプレートとするものであるが、いずれも多数の工程や数~数十時間におよび反応時間を必要とする複雑なものである。また、得られるナノワイヤーは、必ずしも好適な太さと長さを有するものではなかった。例えば、界面活性剤を用いて金のナノワイヤーを合成する方法〔例えば、C.J.Murphy他、J.Phys. Chem. B, 105, 4065 (2001)(非特許文献2)〕では、得られるナノワイヤーは直径15nmでアスペクト比25程度に留まる。また、共重合体を用いる合成〔例えば、J-C. Lee他、Adv. Mater., 16, 459 (2004)(非特許文献3)〕では、アスペクト比の大きい金ナノワイヤーが得られるが直径50nm程度の太いものしか合成できない。



鋳型に依らない方法として、金属イオン担持体に電子線を照射して専ら銀を対象とする金属ナノワイヤーを製造する方法も案出されている〔特開2002-67000号公報(特許文献1)〕。しかし、電子線照射は高真空の条件を必要とし操作が複雑であり、且つ、高エネルギー線の使用はコスト的にも不利である。
【非特許文献1】
「ナノテクノロジーの全て」川合知二監修、株式会社工業調査会発行
【非特許文献2】
C.J.Murphy他、J.Phys. Chem. B, 105, 4065 (2001)
【非特許文献3】
J-C. Lee他、Adv. Mater., 16, 459 (2004)
【特許文献1】
特開2002-67000号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、金属ナノワイヤーの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光励起状態において、ハロゲン化物イオンより高い電子親和性を示す金属水酸化物イオンを溶解させた水相と、脂溶性有機塩を有機溶媒に溶解させた有機相とから成る水相-有機相の二相構造に当該水相と有機相を攪拌せずに紫外光または可視光を照射する工程を含む金属ナノワイヤーの製造方法であって、
前記金属が金であり、前記金属水酸化物イオンがAu(OH)4で表わされ、
前記有機溶媒が、クロロホルム、ジクロロメタンまたは四塩化炭素から選ばれ、
前記脂溶性有機塩が、テトラブチルアンモニウム、テトラヘキシルアンモニウム、テトラオクチルアンモニウム、テトラデシルアンモニウム、テトラドデシルアンモニウムの陽イオンと、ヘキサフルオロフォスフェイト、テトラフルオロボレート、テトラフェニルボレート、過塩素酸イオンの陰イオンとの組み合わせから選ばれることを特徴とする金ナノワイヤーの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006065015thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close